ワイン作りに挑戦!

私たち夫婦は自他共に認める飲兵衛夫婦・・・
そんな飲兵衛夫婦が、友達が自家製どぶろくを作っているのを観て
それなら自分たちは手作りワインに挑戦だと動き出したのが今から1年半前。
山形からワイン用の葡萄の苗を18本取り寄せて、田舎の畑に植えました。

今年の春から夏にかけて、こんなかわいらしい実を付けてくれた葡萄

c0149408_15185018.jpg

8月には、見かけは悪いけど、と~っても甘い葡萄が出来たのでした。

c0149408_10411678.jpg

それを8月中旬に収穫しました。赤ワイン用の葡萄はほんのちょっぴり。
でも、白ワイン用は、10房以上出来ました。
本当はもっと沢山出来ると思ったのですが・・・
虫にやられたり、病気になったりでなかなか上手くいきませんでした。

c0149408_14593045.jpg

この葡萄、洗わずにごみだけを取り除いて潰し、
皮を取り除いて瓶に詰め、だんだんに発酵させていくのです。
洗ってしまうと、自然の酵母が落ちてしまうのでね。
その自然の酵母だけで発酵させていくんですよ。

そして、待つこと1ヶ月以上・・・・
初めは濁っていましたが、澱が沈み、
こんなきれいな色のワイン(らしきもの)が出来ました。

c0149408_14593466.jpg


[PR]
# by tawrajyennu | 2016-09-22 15:39 | お料理&お菓子他 | Trackback | Comments(6)
夏のぎらぎらした太陽ともお別れ・・・・
少しずつ秋の気配が感じられるようになりましたね。

夫は毎週のように田舎に行っていますが、私は都合で行かないこともあり・・・
畑は夫にほとんどお任せ状態でした。
でも、ちゃんと草刈りもやっていたんですよ。

さて、今年は、大玉トマトもプチトマトも出来がよく
大玉など、雨よけの覆いもしないのに、割れることもほとんどなく
きれいなトマトが出来ました。
ねっ、つやつやしてきれいでしょう?

c0149408_10405714.jpg

これは、そのまま食べるのはもちろんですが、それでは食べるのが追いつかないので
今年は、pinkyさんの真似をして、トマトケチャップを作りました。
家でケチャップ?なんて思っていましたが、意外に簡単に出来るのですね。

c0149408_10410141.jpg


c0149408_10410585.jpg

それから、ミニトマトは蜂蜜マリネにしたり、そのままサラダに入れたりして
食べましたが、食べきれず・・・ドライトマトにしました。
太陽の光を浴びて、甘い美味しいトマトに変身しましたよ。

c0149408_10391642.jpg

ピーマンも次から次へと出来るし、自宅でもプランターで作っていたので
いつもの「ピーマンの蒸し炒め」にして食べました。
これだと、一度に15個くらいのピーマンがぺろっと食べられちゃうのです。

c0149408_10385341.jpg

そして、今年はなんとズッキーニが豊作でして、しかも、お化けズッキーニとなりました。
観てください、左のズッキーニ。重さなんと2.4キロもあるんですよ。
こんなのが10本ほど取れました。
本当は右のズッキーニのようになるはずなんですけどね。
炒め物や揚げ物にしたり、ポタージュにしたり、
もちろんご近所さんにお嫁にも行きました。

c0149408_10362749.jpg

きゅうりは、夫が間違っていつもと違う種類を買ってしまい、
下のような白っぽいきゅうりが出来ました。
いつものに比べると歯ごたえが悪く、私的には好きな種類ではありませんでした。
来年は間違えずに買わないと!!

c0149408_10363856.jpg

豊作だったのは、他にもあります。カボチャです。
今年はラグビーボールのような「ロロン」というカボチャと「白雪」というカボチャを
植えてみました。
ここに写っているのは、一部で、全部で30個以上も取れました。

c0149408_10412064.jpg

左上は坊っちゃんカボチャというかわいらしい大きさのカボチャ。
まるごとレンチンし、中身をくり抜いてクリームチーズと合わせ
蒸し焼きにして、まるごとカボチャチーズケーキを作ってみました。
これ、お勧です。美味しかったですよ。

c0149408_10411144.jpg

いつものように、ジャムも作りました。
ブラックベリーとブルーベリーです。
今年は、昨年より少し、実の付き方が悪かったみたい。

c0149408_10404226.jpg

c0149408_10402332.jpg

夏の間、楽しませてくれた夏野菜や果物たち、ありがとう!
冬野菜にバトンタッチですね。


[PR]
# by tawrajyennu | 2016-09-14 15:00 | 田舎のこと | Trackback | Comments(12)
3ヶ月ぶりの田舎便りです。
田舎での行事や出来事を書きとめておこうと始めた田舎便り・・・
この記事で100回を迎えました。
最初の記事は2008年1月でしたから、もう8年以上続いていることになります。

今回は田舎の家のことを少し・・・・・
私が初めて田舎の家に行ったのは結婚した時です。
大阪で式・披露宴をしたのですが、夫の祖父母たちは出席出来なかったので
翌日田舎でも披露宴をしたのでした。

その田舎の家は、今から140~150年ほど前に建てられた家。
当時は、おくどさん(田舎ではかまどのことをおくどさんと呼びます)
こそありませんでしたが、まだ土間が残っていました。
お風呂もトイレも家の外にあって、町育ちの私は驚くことばかりでしたね。

土間から続く居間に上がるには、段差40センチほどを上がらなくてはなりませんでしたし
土間の天井には20~25センチ角はあろうかという太い梁が渡っていました。
その梁は長い間、おくどさんを炊く時に出る煙から出たすすで真っ黒けでした。

今から6年ほど前、義母が年とともに、土間から居間へ上がるのが大変になってきました。
私や夫でさえ、「よっこらしょ!」と掛け声を出さないと上がれないのですから
70後半のお年寄りには、辛いですよね。
というわけで、家のリフォームをすることになりました。

天井にある梁です。

c0149408_14173778.jpg

c0149408_14173209.jpg

こちらは、これから新しいキッチンになる部分

c0149408_14174101.jpg

それが、こんな風に新しく変わりました。
段差は全く無くすことは出来なかったのですが、以前の半分以下の段差になりました。
天井は、太い梁をそのまま生かすようにしました。

c0149408_14203972.jpg

キッチン部分です。
システムキッチンは似合わないので、プロ仕様のステンレスキッチンを入れました。

c0149408_14203572.jpg

念願だった薪ストーブも設置したんですよ。

c0149408_14204459.jpg

こんな私たちの田舎の家に、海外から(ルクセンブルク)お客様が来て下さいました。
私の友達の家に滞在し、奈良・京都・大阪を2週間かけて、楽しんでいるご一家。
そのうちの1日を日本の田舎の家を、田舎の風景を見たいということで、来てくれました。
ご主人さまがルクセンブルクの方、奥さまは香港の方です。

c0149408_14473274.jpg

せっかく遠い所を来てくださるので、お昼を用意することにしました。
お二人とも料理人だと聞いていたので、何をお出ししようかと悩みましたが
夏野菜や夏らしい素材を使った、でも、あまり手のかからない料理にしました。
写真奥の左から、豚しゃぶの葱ソース、冬瓜と海老の煮物、鱧の湯引き
手前左は近くの川で取れた鮎の炭火焼き、その隣が夏野菜の和風ジュレ
これに、そうめんとおにぎり2種をお出ししました。

c0149408_14481109.jpg


c0149408_14482935.jpg

とっても喜んで下さって、作った甲斐がありました。
一緒に来た子どもさん、写真で見た時はとっても大人っぽくて高校生くらいかなと
思っていたら、なんと11歳の小学生だとか。
お料理が大人向けで少しかわいそうだったなあ。

食事をしながら色々な話をしたり、日本の古民家の暮らしや、風景を楽しんでもらいました。
ちょうど、稲刈りが始まったところで、それも観てもらえてよかったです。
食事の後は、近くの夫の従兄弟の家にまだ現役で使っている
「おくどさん」(かまどのこと)を観に行きました。
田舎でも、まだおくどさんが残っている家は数少ないですし、
まして現役で使っているところはほとんどないんじゃないかな。
春の筍取りの時や年末などのお餅つきの時に活躍しているんですよ。

友達が私の夫の田舎が山の中にあると話した所から、実現した今回の訪問
大変なこともあったけど、私もとても楽しませてもらいました。
普通なら体験できない山の中の古民家の暮らしが、今回の旅行の思い出の
1つとして、彼らの心に残ってくれたら、嬉しいなあ・・・・


[PR]
# by tawrajyennu | 2016-08-29 15:57 | 田舎のこと | Trackback | Comments(22)
猛暑日の続く中、天王寺動物園の「ナイトZOO」に行ってきました。
毎月1度は歩きに行こうとこの日は動物園に行く前に「真田丸」ゆかりの場所を
歩こうと言うことにしていたのですが・・・・
あまりの暑さに熱中症になっては大変なので、ナイトZOOだけにしました。

昨年は申し込み制だったナイトZOOですが、好評だったので
今年は、申し込みしなくても行けるようになっていて、しかも
園内でこの時だけ、ビールの販売もあったんですよ。

さて、5時に友達と天王寺駅で待ち合わせしたのですが・・・・
なにやら雲行きが怪しく、雷が鳴り出す始末。
まだ暑いことだし、先にemoticon-0167-beer.gifで喉を潤さない?と言ってる間にも
雨が降り出し・・・てんしば内のロバートという店でまず1杯!
飲んでちょっと食べている間に、ちょうど雨も止み、
お目当ての「ナイトZOO」へ。

天王寺動物園には、息子の幼稚園の遠足で行ったきりなので
なんと26年ぶりに行きました。
友達によると子どもの頃に来た動物園とはすっかり変わってしまっているそうです。
私が子どもの頃に行った動物園というと、上野動物園ですかね。

動物園からは、夕暮れのあべのハルカスや通天閣が見えます。

c0149408_16540327.jpg

c0149408_17302375.jpg

まず最初にホッキョクウマの「イッちゃん」を見に行きました。
まだこぐまなんでしょうか・・・・無心にボールで遊んでいます。
そのうち、かごの中に頭を突っ込む遊びを始めました。
繰り返し、繰り返し遊ぶ姿がなんとも可愛い!
つい見入ってしまいました。

c0149408_16533988.jpg

ほとんどの動物は夜行性だそうで、日が沈むと活発に活動するとか・・・
ナイトZOOでは、そんな動物の夜の生態が見られるというのだが・・・
何故かライオンさんは、寝たまんま。勇ましく一声吠えて欲しかったなあ。

c0149408_16582459.jpg

このライオンのいる辺りは、アフリカサバンナゾーンといって、
アフリカのサバンナに似せた自然環境を作り、その中での動物が
生息する姿を展示しているのです。

きりんやサイはえさを食べたり、動いたりしていました。

c0149408_16535203.jpg

c0149408_16535640.jpg

久しぶりの動物園を楽しんだのですが、昼間以上の人がいたのでは?と
思うほど、沢山の人たちが来ていました。
猿などの類人猿類は見られないのですが、夜のほうが涼しいので人気があるのでしょうか?

動物園を楽しんだ後は、お決まりのお楽しみが待っています。
通天閣の辺りは新世界といって、昔から庶民の町として知られているところ。

c0149408_16541973.jpg

今でこそ、観光地になり、海外の人たちも来ていますが
私が関西に来た頃は、危ないから行ったら駄目と夫に言われ
連れて行ってもらったことはありませんでした。

この辺りには、今もレトロな趣が漂うお店が数多くあるんですよ。
大だこの看板が目印のたこ焼きやさん、ふぐでおなじみのずぼらや本店

c0149408_16542429.jpg

そして、なんといっても串カツのお店です。
新世界の串カツといったら「二度漬け禁止」で有名ですね。
「二度漬け禁止」というのは、揚げたての串カツを食べる時に
ソースの入った器にカツを漬けるのですが、漬けるのは1度だけ。
食べている途中のはつけては駄目ということ。
関西に来た時に串カツを食べに行ってびっくりしました。
関東では、串カツを自分のお皿に取って、そこにソースをかけて食べますものね。

もう1つ関東との違いは・・・・1つの串に具材は1つだけ。
関東みたいに1つの串に豚肉と玉ねぎなんていうように2つの具材は無いんですよ。
それから、ソースの容器のそばには、ざく切りしたキャベツが必ずありますね。

「だるま」が有名ですが、行列ができていたので、違うお店に!
ここでは、さっきビールを飲んだので、私はチューハイにしました。
揚げたての串カツは美味しかった~

c0149408_16542845.jpg

串カツやさんを出ると、ネオンで彩られた通天閣が・・・

c0149408_16540750.jpg

たまには童心に返って動物園に行くのもいいものですね。

[PR]
# by tawrajyennu | 2016-08-21 20:43 | おでかけ | Trackback | Comments(10)
高雄、台南と南を周ってきた旅も終盤になり、台北にやってきました。
台北は、今回が3回目。前日までの雨がやっとこの日晴れました。
お昼前にホテルに着き、荷物を預けて早速お昼を食べに出かけました。
そういえば、台湾に来てから小龍包や蒸し餃子は沢山食べたけど
焼き餃子は食べてなかったなと思い、焼き餃子のあるお店に行きました。

頼んだのは・・・・まず小龍包

c0149408_15014191.jpg

桜海老入り炒飯、これが美味しかった

c0149408_15013593.jpg

空芯菜を頼みたかったけど、無かったので似たようなものを頼んだところ
よく見ると、なんだか蕨みたい。

c0149408_15013827.jpg

そして、待望の焼き餃子、なんと羽根付き餃子でした。

c0149408_15014434.jpg

台北の観光は過去2回でほとんど行っているので今回は観光は無し。
で、この後に行ったのは、お茶屋さん。
こちらのお茶屋さんは、夫の知り合いで台北に長く赴任していた人に
教えて頂いた「興華名茶」さん

c0149408_15020876.jpg

彼はここの若主人、

c0149408_15015458.jpg

そして、下記のようにしてお茶を入れながら
2時間ほど何種類かのお茶を飲ませて頂きました。

c0149408_15015004.jpg

右端にある細長い茶わんにお茶を入れ、香りを嗅ぎます。
そのお茶を小さな茶わんに移して味わうのですが
細長い茶わんは、中にお茶が無くても花のような香りがずっとするんですよ。
1回茶葉を入れると七煎くらい飲むそうです。
お店を出る頃には、お茶を飲みすぎてお腹が一杯になってしまいました(笑)

さて、今回台北に来た目的は、是非訪ねたいところがあったからです。
そこは、ドイツレストラン「香宜徳國」 ネットで見つけたレストランでした。
前回(2011年)台北に来た時に、中華料理に飽きてきた頃、
気に入って2日連続で夕飯を食べに行ったのでした。
マダムは台湾の方なのですが英語を話すので、
片言ながら色々な話をし、一緒に写真も撮りました。

c0149408_15355990.jpg

そして、次回台北に来た時には必ずまたここに来るからと約束していたのです。
その後義母の介護やわんこの介護があり、約束から5年が経っていました。
一緒に撮った写真も渡したかったので、訪ねて行きました。
が、以前あった場所にお店がなく・・・近所のお店で聞いてみると
確かにあったけど、どこかに移転すると聞いたとのこと。
そのレストランのHPをみつけて、見てみると・・・・・
移転場所は決まっているものの、まだ開店準備が出来ていないと書いてありました。

帰国してから、お店のFBを見つけたのでメッセージを送ったところ
お返事を頂きました。
そこには、「今年9月にはオープン出来そうで、台北に来たらレストランに来て下さい、
会えることを願っています。」と書かれていました。

次回台北に行ったら、是非このレストランを訪ねてマダムと話がしたいなと思っています。



[PR]
# by tawrajyennu | 2016-08-18 10:06 | 海外旅行台湾 高雄・台南・台北 | Trackback | Comments(10)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu