神戸モスクへ   ~追記あり~

日曜日、神戸にあるイスラム教の礼拝堂であるモスクに行ってきました。
3年ほど日本語を教えている生徒さんがインドネシアの方でイスラム教徒。
そして、この神戸モスクでイスラム文化とインドネシア料理の紹介が
あるので、行ってみませんかと誘われたのです。
モスクに行く機会なんて、そうそうあるものではありませんから
是非に!と言って、連れて行ってもらいました。

c0149408_21285123.jpg
神戸モスクは、1935年に神戸在住のトルコ人・タタール人・インド人貿易商らの出資により建てられた日本で2番目のモスクです。第2次世界大戦の神戸空襲も、阪神淡路大震災も乗り越え、現在に至っているそうです。設計は北海道のトラピスト寺院を手がけたチェコ人建築家ヨセフ・スワガー。↓は礼拝堂の内部です。右のほうに少し窪んだところがありますが、これが『ミフラーブ』と言い、メッカの方角を向いているのだそうです。


c0149408_21384057.jpg礼拝堂では、1階部分が男性、2階部分が女性と分かれています。女性は男性の部分に入れるようですが、男性は2階には上がってきません。イスラム教徒の方は1日に5回、メッカの方角に向いて、お祈りをするそうです。

お昼は、皆さんが作ってきてくれたインドネシア料理を頂きました。

c0149408_2220179.jpg

まだまだ沢山あったのですが、全部は紹介しきれないので、一部だけです。
上段はデザートで、下段が食事です。下段左端のものは、日本のさつま揚げのようでした。その隣が私の生徒さんが作った『サテ』という焼き鳥のような料理で、ピーナツソースをかけて食べます。

この日は、NPO法人で『インターナショクナル』という活動をしている人たちの話がありました。
下の写真の食べ物にはマークがありますが、何のマークか分かりますか?
c0149408_22221898.jpg

左端のマークはベジタリアンの人が食べられるというマーク。真ん中はイスラム教徒の人が食べられるというマーク。そして右端がユダヤ教の人が食べれらるというマークです。
世界には、主義や宗教上、そして健康上の理由から、食べられない食品がある人が多くいます。
欧米諸国やイスラム教やユダヤ教の人の多い地域では、上記のように、
食べられるものがマークによって一目でわかるようになっているそうですが、
日本では、そういう表示は皆無とのこと。
私自身、このようなマークの存在をこの日、初めて知りました。
日本では最近、アトピーなどのアレルギーの人用に、最近小麦粉を
使用してませんとか卵を使用してませんなどの表示をするレストランや
そういった表示をしたお菓子などは目にするようになってきてはいますが・・・・・

イスラム教徒の人は、豚肉を決して食べないし、豚から取ったエキスなども駄目です。
そして、チキンやビーフもお祈りをしたものでないと食べられないのです。
私は、イスラム教徒である生徒さんに、よく『この製品には○○が
入っていませんか?』と聞かれます。
漢字が読める生徒さんはいいのですが、読めない徒さんは分かりません。

c0149408_834932.jpgこんな時、一目で分かるマークがあったら、便利ですよね。この日来たNPO法人の方たちは、独自にそれらのマークを作り、日本語が分からなくても、絵を見れば食べていいのか、駄目なのかが
わかるようにしようという運動を進めているそうです。今は、イベントなどでそのマークを展示しているそうですが、将来レストランやスーパーなどでも使用されたらと言っていました。
←がそのNPO法人の方たちが考えられたマークです。



日本人は、宗教に関しては寛容な国。宗教上の理由で
食べ物が制限されることはほとんどないためか、
あまり関心がないように思います。
しかし、現在は沢山の外国の方が日本に来て勉強したり、
仕事をしたりしています。
なので、もう少し、こういうことにも関心を持ち、インターナショナルに
対応していったらと思わせられた1日でした。

くしくも、今日28日ののTVのニュースでインドネシアから介護の仕事を
する為に日本に来た人たちが何ヶ月かの研修を終えて、日本全国の
介護施設に今日から配属されるというのを観ました。
彼らは、これから4年間で、介護福祉士の国家試験を受け、
合格しないといけないのだとか・・・
日曜日に会ったインドネシア人の一人は、その介護士の一人でした。
こういう人たちを受け入れるならば、やはりそれなりの対応が
必要なのでは?と思うのですが・・・・・
[PR]
Commented by citron7a at 2009-01-27 23:07 x
こんばんは
タワラジェンヌさん、日本語の先生なんですか。
すごい!
私は英会話を習ってるだけなんですが、いろんな国の先生に会うことができるので、とても面白いんです。
様々な文化や、お国事情を聞いてると、自分はなんて小さな場所で生きてるんだろう。って思います。
いろんな価値観や考え方に触れるって、うれしいことですよね。
理解できないところもあったりするんですが、それも含めて自分の視野を広げてくれます。

神戸のモスク。中に入ったことはないんですが、とってもきれいそうですね。
前を通っても素通りするだけなので、今度は外観だけでもじっくり見てみようと思います。
Commented at 2009-01-28 00:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ank-nefertiti at 2009-01-28 00:47
タワラジェンヌさん、こんばんは!
モスク、エジプトのカイロで入りました。
イスラム教の方たちが熱心に祈りを捧げていました。

宗教によって食せない食べ物がある、ということ、日本にいると本当にわからないけれど、アラブへ行くと飛行機の食事でも顕著で、あ、違う世界にきた、と思います。

私は今、イタリア語を習っていますけれど、言葉一つをとっても、目からうろこなことが多くあって、世界は本当にひろいんだなぁ、と思います。
井の中の蛙にならずに生きていきたい、と思うのだけれど、これは至難の業です。。。
Commented by evecooky at 2009-01-28 07:07 x
タワラジェンヌさん
すごい経験されましたねー。うらやましい。私も「食」に関しての話や経験には、いつも民族の歴史や、国民性などを感じ目からうろこです。そしてなんや、かんやと偉そうに言ってる自分の小ささに反省します。
Commented by ogosyu at 2009-01-28 08:09
こんばんは。タワラジェンヌさん、日本語の先生だったの?
素晴らしい~。私は絶対に先生になれないタイプです。
商品のマークのお話は目からうろこでした。だってここイギリスにもたくさんの人種がいるけれど、そこまで配慮されているかしら。。。されていないと思います。どちらかというと同じ人種は同じ地区にしかすまないので自然とそこに彼らのためのグロッサリーができちゃうんですよね。
それが、またイギリス人と移民の社交性を妨げる理由になったりして悪循環な時も。
日本もかなり変わってきてるんだな、と感じました。タワラジェンヌさんのような考え方の人たちは貴重です。でも今はすべてグローバル、私たち全員がそうあるべきですよね。
生徒さん、タワラジェンヌさんを誘った、ということはかなり信頼しているからだと思います♪
Commented by nobu-merci at 2009-01-28 21:36
タワラジェンヌさん
私はまだ体験したことはないのですが
日本人は宗教ってあまりピンとこないところがありますよね

商品のマークってタワラジェンヌさんのブログを見なかったら
全然私はわからなかったことだと思います。
世界にはいろいろな人種と宗教があることをあらためて感じました。

この間はリンクの件ありがとうございました。
本当に助かりましたよ
Commented by ままま at 2009-01-28 23:10 x
日本でモスクに入れるなんていい機会でしたね!
そしてこういう機会に違う宗教や文化に思いを馳せるって大事なことだと思います。
自分の目で見るって体験は大きいですよね。
食に関しても、日本は郷に従え的な考えが優勢だけど、違った価値観を認めることがブローバル化に繋がりますよね。
異質なもの的な見方を変えていかないとヤバヤバだと思うな。
インドネシア料理美味しそう♪
私、好きですよ、あ~食べたくなっちゃいました。
Commented by pianoparty at 2009-01-29 22:49
タワラジェンヌさん、こんばんは。
先回では日本の伝統、文化の話で、今回は異文化の話ですね。
異文化って面白いですよね。でも、日本の伝統や風習を理解して
いないと、異文化は語れないものがありますよね。
日本に、そんな大きなモスクがあるとは知りませんでした。


私が初めてイスラム圏に足を踏み入れたのは、昨年のドバイです。
そんなに戒律が厳しそうではなかったですが。
ある時、普段、賑わっているオフィスの界隈が、一晩にして急に静まって
お店も閉まっていて、お昼に困るほどでした。そして、2階に男女別に
なっている部屋があり、トイレかと思ったのですが、並んでいたのです。その日は金曜日で、主日礼拝だったそうで、私はそんなことも知らな
かったんです。
でも、今ではそのドバイでも不況のあおりが大きいそうで、あの頃は
贅沢そうな街に見えたのに、ショックです。
Commented by emilia2005 at 2009-01-30 00:23
タワラジェンヌさん、こんにちは。
初めまして。おごしゅさんのところから参りました。
実家のある岐阜市の郊外の田圃の真ん中にも真っ白なモスクが
燦然と輝いているんです。あの辺りはブラジル人に次いでイスラム圏の方が
多いのだそうです。娘が体験入学をさせて頂いた地元の小学校にも
外国人がクラスに1~2人はいるということで、日本各地に海外からの
人々が入っているのだなぁと実感しました。
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 10:13
citron7aさん、こんにちは!
日本語の先生というほどの者ではないんですよ。
ボランティアで日本語学習のお手伝いといったところでしょうか?
このボランティアを始めたことによって、色々な国のことを知るようになり、
とても有意義な時間を過ごしてます。
仰るとおり、様々な文化や考え方を知るというのは、
その国の人たちを理解するうえで重要なことですよね!

神戸モスク、ご存知なんですね。
次回チャンスがあったら、是非中に入って見て下さいね!
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 10:14
鍵コメさん、了解しました。
これからもよろしくお願いしますね!
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 10:42
杏さん、こんにちは!
このモスク、日本には大小30箇所ほどあるそうです。
インドネシアに行った時には、空港に祈る場所があり、
時間になると皆さん、そこでお祈りをしていました。
杏さんはエジプトでモスクに行かれたんですね。

日本にいると、宗教によって食べ物の制限があるなんてこと、思いもしませんね。
食べられない物があるというのは、大変なことのように思いますが
小さい時からそのように育っている彼らにとってはそれが当たり前なので
大変だという思いはないそうです。
そういう世界もあるんだと言うことを日本語ボランティアを通して知りました。
杏さんの仰るように、井の中の蛙にならないようにしたいものです。
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 10:44
eveさん、こんにちは!
もし、日本語ボランティアの世界に飛び込んでいなかったら
このような経験はしてなかったと思います。
これからも、このボランティアを通して、色々な経験をしたいなと思ってます。
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 10:57
おごしゅさん、こんにちは!
日本語の先生というより、日本語の勉強のお手伝いといったところかな・・・・
わが市には、大学院大学があって、アジアからの留学生が
沢山いるし、その他合わせて、1000人弱の外国の方が住んでるの。
日常生活に困らない程度の日本語を最低限教えるようにしてます。
日本語ボランティアを始めて、言葉を話せることと、
それを教えることとは違うと思いました。言葉を教えるってホント、難しい!
それでも、これを続けているのは、こうして言葉を教えるということ以外の
こうした交流が楽しいから。

イギリスも移民の方が沢山いますよね。
そうそう、ロンドンのメリルボーン駅で降りた時、駅の周りには
中近東かどこかの露店が沢山あったのを思い出したわ。
あの辺りは、そういった方が多く住んでいるのかしら?

外国の方と積極的に接しようとおもう日本人は、やはり考え方が
グローバルだと思います。
これから、そういった人がどんどん増えていくといいのですが・・・・
Commented by ji5hqr-emi0703 at 2009-01-31 11:47
異国情緒あふれる神戸が大好きで、若い頃はよく行ってましたが、モスクがあるとは知りませんでした。
でも、こうしてタワラジェンヌさんのブログで自分も経験したように思わせてもらっています。ありがとうございます!
また、国や宗教によっていろんな事が制限されてる事の大変さ、改めて感じました。日本といえば、精進料理を思い浮かべるくらいですね^^
知り合いの旦那様がトルコの方で、豚肉に関するものを一切口に出来なくて、食材探しからお料理までご苦労されているのを思い出しました。
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 11:58
nobu-merciさん、こんにちは!
日本人は、私もそうですが特定の宗教を信仰している人を除いて
宗教というものに係わりが薄いですね。
何かないと神社やお寺にはお参りに行かないですし・・・・

この商品マーク、いろいろと応用できそうですよね。
アレルギーのある人向けにマークで表すことも可能だし・・・・
どんどんこうした運動が広がるといいなと思いました。
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 12:04
まままさん、こんにちは!
はい、いい機会を頂きました。
こうして誘って貰わないと、なかなか行くことが無いでしょうね。

私はこの日本語ボランティアを始めたお陰で、いろいろな国の方と
交流することが出来ました。
そして、世界って広いなあ、いろいろな文化や考え方が
あるのだということを知りました。
今の日本、異質な物は排除するということが多いですが
これでは、世界に遅れてしまいます。
もっと柔軟に物事を捉えないと、グローバル化に遅れちゃいますよね!

インドネシア料理、私も大好き!
もっと色々と食べたかったわ~
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 12:13
piano-partyさん、こんにちは!
私がそもそも異文化に興味を持ったのは、ここに越してきて
初めて友達になったのが、在日韓国人の方だったの。
遊びに行っているうちに、韓国のいろいろな文化や考え方を知りました。
自分達の文化を大事にすることはもちろんだけど、異文化を
受け入れて初めて真の友達になれると思うんです。
日本にはこの神戸モスクを始め、大小30箇所ものモスクがあるんだそうですよ。

そうそう、ドバイに行かれてましたね。
海辺に聳え立つ、超高級ホテルの映像が印象的な国だわ。
そんな国でも不況のあおりを受けているんですか・・・・・・

金曜日は、特別な礼拝の日なんですね!
Commented by tawrajyennu at 2009-01-31 13:16
emilia2005さん、初めまして!
おごしゅさんのところから来てくださったんですね。
訪問そしてコメント、ありがとうございます。
北イタリアにお住まいなのだとか・・・・
昨年スイスに行った帰りにミラノだけ寄りました。
もう一度、ゆっくり訪問してみたい国なんですよ。

岐阜にあるモスクは、新しいようですね!
田園の真ん中に聳え立つモスク、注目の的だったりして・・・・
私の住んでいる街も人口10万人なのですが、1000人程の
外国の方が住んでいます。
案外都会より、こうした地方都市に外国の方が多く住んでいることに
驚きを感じる昨今です。
どこへ行っても、暖かく迎えられる・・・・そんな国であってほしいものです。
これからもどうぞ仲良くしてくださいね!
Commented by tawrajyennu at 2009-02-02 09:26
えみこっこさん、私もモスクがあることは、今回初めて知りました。
異国に住んでいても、みなさん熱心にお祈りしていました。
私たち日本人はあまり宗教によって食制限されるなんてことが
ないので、大変だなと思いますが、生まれた時からそのような
環境で育っていると、それが当たり前なのでしょうね。
そうそう、イスラムの方は豚肉はもちろん、そのエキスが入っているものは
食べませんし、アルコールを含んだものも一切摂りませんね。
お知り合いの方のご苦労が分かります。
by tawrajyennu | 2009-01-27 22:40 | おでかけ | Comments(20)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31