教訓

父が亡くなってから、早いものでもう一ヶ月以上が経ちました。
来週は四十九日を迎えます。

告別式が済んだからといって、することが何もかも終わりではなく
それからすることのほうが実は大変だったりします。
母が亡くなった時は、父がそれをしたのでその大変さが
分っていませんでした。

相続手続きには、父の生まれた時から亡くなるまでの
連続した戸籍謄本が必要になります。
奈良に越してきた時に、本籍を移しているので
その前の所とその前までは私も分っていましたので
取り寄せの手続きをしたところ、まだその先があったのでした。
たまたま取り寄せた所の役所が教えてくれて分ったのですが
そのことが無ければ、分らないままで、大変だったかも!
取り寄せるのに、いちいち親子関係を証明する書類も入りますしね。

そして、その後困ったのが以前にも書きましたが
父と母、2人分の写真です。
あわせて何十冊というアルバムが残されていました。
何しろ母は物持ちが良かったし、旅行が好きだったので
それはそれは膨大な数の写真がありました。
中には、珍しい看護学校時代の(母は看護師でした)手術の実習の写真などや
黒留袖と羽織袴姿の両親の結婚の時の写真とかも。
どちらもこの時、初めて見たものでした。
全てを取っておくわけにはいかないので、その年、その年の
ベストショットを数枚ずつ取っておく事にしました。

そのほか、父の趣味のデコパージュとステンシル&陶芸などの作品とその道具や
母の趣味の墨絵と七宝の作品とその道具がありました。
それぞれの作品は兄と分けたり、形見に貰ってもらったりしました。
問題は道具・・・・・・大分貰ってもらったり、処分しましたがまだ残っています。
私が使えればいいのですが・・・・・・
特に七宝などしてる方がいらっしゃれば譲りたいくらいです。

そこで、今回得た教訓です。

その1  本籍など移した場合は、きちんと残された家族に分るようにしておくこと。
その2  写真の整理は、元気なうちに自分でしておくこと
その3  気力が萎えて趣味が続けられないと思ったら、特に道具類は
      処分しておくこと

私が大変なのをみて、子ども達に言われました。
『お母さん、亡くなる前にきちんとしておいてや!!』

『はいはい、ちゃんとやりますよ!!』











これ、両親の結婚の時の写真です。
今と違って花嫁さんは、黒留袖をきたんですね。

c0149408_17481151.jpg

[PR]
Commented by oko1225 at 2009-11-18 12:44
ご無沙汰しています。
私の父も八年に68歳で亡くなったんですが
父は叔父の家に養子に来ていて
戸籍の件で沢山の兄弟があったことを
没後知りました。戸籍を見ていて父について
知らない部分や辛かった幼少時代のことを
見たようで寂しい気持ちになりました。
もの言わぬ遺品ですが、家族にとって大切な記憶の断片ですよね。
黒留め袖の花嫁さんきりっとして素敵です!!
Commented by クロはち at 2009-11-18 18:13 x
わぁ~懐かしいお写真ですね 
我が家も同じように両親の結婚写真 黒留袖でしたよ!

両親も 道具の数々大変な量で 弟と二人で片付けました。
未だに カメラ類は残っていて なかなか処分できないでいます。
義母は 着物がたくさんで 捨てるにはもったいなく それでいて私が着ることもなく 何かに利用しなければと考えています。

元気なうちに 持ち物処分してスリムにならないと
子供たちが困るんですよね。
肝に銘じます(;´Д`)ノ
Commented by mimosagarden at 2009-11-18 19:16
昔の写真、素敵ですね!タワラジェンヌさんはやっぱりお母様に
似ていますね。こう言う写真もほかの思い出写真とコラージュのようにして飾ったら、面白いかもしれませんね。

私も今から少しづつ身辺整理していかないといけませんσ(--#)










Commented by tawrajyennu at 2009-11-19 14:21
★okoさん
お久しぶりです。
okoさんのお父さまは早くに亡くなられたんですね。
私の母も叔母の養女として育ったので、戸籍を見て
やっと聞いていた話が繋がったと思いました。
写真・・・・思い切って処分しましたが、母や父の若い頃の写真は
私の知らなかった両親の青春を見るようで処分出来ませんでした。
Commented by tawrajyennu at 2009-11-19 14:24
★クロはちさん
クロはちさんのところにも同じような結婚写真があるんですね。
いつ頃から色物の着物を着るようになったんでしょうね~

着物のように形を変えてでも利用できるものは良いのですが
趣味の道具は困ってしまいました。
出来るだけ、利用していただける方にお譲りしてます。

私も趣味の道具がかなりあるので、少しずつ整理しないと!!
Commented by tawrajyennu at 2009-11-19 14:26
★ミモザさん
写真の母に私、似ていますか?
年とともに似てきたと言われます。
面白いのは、看護学校時代の母と姪っ子がそっくりなんですよ。
しかも、姪っ子も看護師なんです。

私の知らない両親の青春時代の写真、少しずつ
額に入れて飾れるようにしようかと思ってます。
Commented by kinnnikumans at 2009-11-19 19:44
タワラジェンヌさんこんばんは^^

タワラジェンヌさんのお母様は看護師さんだったのですね。
立派なお写真ですね。
そういえば私が素敵だなぁと思った器は
お父様の作品だとおっしゃっていましたよね^^
お父様は趣味が沢山あって、きっと多才な方だったのですね。
でもそうなのですか・・・。
道具類は使わない家族にとったら、使い道がないのですね(涙)。
色々勉強になります。写真類の整理、よし私も今からしておこう!!!
Commented by evecookymama at 2009-11-22 21:04
タワラジェンヌさん
うちの母に写真は「父と出会ったころの若い2人の写真にして。あの世で若いときからもう1度あって楽しい思い出を作るから・・」と申しまして若い父と母が遺影として飾ってあります。
2人幸せな人生だったのかな~と思います
ブログ雰囲気変えました。
Commented by ank-nefertiti at 2009-11-23 20:45
こんばんは♪
本当にそうなのですよね・・・
色々と手続きが大変ですよね。
私も今から色々と片付けておこうかな、と思いつつ・・・何もしていない、という状態。。。
後の人が楽なようにしておきたいなぁ、と考えるのだけれど、なかなか・・・

お母様もやはり留袖でお式だったのですね!
実家の母もですよ~
タワラジェンヌさんのご両親さまと同じ結婚式の記念写真が実家にあります。
黒留袖の花嫁、凛々しくてよいですよね♪

まだまだ大変か、と思います。
どうぞご無理なさらないでね!
Commented by tawrajyennu at 2009-11-25 17:57
★ジャックちゃん
こんばんは!お返事が遅くなってごめんなさいね。
そうなの、母は若い頃看護師をしていました。
その後は学校の養護教諭を定年前務めていたんですよ。

そうそう、ジャックちゃん、父の器を褒めてくれましたよね。
きっと父も喜んでいると思いますよ。
特に父は定年後、濡れ落ち葉(こんな言葉、ジャックちゃんは
知らないかも・・・・)にならないようにと趣味を持ったみたいです。
あまり若い頃のことを私には語ったことがありませんが
自叙伝を書いているので、それを読んでいると色々なことが
分って興味深いです。
Commented by tawrajyennu at 2009-11-25 17:59
★eveさん
こんばんは!お返事が遅くなってすみません。
『あの世でもう一度出会って思い出作るから・・・・』
お母さまはお父さまのことを本当に愛してらしたんですね。
私も両親の若い頃からの写真をピックアップして
額に入れて飾ろうかと思ってます。
ブログ、素敵になりましたね。
Commented by tawrajyennu at 2009-11-25 18:03
★杏さん
こんばんは!お返事が遅くなりすみません。
この手続き、やってみて初めて大変さが分りますね。
何でも書類で証明・・・がどこでも付いてまわります。

私も少しずつ整理しようと思いながら、
なかなか手が付けられないんですよ。
でも、今回自分で故人の整理してみてその大変さが
よく分かったので、頑張って整理することにします。

杏さんのお母さまも黒留袖だったんですね。
この時代の花嫁さんはみんなそうなのかしら・・・・・
こんなレトロな写真がたくさん残っているんですよ。

ありがとうございます。元気にしていますので
安心してくださいね。
杏さんも時節がら、お体ご自愛くださいますよう・・・・・
by tawrajyennu | 2009-11-17 17:48 | 日常のこと | Comments(12)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31