ブログトップ

タワラジェンヌな毎日

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
プロフィールを見る
画像一覧

初詣

先週の日曜日(5日)に友達と初詣に行ってきました。
さて、どこに行こうかと迷いましたが、今年は春日大社へ行くことに。
年末年始最後の休みの日なので、絶対に道路は混むと思い、
久しぶりに電車で行くことにしました・・・・・
が、途中駅で人身事故があり電車がストップ!
でも、30分ほどで動き出し、無事に奈良駅に着くことが出来ました。

駅からはぶらぶらと商店街を通りながら、春日大社の参道のほうへ・・・・
これは春日大社の一の鳥居近くにある老舗料理旅館の『菊水楼』

c0149408_13103738.jpg


開業は明治24年(1891年)で、正面に見えるのが、本館で、
中は明治期の面影が随所に見られるそうです。
一度は訪れてみたいと思いながら、未だに実現していません。
ここは和食のほかに、欧風レストランもあって、洋食も頂けます。

息子たちがもし、結婚でも決まって両家の顔合わせな~んてことが
あったら、是非ここでお食事してみたいですね~でも、
当分ありそうにないですが。

そして、春日大社の一之鳥居

c0149408_13301217.jpg


をくぐりぬけ、参道をしばらく行くとあるのがこちら
奈良国立博物館の仏教美術資料研究センターです。
この建物も明治35年(1902)に作られたもの。

c0149408_13255547.jpg


参道の両脇には古い大木が・・・・その大木にふりそそぐ太陽の光を
浴びながら、ひなたぼっこしている鹿たち・・・・のどかですね!

c0149408_1332421.jpg


c0149408_1333253.jpg


この参道の脇に毎年10月に角切りが行われる『鹿苑』があります。
こちらが角きりが行われる場所

c0149408_13405024.jpg


c0149408_1341244.jpg


この鹿苑は角切りの会場というだけでなく、怪我や病気の鹿や
妊娠したりしている鹿をはじめ、奈良公園外に出て畑の野菜を食べてしまう
人間と共生できない鹿たちが保護されているんですよ。
妊娠した鹿と怪我や病気が治った鹿以外は、この鹿苑で一生を過ごすそうです。
ここは、一部見学することが出来て、鹿の生態などを知ることが出来て
初めて見学したのですが、良かったですよ。
子ども向けに鹿に関するクイズがあって、それがまた面白い!!
見学する価値ありでした。

c0149408_13425214.jpg


さて、鹿苑を見た後は、また参道に戻り、しばらく歩くと二之鳥居があります。
平安末期の創建だそうで、これをくぐると、何だか神様により近づいた
ような気がしてきます。

c0149408_13494859.jpg


その二之鳥居を入ってすぐにはるのが、『祓戸(はらえど)神社』
平安中期の寛弘3年(1006年)にはお祀りされたいたという古社だとか

c0149408_13585046.jpg


参道の脇には古い苔むした灯篭が・・・・
その間から鹿が顔を覗かせていました。

c0149408_13554678.jpg


こちらは、南門、春日大社正面の楼門で回廊内に入るときにくぐる門です。

c0149408_1451562.jpg


この門をくぐってすぐ左手にあるのが、『社頭の大杉』と呼ばれる杉の木
樹齢800~1000年と言われ、700年昔の『春日権現験記』には
幼木の姿で描かれているそう。

c0149408_16571064.jpg


この後、おみくじを引いたのですが、あまりに・・・の結果にがっかりして
本殿の写真を撮り忘れてしまってました。
まあ、この1年自分を過信せずに心して過ごしなさいということと
受け止めました。

そうそう、こんな可愛いおみくじもここにはあるんですよ。

c0149408_17163357.jpg


さて、お参りも済み、時計を見ると12時を過ぎていました。
この日は、前から行ってみたかったキッシュ専門店の『Le case』へ。

ここは、私が以前よく行っていたイタリアンレストラン『かくれんぼ』で
働いていた人が独立して開いたお店。
春日大社から歩いてすぐの古民家を改装してレストランにしたもの。
「子どもたちに、野菜を食べてほしい」という願いから実現した、
奈良県では唯一のキッシュ専門店。
無農薬・有機野菜はもちろん、生地には全粒粉、ライ麦を使用し、
卵も有精卵を使うなど、栄養価の高さと素材にこだわっているそうです。

c0149408_1783384.jpg


お店の中に入ると、2人かけのテーブルが2つ、3人がけが1つ
そして、畳のお部屋まであるんですよ。

ショーウインドウの中には、おかず風キッシュとデザート風キッシュが
10種類ほど置いてあり、テイクアウトも出来ます。

c0149408_17154639.jpg


この日は、1600円のキッシュランチを頂きました。

まずはスープ、根菜が色々と入って美味しかったです。

c0149408_17192131.jpg


そして、ショーウインドウの中からチョイスしたキッシュとサラダと焼き野菜
ココットに入ったパスタ
私は、ガーリックときのこのキッシュをチョイスしました。
キッシュはパイ生地ではなく、タルト生地を使っているので
友達は端っこが当たってしまい、固くてナイフで切るのが大変そうでした。

c0149408_1729526.jpg


キッシュはもちろん、美味しかったのですが、それより更に美味しいと
思ったのが、この日のココットに入っていたパスタ
貝殻の形をしたコンキリエというパスタを蟹のソースであえたもの。
とっても蟹の出汁が効いていて美味しかったです。

この後にデザートを見た瞬間、思わず『可愛い!!』と声に出していました。
なんと鹿のクッキーが付いていたんです。ねっ、可愛いでしょ?!

c0149408_17313259.jpg


おみくじを引き、ちょっと気分がマイナスでしたが、美味しいものを頂いて
ちょっぴり幸せな気持ちになりました。 単純ですね。

帰りは、『おん祭りと春日信仰の美術』展を見に奈良国立博物館へ。

春日若宮おん祭は、歳末の奈良を彩る春日大社の摂社・若宮神社の祭礼です。
平安時代に始まったとされていて、昨年末で878年目になるとか。
奈良に長年住みながら、まだ見たことがありません。

たまたま春日大社で巫女さんから、この日までの招待券を
頂いたので行ってみました。
春日若宮おん祭をに関する絵画や文献史料、芸能資料等を通じて、
おん祭の歴史と祭礼の様子が展示されていました。
なかなか見ごたえのある展示会で、いつか実際のおん祭を
見てみたいものだと思いました。
招待券を貰ったものの、どうしようと迷ったのですが、行ってよかったです。

この後、ラッキーなことはまだ続き、おみくじでアンラッキーでしたが
気分良く帰途に着きました。
[PR]
Commented by nishi-no-mori at 2014-01-11 22:12
タワラジェンヌさん、こんばんは。
私もレストラン菊水の方では何度か食事したことありますが菊水楼の方はお値段が高くて。
でもレストランからは奈良ホテルが見えて素敵ですよね。
この日はレ・カーセさんにも行かれたのですね。
すごく盛りだくさんな一日を過ごされて楽しまれた様子が目に浮かびます。
今年もブログ楽しみにしていますね。
Commented by pinky at 2014-01-12 00:15 x
タワラジェンヌさん、こんばんは!

小学校の修学旅行、そして奈良に住んでいた叔母を訪ねて
長男が1歳の頃にと二度訪れたことのある春日大社を懐かしく見させていただきました。
何百年もの時を超えて、またこれからも変わらずあり続けるであろう場所がたくさんある奈良。
また行ってみたいです。
奈良ホテルで泊まって菊水楼で食事するのが夢です~!
ちょっと、これは無理かな・・・

可愛らしい鹿のおみくじは初めて見ました。
え?おみくじが?
昨日ラジオで神社のお話を聞いたのですが、吉凶よりもそのあとに書かれている但し書きが本当のお告げなのだとか。
そのお告げに注意していれば、悪いことから避けられると言っておられました。
その逆に大吉でも但し書きの事に気を付けていなければ、良くはならないのだとか。
タワラジェンヌさんの仰る通りですよね。

またまたお洒落なキッシュのお店のご紹介!
鹿の形のクッキーに思わずにっこりしてしまいました。
このあとラッキーなこと??
何でしょう。楽しみです♪

Commented by tawrajyennu at 2014-01-12 09:58
★西ノ森さん
こんにちは!
まあレストラン菊水には何度も行かれたことがあるんですか?
こちらもランチは安くても3500円ですから
菊水楼のほうとお昼なら500円ほどしか違いませんね。
私もいつか行ってみたいなと思っています。

西ノ森さんは『Le case』には行ったことがあるんですか?
ちょっと奥まっていますが、駅から散歩がてら行くと
丁度良いですよね。
まだ行ってないのでしたら、またご一緒にいかがですか?

Commented by tawrajyennu at 2014-01-12 10:09
★pinkyさん
こんにちは!

小学校の就学旅行が奈良だったのですか?
私は、中学の修学旅行が、京都・奈良でした。
それ以来、何度となく訪れたいた土地ですが、まさか
自分がその奈良に住むことになるとは思いませんでした。

そうですよね~何百年も前からそこにあり、そうして伝えられてきた
行事が今でも続いている・・・そんな土地に住んでいるなんて
贅沢なことかもしれませんね。
是非、お時間が出来ましたら、また奈良まで足を運んで下さいね。
そして、いつの日か、奈良ホテル&菊水楼を実現して下さいませ。

この鹿のおみくじ、可愛いでしょ?
ラジオでそんなお話をしていたんですね。
凶が出た時は、お正月早々からぎょっとしましたが、これは
1年身を引き締めて過ごせよと言うことだなと思いました。
実は、2日後に地元のお寺さんにお参りしたら、今度は大吉が
出ました。

キッシュは家でも作ることがありますが、こちらには色々な
種類のキッシュがあって、あれもこれも食べてみたいと・・・・・
鹿のクッキーがデザートに添えられていたのには思わす微笑んでしまいました。

Commented by tawrajyennu at 2014-01-12 10:10
★pinkyさん
続きです。エキサイトはすぐに文字数オーバーになるので困ります。

この日は、国立博物館のあと、近鉄奈良で開かれている
岩合光昭さんの写真展『ねこ歩き』を見に行きました。
彼は動物写真家なのですが、NHKBSプレミアムで放送されている
『世界ネコ歩き』という番組で世界中のネコを撮影しているんですよ。
この番組が大好きで毎回観ているんです。
それが、近鉄のカードを持っていたら、私以外お連れさま1人まで
無料ということで、またまた無料で観れてしまいました。
ささやかなことですが、1日に二度も素晴らしい展覧会が
無料で観れたとあって、主婦としては、嬉しい1日となりました。
Commented by saitamanikki2008 at 2014-01-13 19:50
こんばんわ。
奈良は、高校の修学旅行に行きましたが、それ以来。。。訪れてません。
春日大社 テレビでも度々放映されるので 何か身近に感じます。
白塀に囲まれた老舗料理旅館 『菊水楼』 ドッシリした建物ですネ。
私など門から中に中々入れないような雰囲気。。。
一之鳥居からこうして拝見すると、季節がら春日大社に初詣に行ったような気分になります。
JR東海のテレビコマーシャルで奈良を取り上げているので
冬の奈良 観光客が訪れているでしょうね
Commented by 小父さん at 2014-01-13 21:25 x
春日大社?リンク先の赤い鳥居を見て、平安神宮や伏見稲荷大社をイメージして考えこんでいました。
行きました、行きました、息子が小1くらいの時に1泊泊まりで
8月の中元万燈籠に参りました。
あの日は夜なので昼間の境内を知らないわけです。
というか、奈良、京都の神社、仏閣は好きなんですけど片っ端から
名前も忘れごちゃごちゃです。
春日大社はその昔、NHKのドラマ「万葉の娘たち」( 伊藤蘭、森下愛子、田中裕子、名取裕子)の舞台でうっとり観たこともありましたね。

『菊水楼』は格調高いですね。
こんなところへは行きたいです(笑)

角きりはここで行われるんだ!
ああ、春日大社のテレビの文字が浮かんできました(笑)
『鹿苑』のことテレビだったかネットだか見たことがありますね。

境内は広いですね。
灯篭に火が入っているところをぞろぞろ歩いたことだけは覚えています。
キッシュやらコンキリエ(両方画像検索しました(笑)やら洒落たものを召し上がるんですね。
いやー、小旅行をした気分です。
有難うございました。
Commented by monika914 at 2014-01-14 06:58
昨年の9月 子供達と京都から日帰りで奈良へ行ったとき、まず東大寺、そして春日大社、興福寺へ行ったのですが、春日退社は修復中で入れなかったと記憶しています。
でも奈良の風景がとっても懐かしい、、ぜひ又行ってみたいです。
そうそう 奈良町では旅行本に載っていた「よっばカフェ」と言う小さい民家のようなカフェで休みました。
Commented by tawrajyennu at 2014-01-14 08:34
★saitamanikkiさん
おはようございます。
高校の修学旅行で奈良にいらしたんですね。
私は、中学の修学旅行が初めてでした。
その後京都には幾度となく、訪れていますが、奈良は行ってませんでした。
そんな奈良に自分がずっと住むことになるとは思いもしなかったです。
菊水楼は一度は行ってみたい憧れの料理旅館です。

まあ、JR東海で奈良を取り上げているんですか?
京都までは新幹線ですぐに来られますが、奈良に行くには
乗換えが必要なので、なかなか足を伸ばしてくれません。
でも、いらした方は、皆さん、気に入って帰ってくれるんですよ。
saitamanikkiさんも、またいらして下さいね。
これからは、東大寺のお水取りの季節になります。
Commented by Neko★ at 2014-01-14 09:00 x
奈良は、遥か遥か昔、修学旅行で訪れただけです。
もう~写真に残っている記憶のみですね。
息子達も、行ったみたいですけど・・・

鹿さん可愛いですね。
>奈良県では唯一のキッシュ専門店
わあ~食べてみたいです。
Commented by tawrajyennu at 2014-01-14 09:06
★小父さん
おはようございます。
赤い鳥居というと、京都・平安神宮ですね。
伏見稲荷は小さな赤い鳥居がたくさん連なっていますし・・・・

息子さんが小1の時というと、かなり前のことですね。
でも、その頃と変わってないと思います。
中元万鐙籠をごらんになったのですか?
実をいうと私は一度も観たことがないんです。
その時期は必ず田舎で行事があるためなんですが・・・
地元に居ながらみたことがないので、いつか見たいなと思っています。

NHKのドラマ「万葉の娘たち」・・・今から30年ほど前のドラマなんですね。

菊水楼は、奈良に住んでいても、おいそれと行けません。
でも、一度は行きたいですね。 お昼だったら行けるかも!!

鹿苑は、『角きり』の場所として知られていますが、
怪我や病気、妊娠した鹿、人間と共生できない鹿たちがいて
鹿の生態なども学べるし、結構面白かったですよ。

イタリアンが夫ともども大好きなので、食卓にもよく登場します。
お酒を家で飲まない下の息子からは、居酒屋みたいだなと
言われてしまいますが・・・・・
毎日いかにお酒を美味しく飲むか・・・そんなメニューが多いですね。

Commented by tawrajyennu at 2014-01-14 09:13
★もに香さん
おはようございます。
そうそう、昨年子どもさんたちと奈良にいらしたんですよね。

春日大社は確か屋根の葺き替え工事をしていたんじゃなかったかしら?
今回は回廊の中には入れましたが、工事はまだ続いていました。

東大寺・春日大社・興福寺・・・どれも世界遺産ですが
もう1つ近くに世界遺産があるのをご存知でしたか?
元興寺というのですが・・・ここはあまり訪れる人もなく
とても静かなお寺でお勧めです。
まだいらしてなかったら、次回には是非いらしてみて下さいね。
奈良町はとても好きな場所で、奈良に行くと必ず立ち寄ります。
最近、町屋を利用してカフェとか手づくり品を売る店とかが
増えてきて、町の活性化に繋がっているようです。
Commented by tawrajyennu at 2014-01-14 09:18
★Neko★さん
おはようございます。
Neko★さんも修学旅行で奈良にいらしたんですね。
修学旅行では来るけど、その後は来たことが無いと言う人が多いです。
どうしても、京都までは来るけど、乗り換えないといけないので
敬遠されちゃうのかしらね。
それと、きらびやかな京都に比べて、地味な奈良なので
特に若い人は来ないのかも!!
あっ、でも息子さんたちは奈良に来てみたいんですか?
嬉しいなあ・・・・酒田からはちょっと遠いですけど、
是非来てほしいです。

キッシュ専門店って珍しいですよね。
古い民家を改装したお店なんですが、とても美味しかったし
素敵でしたよ。
Commented by はちきんイジー at 2014-01-14 23:57 x
おはようございます。

安全で 美味しい栄養一杯の料理を出してくれるレストランは貴重ですね
高価でも そういった場所をサポートしたいですよね

奈良と言うと 鹿 が真っ先にうかびます

10代の終わりだったかに 遊びに行った事があります

そうして かず少ない両親の写真も 塔を背景にし 鹿に囲まれた場所での若き2人の姿です。
タワラジェンヌさんが 行かれるアート展と違った
木を使った立体アートですが 義弟が奈良や京都で 時々作品展などをしています。 浅岡 憲介といいます。

子供に絵を教えたり 美術系の大学を志望する生徒の予備校のようなものを京都に持っているようです 京都美術校 ? 館 とか なんとか  という名です

帰国すると 京都で数日過ごす私です、、、、でも 次回の帰国は未定、、、です、、が

Commented by tawrajyennu at 2014-01-15 18:22
★イジーさん
こんばんは!
本当に仰るとおりだと思います。こうしたレストランは貴重ですね。
安くても添加物のたくさん入った食品は食べたくないですね。
2年前から田舎で野菜作りを始めてみて分かったのですが
スーパーで買う野菜より味が濃くて美味しいんです。
これから大きくなる子どもたちには、こうした本当の味を知って欲しいですね。

まあ、義弟さんがアーティストなんですか?
今、ネットで調べたら、廃材とか石などを利用した立体アートを
製作してらっしゃるんですね。
面白そうな作品があり、作品展があるなら是非行ってみたいと
思いました。
京都美術学院と言う学校を主宰して、たくさんの学生さんを
育ててらっしゃると書いてありました。

奈良といえば、鹿ですよね。
野生の鹿と人間がこうして共生している町は他に無いと思います。
10代の終わりに奈良に来られたことがあるんですね。
次回、帰国の折には是非京都から奈良まで足を延ばしてみませんか?
by tawrajyennu | 2014-01-11 17:46 | おでかけ | Comments(15)