母の梅酒などなど・・・

来年から、私の住んでいる市は、ごみが有料になります。
今まで、整理しなくては!! 断捨離しなくては!!と
思いつつも、重たい腰が上がらず、そのままにしてきましたが
有料になると聞き、これは今年度中にやらねば!と
やっと重たい腰があがりました。

先日、キッチンの床下収納庫の整理をしたのですが
収納庫を取り外して洗おうと持ち上げたところ、
本当の床下から思いがけない物が出てきました。

それは、今から21年前に亡くなった母が漬けた梅酒に
きんかん酒、かりん酒、きはだ酒に梅干でした。
何故、収納庫の下の床下に入っていたのか?

我が家の床下は非常に高さがあり、涼しいのです。
で、そこにしまったまま、忘れてしまったようです。

それぞれの瓶には、母の字で漬けた日付が書かれていました。



c0149408_17123237.jpg

かりん酒は今から25年前、きんかん酒は23年前、
きはだ酒は日付は書いてありましたが、年が薄れて読めませんでしたが
いずれも、少なくても21年以上経ったものです。


c0149408_17130493.jpg

手前の2つが梅酒なのですが、琥珀色を通り越して
こんなに濃い色になってしまってました。
お味は、梅酒が凝縮されたような味で、炭酸で割って飲んだら
美味しかったです。

かりん酒は、咳止めや喘息に効果があり、きんかん酒は果皮にビタミンCや
カルシウムを多く含んでいるため、風邪を引いた時の栄養補給や
精神安定剤として、また動脈硬化や糖尿病に効果があるとか。

今回見つけた中で、きはだ酒は聞いたことがありませんでした。
グラスに注ぐとこんな黄色い色をしています。


c0149408_17133769.jpg

健胃用と書いてあったので、ちょっと飲んでみました。
とにかく、苦い!!
きはだというのもよくわからないので、調べてみました。
落葉性の高木で、樹皮の一番外側には淡黄色のコルク質があり
そのコルク質の内側には皮部があって、鮮黄色をしているそう。

そのきはだの内皮を乾燥させたものが黄柏(おうはく)で
その黄色の成分はアルカロイドの一種のベルベリンという物質だそう。
ベルベリンには、腸内殺菌作用があり、下痢止めに効果のあることから
数十年前にキノホルムの薬害で起きたスモン病の治療に用いられたそうです。
黄柏は、苦味健胃整腸剤として、唾液、胃液、すい臓、胆汁の分泌を
促し、食欲を高め、消化を助けて、腸内殺菌効果を表すとか。
その他、外用消炎剤としても用いられるということです。
その黄柏を焼酎に漬けたのがきはだ酒というわけです。

又、黄柏は今日でも医薬品の1つとして、日本薬局方に入っています。
黄柏の水性エキスで作られたのが、昔から皆さんよくご存知の
『陀羅尼助丸』や『お百草』『練熊』などの健胃整腸剤です。

他にもこの黄色い色を利用して、染物の顔料としても
使われてきたそうです。
プラスチックのコップにきはだ酒を入れて、5分もすると
黄色に染まるのは、そういうことなんですね。
大事にちびちびと飲んでみようかと・・・・

そして、こちらが20年以上も前の梅干です。


c0149408_17131512.jpg

梅の酸と塩で、20年経ってもそのままなんですね~
食べてみましたが、普通に梅干の味がしました。
今時の市販されているのと違って、甘味などない
す~っぱい梅干でした。

我が家には、この他にも母が作った金柑の甘煮とか
フルーツケーキ用のドライフルーツのブランデー漬けとかが
まだ残っています。
なんだか、食べるのが勿体無いような気がするんです。
ドライフルーツのブランデー漬けは何回かケーキに入れて
使いましたが、まだ数回分残っています。
でも、きっとそのまま置いておくような気がします。







[PR]
Commented by 小父さん at 2014-08-03 22:25 x
ひゃー、断捨離転じて、瓢箪から駒が出てきたんですね。
10年は一昔なんて言いますが、21~25年前のものだったらちょっとしたタイムカプセルですね。

しかも飲めたり、食べられたり、かつ健胃用なんてすばらしいです。

きっと、母上のメッセージが込められているんですね。

きはだ酒というのが特に興味深いです。
何だか日本むかしばなしを読んでいるみたいです!
Commented by hiro235 at 2014-08-03 23:00
タイムカプセルみたいですね^^
20年以上前のものを目にすると、
あっという間に、そのころのことが頭によぎるようです(多分)。
20年くらい前って、一番楽しい時代だったかも(私にとっては))
(もちろん今も楽しいけど)

お母さまは、どんなことを考えながら、
お作りになられたのか、・・・考えると、楽しくなりますね。
ドライフルーツを引き継いで使ってくれてると思うと、
お母さまもきっと喜ばれてますね♪
Commented by pinky at 2014-08-04 00:01 x
タワラジェンヌさん、こんばんは♪

まるで時空を超えてお母様から届いた宅配便のようですね。
きっと、娘さんのことを想いながら作られたであろう健康食品なんですね。
年代物の梅酒や梅干などはそれだけで価値があると思われますが
それが亡きお母様製となればまた特別に有難い思いがいたします。
以前、テレビで江戸時代の梅干を食べているのを見たことがあります。
これから先何年もたって、また誰かがこれらを食べたり飲んだりするのを想像するのもまた楽しいですね。
Commented by 続きです~pinky at 2014-08-04 00:01 x

キハダ、苦いですよね。
キハダを30gってかなりの量になると思いますが、薬局で買われたものなのでしょうか。
お酒にしているものは初めて見ました。
とっても苦そうです。^^;

ずっと昔になりますが、父が林業に携わる仕事をしていたので
よく山に入る機会がありました。
そんなあるとき、小さな木切れを持ち帰り、これを齧ってごらんと言いました。
それがキハダとの出会いでした。
凄く苦いだろ?でも胃腸の薬になるから、おなかが痛くなったら齧りなさいと言われました。
漢方薬として使われているこのキハダですが、昔の人はどうやってこれが胃腸にいいのかわかったのか・・・すごいですよね。
考えると眠れなくなりそうです。^^
Commented by saitamanikki2008 at 2014-08-04 10:35
こんにちは。
おぉ~ !! 貴重な瓶が現れましたネ。
思い出と共に栓が開封され、年月を経た味は、又 格別な味がしたでしょう。
イイな~ こんな話 我が家でも、1年前の瓶詰はありますが、
思い出味も一年前のもの 素晴らしい発見に 万歳です。 
Commented by tae at 2014-08-04 11:04 x
こんにちは。ジェンヌさん、とても良いものを見つけましたね~。お母様との繋がりの品、ホント!宝物が見つかったみたいですね。私も漬けた梅酒、これを読んで思い出し、今どうなってるか見てみました。私のもやはり濃い暗褐色になってました。なんと!平成5年に漬けたものだから21年前です。ウメは取り出したみたいで梅酒だけでした(自分でも覚えてないくらい古い)。飲むのも怖い気がしてましたが、炭酸で割ったら美味しいとジェンヌさんがおっしゃつたので、この際飲んでみようかな~?と思ったり、メッセージをつけてこのまま又しまっておいて、ジェンヌさんみたいに何年後?、何十年後?に娘が見つけて私を思い出してくれるのもいいかな~?と思ったり・・・。でも、捨てられるかもー!!(苦笑)。お母様、今のお家に一緒にお住まいになった事があるのですね~。
Commented by love-t_k at 2014-08-04 13:15
あら~とても貴重な物が出現ましたね
これは貴重過ぎて飲めませんね
お母様もきっと喜んでますよ!
Commented by Neko★ at 2014-08-04 19:34 x
25年・・・四半世紀も前のものですか?
ヴィンテージものですね~♪

捨てるはずが、捨てられないものが増えた?
でも、素敵な発見ですね~♪

今日、母から宅急便が届きました。
元気でいてくれることに深く感謝です。
Commented by emilia2005 at 2014-08-05 04:56
まるでお母様に再会できたような
涙腺が緩んじゃいそうな素敵な「事件」でしたね。
かりんの1989年は京都に
きんかんの1991年は東京にいたなぁ。
なんてことを思い、私もじわっと来ました。
Commented by monika914 at 2014-08-05 06:09
凄い! まるでお宝を発見したような感じですね。
しかも今は亡きお母様が作られた物なんて、、、きっとお母様「やっと見つけてくれた」と喜んでいらっしゃることでしょう。

きはだ、 私も初めて知りました。
まさしく 良薬口に苦し ですね。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-05 10:28
★小父さん
こんにちは!
きっと断捨離しようと思わなければ、完璧に忘れていたと思います。
ごみ有料になるお陰ですかね(苦笑)

なんだか宝物を見つけた気分でした。
恐る恐る飲んだり、食べたりしてみましたが
保存状態が良かったのかなあ・・・大丈夫でした。

母は仕事しながら、こうした手作りのものをよく作ってましたね。
田舎に行く道に黒い実のなる木があるのですが、叔母に聞くと『陀羅尼助』の木だと言われたことがありました。
それがきはだだったんですね。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-05 10:30
★hiroさん
こんにちは!
ほんとタイムカプセルみたいですよね。
20年前というと、hiroさんなら学生時代かな?
私は子育てと仕事でバタバタしていたなあ。

母は、65歳まで仕事をしていましたが、こうして手作りを
よくしては、私に送ってくれるのが楽しみだったみたいです。
勿体無いと言ってないで、またドライフルーツ入りケーキを
焼こうかしら?
Commented by tawrajyennu at 2014-08-05 10:35
★pinkyさん
こんにちは!

本当に!!母が私が忘れているので、教えてくれたのでしょうか?
母から貰って、自分でそこに入れていたのに、すっかり忘れていたのです。
私は若い頃から胃弱だったので、母はきはだ酒を
造ったのかもしれませんね。
親ってありがたいです。
え~江戸時代の梅干ですか? それなら私も梅干は
まだまだ若い?んですね。
置いておいたら、孫とか、ひ孫が見つけて食べてくれるかしら?
Commented by にしけい at 2014-08-05 17:19 x
読みながら胸が熱くなりました。
お母さまからの贈り物ですね。
私も毎年梅酒と梅干しは漬けています。
梅酒の古いもので4年前のです。
ずいぶん経ったなーって思っていたのですが 20年以上も
大丈夫なんですね。
だけど マンションの部屋の隅っこに置いてあるのと
床下の涼しいところに置いてあるのとでは管理の仕方が
違いますよね。
せっせと飲みます^^;
Commented by kinnnikumans at 2014-08-05 23:03
タワラジェンヌさんこんばんは^^
わぁ・・・すごいですね。
お母様が作られたものを今こうして食べたり
飲んだりできるなんて、
素敵なお話だなぁと感動しました。
書かれた字を見るとなんだか
すぐそばにお母様がいるような気持ちになります。
梅干し、私甘い梅干しが苦手で
祖母のつける梅干しが紫蘇たっぷりの
酸っぱい梅干しだったので、すっぱーい梅干し
いいなぁいいなぁと眺めていました(笑)
ドライフルーツもですか。
本当に使うのがもったいなく感じてしまう
宝物ですね。 じーん。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-06 13:11
★pinkyさん
こんにちは! 
きはだ、ご存知だったんですね。
そうでしたか・・・pinkyさんのお父様は林業に携わるお仕事を
されていたんですね。
で、生のきはだを齧ったことがおありなんだ・・・・

たぶん母は薬局か、大学の養護室に勤めていたので
そこに出入りする薬品会社から手に入れていたかもしれませんね。
本当にどうしてきはだが胃腸の薬になるのか?
それを発見した人は凄いですよね。
何でも最初に何かを発見した人って素晴らしいなと思います。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-06 13:13
★saitamanikkiさん
こんにちは!
母から貰って自分でしまって、すっかり忘れていたのですよ~
断捨離しなかったら、まだまだ思い出さなかったかもですね。
梅酒は、本当に濃厚な味がしました。
少しづつ、ちびちびと飲むことにしましょうか・・・・
Commented by tawrajyennu at 2014-08-06 13:44
★taeさん
こんにちは!
まあ、taeさんの漬けられた梅酒も21年経っているのですね。
大丈夫、飲めますよ。
でも、そのままにしておいて、いつか娘さんやお孫さんが
見つけてくれる・・・というのもなんだかロマンチックですね。
私自身の漬けたのは、古いもので5年ほどかしら。

母は、この家には一緒に住んだことはないんですよ。
埼玉の実家を処分して父と奈良の有料老人ホームに
入っていたんです。
埼玉から越してきた時に、私がこれらのものを貰い
床下に入れたんだと思います。
自分でしまった置いて忘れているなんてね・・・・情けないわ。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-06 18:25
★love-t_kさん
こんにちは!
琥珀色を通り越して、飴色になってました、梅酒。
炭酸で割って飲んだら美味しかったです。
2本あるので、一本は取っておこうかしらね。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-06 18:30
★Neko★さん
こんにちは!
はい、かりん酒は25年でした。梅酒は21年以上まえなのは
間違いないのですが、はっきりわかりません。
確かにこれはいくら断捨離でも、捨てられません。
宝物を見つけたって感じですね。

私もよく母から宅急便が届きましたよ。
親はあれこれ送るのが嬉しいみたいですね。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-06 18:34
★エミリアさん
こんにちは!
すっかり忘れていたので、宝物を見つけたようでした。
断捨離をしなければ、まだまだ見つけられなかったかもです。
まあ、かりんの時も、きんかんの時もまだ日本にいらしたんですね。
他にも母が残してくれたものは、たくさんのお菓子のレシピです。
これも私も宝物です。
Commented at 2014-08-06 18:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-07 10:57
★にしけいさん
こんにちは!
母は色々と手作りするのが好きで、よく作っては宅急便で
送ってくれました。
この梅酒たちは、両親が埼玉の家を処分して、奈良の老人ホームに
入る時に私が譲り受けたものです。
涼しいところにおこうと床下収納庫のさらに下にしまって
忘れてしまっていました。

にしけいさんはご自分で梅干も梅酒も漬けるのですね。
私は梅酒は漬けますが、梅干はまだ漬けたことがないんですよ。

最近は梅酒を炭酸で割って飲むのにはまっています。
しゅわ~っとして美味しいです。
Commented by tawrajyennu at 2014-08-07 11:02
★ジャックちゃん
こんにちは!
私は比較的早くに母を亡くしたので、こういった形で
お袋の味というのかな・・・が楽しめるのは嬉しいです。
文字を見ると、あ~母の字だなとすぐにわかります。

ジャックちゃんも甘い梅干が苦手なのですね。
私も長男も駄目なんです。
梅干はやっぱり、すっぱくなくちゃ!!ですよね。
ジャックちゃんはお祖母さまの手作りの梅干が
好きだったのね。
たっぷりの赤紫蘇があるなら、ゆかりも手作りのが
楽しめことでしょうね。
そうなんです、ブランデー漬けのドライフルーツも
あるんですよ。
またいつか、これでケーキを焼いてみようと思っています。
by tawrajyennu | 2014-08-03 18:24 | 日常のこと | Comments(24)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30