2年ぶりの旅行・・・湯布院散策&太宰府天満宮

前日早く寝たせいか・・・朝6時前に目が覚めてしまいました。
まずは、朝風呂へ。
ゆっくりとお湯に浸かりました。
ここ『山荘 四季庵』の露天風呂は24時間いつでも入れるようになっているんですよ。
私たちの他には誰もいなくて、ゆっくりとお湯に浸かりました。
贅沢ですよね~朝から。

ゆっくり温泉に入ったのに、まだ7時前・・・・
旅館の朝食は、ちょっと遅めの8時からでしたので
それまでの間、湯布院のシンボルとも言われている金鱗湖へ行こうということになりました。
金鱗湖というのは、明治17年に儒者「毛利空桑(もうりくそう)」が
この地に訪れ、鮒(ふな)の鱗(うろこ)が金色に輝くのをみて
「金鱗湖」と名付けたのが呼称の始まりと言われているそうです。
この金鱗湖、数本の小川が流れ込み、湖底から温泉が湧き出ているので
寒く外気温の低い日には、霧が立ち上り、幻想的な風景になるとか・・・
これはもう見に行かなくては!!

まだ、寝ているという一人を残して車で金鱗湖へ。
見てください、この景色!
まさに朝霧が立ち込めていました。



c0149408_08363073.jpg


美しいですよね~やはり早起きすると良いことがあるんですね。
この景色を求めて沢山の人がカメラを手に来ていました。
近くにはかの有名な亀の井別荘があり、一部お庭に入ることが出来ます。
紅葉が綺麗でしたよ。



c0149408_08364506.jpg


c0149408_08364906.jpg



c0149408_08365615.jpg


金鱗湖と紅葉を堪能した後は、宿に戻って朝食です。
こちらの宿の朝食は和食のバイキングでした。
実に種類が豊富な朝食に全員満足、満足でした。



c0149408_08370286.jpg


さて、旅行も今日が最終日・・・・今日も盛りだくさんです。
まずは、湯布院駅前まで行き車を駐車しておくことに。
9月に行ってきた方に、湯布院は駐車場が少ないからと聞いていたのですが
うまく駅前に停めることが出来ました。

湯布院散策には辻馬車もいいわよとこれまた10月に行ってきた友人に
聞いていたので、申し込みに行ったのですが・・・・
予約できるのは14時半だとか、これでは、大宰府に寄り
5時過ぎに福岡空港に行くのは無理と判断、スカーボロという
バスなら13時に予約できると言うのでそれに乗ることにしました。

それまでは、お土産屋さんた立ち並ぶ湯の坪街道を散策することに。
あれこれ試食したり、お土産を買ったり・・・色々なお店を覗くのは楽しいですね。




c0149408_08372452.jpg


湯の坪街道を折り返し、駅前に戻ってくると、可愛らしいまっかなバスが
既に待っていました。



c0149408_08375735.jpg


このバス、イギリス・アキナス社のクラッシックカーで、日本ではここ湯布院と
長崎ハウステンボスにしかないそうです。
しかも、もう部品を作ってないようなので、大変稀少なバスだとか・・・
このバスで、フローラハウス・興禅院・宇奈岐日女神社の3箇所を周りました。

まずはフローラハウス・・・ここには温泉熱を利用した温室があり、欄などの
栽培をしているそう。朝晩の気温差があるため、花の色が鮮やかになるんですって。



c0149408_08381111.jpg


興禅院は、湯布院中心からは少し離れた長閑なところにあるせいか
あまり観光客はいませんでしたが、落ち着いたよいところでした。



c0149408_08381552.jpg



曹洞宗の禅寺だそうですが、一時キリスト教の教会が建てられた時が
あったそうで、境内にはキリシタンのお墓もありましたよ。




c0149408_08382446.jpg



最後に行ったのが、宇奈岐日女神社




c0149408_08383427.jpg



昔、湯布院は湖であり、霊峰由布岳の化身 宇奈岐日女が
従者に命じて湖の水を無くし、盆地にしたと言われているとか・・・
そこで、里の人たちが 宇奈岐日女を湯布院開拓の祖として祭ったのが
宇奈岐日女神社だそう。
そのせいかのか、こちらの本殿は水に周りを囲まれていました。




c0149408_08384661.jpg



また、神社は樹齢100年を越えるような大杉に囲まれていたそうです。
中には樹齢300年を超えるものもあったとか
それが、1991年の台風で倒れてしまい、その切り株がご神木として
祀られていました。




c0149408_08383935.jpg



こちら一番大きな切り株は幹周り9メートルもあるそうです。
バスによる湯布院散策もここで終わり、駅前に戻り、次は大宰府に向け出発です。




c0149408_08384280.jpg


1時間半ほど車を走らせ、大宰府に到着。
ここは言わずとしれた菅原道真を祀ったところ。
「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として日本全国からの
お参りが絶えないところです。
門前町で梅が枝餅の試食をしたり、お土産を買ったり・・・

以前行った時は、雨だったせいか人も少なくのんびりとしましたが
今回は、三連休のせいでしょう、ものすごい人、人、人でした。



c0149408_08400169.jpg


遠巻きにお参りし、天満宮を後にし、一路福岡空港へと車を走らせました。
これで、今回の旅行はおしまい。無事に事故も無く済んでよかった!!

既に次回は金沢方面と決まり、幹事も決まり、これを楽しみにまた1年元気で
頑張ろうと約束して、東京組とは別れました。

私はまだまだお楽しみが続きます。












[PR]
Commented by Neko★ at 2014-12-15 12:23 x
早起きは~ですね。
日本らしい素晴らしい景色です。

へえ~可愛いクラッシュクなバスは現役なのですね。
おお~大宰府、天神様は25日。
帰省したら、ます最初に天神さまの掛け軸を飾ります。

Commented by 小父さん 1 at 2014-12-15 16:34 x
朝風呂いいですね。
と言っても私はたいがい寝ていますが、会社の旅行でも山の帰りでもいつも早朝に起きあがることが出来ません(笑)
ここには大声で話す観光客は居なかったんですね!

毛利 空桑(もうり くうそう)という儒学者のことはじめて知りました。
へ~っ、ティラピアにグッピーが生息しているという金鱗湖のことも知りませんでした。
お~っ、これは写真家の溜まり場でしょう。
不思議な現象です。

亀の井別荘も知りませんが、心がなごみますね。
やはり日本人である証拠でしょう。

和食のバイキングの次は湯布院駅前駐車ですか!
段取りがすばらしい。
して、辻馬車をアキナス社のクラッシックカーに替えての散策ですか。
私も湯布院に行くことがあったら予備知識がバッチリできました(笑)
Commented by 小父さん 2 at 2014-12-15 16:36 x
曹洞宗の禅寺にキリシタンの墓とは、興味深い歴史が眠っていそうです。

>従者に命じて湖の水を無くし、盆地にしたと言われているとか・・・

ここにも伝説が・・・。
いやー、神社が出来るくらいだから地元への貢献も大きかったのでしょうね。
お~、ここのご神木の切り株は幹周りは9メートルかな?(笑)

そして太宰府天満宮でしたか!
ここは何回も行きました、庭みたいなものです(笑)
うわっ、もう次回まで決まっているんですか!すばらしいです。
下↓のレス
ご長男、「蒼き草原より未来へ-地球にやさしいジャンボリー」に参加されたんですね。
私の息子が中2だったか、柔道で集会や訓練に欠席ばかりしていたので「皆に迷惑かけている」
と私が辞めさせてしまったものです。
家内はビーバー隊長をやっていたので知り合いといっしょに見学に行き皇太子殿下のそばにも行けたとか。
息子が久住高原に行っていないのを一番悔しがったのは私でした(笑)
Commented by nobukoueda at 2014-12-16 14:17
高校の友人と旅行とはいいものですね、私は子どもが生まれるまえに夫婦で九州車で一周したことあり、湯布院は懐かしいです。
朝1番は思わない風景に出会えていいものですよね。とても素敵な旅行記で又、いってみたいなぁーと。
Commented by tawrajyennu at 2014-12-17 11:23
★Neko★さん
こんにちは!
やはり早起きはするものだと思いました。
こういう素晴らしい景色は、心洗われますね。

このクラッシックカーのバスがそんなに貴重な
ものとは知らずに乗りました。
タクシーの運転手さんたちが交代で運転・ガイドしてるそうです。
Commented by tawrajyennu at 2014-12-17 11:49
★小父さん
こんにちは!
温泉旅館に泊まる醍醐味は、朝風呂かもしれませんね。
私も普段は早起きが苦手なほうですが、旅に出ると
案外早起きしてしまいます。
はい、ここは静かで良かったですよ。

毛利 空桑(もうり くうそう)のことは、私も初めてしりました。
旅に出るとこうした謂れとか歴史に触れることが出来て良いですよね。
ティラピアやグッピーはきっと飼っていた人が
飼いきれなくて、放したのかも。

亀の井別荘は、憧れの旅館・御三家の1つといわれていますね。
どの旅館も1泊3~4万円するとか・・・
庶民には手がでません(苦笑)

旅館の朝食が8~9時、辻馬車の予約が当日のみで8時半からとなっていて、午前中は既にいっぱいでした。
でも、クラッシックカーのバスも良かったですよ。
Commented by saitamanikki2008 at 2014-12-17 12:07
こんにちは。
朝食前に金鱗湖に行き、朝霧が見えて幻想的ですね。
以前 私どもが行った時は、湖面に立ちこめる霧を期待してましたが見られませんでした。
広い敷地の亀の井別荘も立ち寄りました。
懐かしいです。
宇奈岐日女神社 大杉の切り株 大きいですネ !!
こうして拝見すると、切り株と言っても見事です。
Commented by tawrajyennu at 2014-12-18 12:02
★小父さん
こんにちは!続きです。

興禅院・・・・慶長年間の地震によって伽藍がことごとく崩壊したのを再興したのが
このあたりの領主・細川忠興だとか・・・
この人の奥さんが細川ガラシャでキリシタンでしたね。
ここにキリスト教会が建てられたというのも
そんなことが関係しているのでしょうか・・・
(私の想像ですけど・・・)

九州はあちこちに伝説・神話がありとても
興味深い土地ですね。
ご神木の幹周り・・・9メートルでした。
90メートルもあったら大変なことですよね~
失礼いたしました。

大宰府はお庭みたいなものでしたか・・・
私も今回2回目でした。

そうなんですよ~「蒼き草原より未来へ-地球にやさしいジャンボリー」に参加してました。
我が家もこの後2年ほどして辞めました。
弟は、確か東北のほうに行ったんじゃなかったかな・・・
クラブ活動とかしてると、なかなか続けるのが大変ですね。
Commented by tawrajyennu at 2014-12-18 12:47
★nobukoさん
こんにちは!
今年で5回目となる旅行でした。
久しぶりに会ってもすぐにあの頃に戻れる
というのが良いですよね。

nobukoさんにとって、九州は思い出深い地なのですね。

素敵な風景に思わず会えると、あ~早起きしてよかったなと思います。
Commented by tawrajyennu at 2014-12-18 12:50
★saitamanikkiさん
こんにちは!
saitamanikkiさんも金鱗湖には行ったことがおありなんですね。
朝霧は天候や気温に左右されますから
見られたというのは、運がよかったかな・・・
あ~亀の井別荘にも寄られたんですか?
泊まることはなかなか出来ませんが、お庭を
散策するだけでも良いですよね。

切り株の幹周り・・・90ではなく9メートルの
間違いでした。
それでも大きいですよね。
Commented by pinky at 2014-12-18 23:54 x
タワラジェンヌさん、こんばんは!

もう何度も読み返してしまいました。
懐かしい場所、行ったことのない場所様々ですが
ご一緒させて頂いている気分になれるタワラジェンヌさんの旅行記はとっても楽しいです。

金鱗湖の幻想的な風景は、三文以上の御徳ですね。
亀の井別荘はわたくしたちも外からの見学でした。^^

水に囲まれた宇奈岐日女神社も、興味津々です。
台風で倒れたご神木の切り株が屋根を付けられ今も大切に展示されているのにも吃驚いたしました。
まさに、気心の知れたお友達との旅はパワーチャージの旅ですね。
さてさて、タワラジェンヌさんだけ続くお楽しみとは・・・
ひょっとして、ひょっとして、あの方との再会でしょうか。
ワクワクしてきました♪♪♪
Commented by tawrajyennu at 2014-12-20 10:35
★pinkyさん
こんにちは!
昨日・今日と少し寒さが和らいでいるようです。
そちらは如何ですか?

旅行記・・・楽しんで読んでくださっていて、嬉しいです。
どうしたら、その場所の良さを伝えられるかと
いつも考えながら書いているので、そう言ってくださるのが一番励みになります。

金鱗湖に亀の井別荘・・・pinlyさんも行かれたのですね。
せっかく行っても朝霧が見られなかったという方も
いらっしゃるので、ラッキーでした。

宇奈岐日女神社も興禅院も湯布院の中心地から
離れているせいか、とても静かで良かったですし
歴史的にも興味深いところでした。

うふふ・・・さて、お楽しみはご想像どおりかな。
by tawrajyennu | 2014-12-13 11:20 | おでかけ | Comments(12)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31