お楽しみの続き

さて、東京組と別れた私は、3年半ぶりに大学時代の友人に会いに
空港から地下鉄で天神駅まで行きました。

旅行中和食が多かっただろうからと、美味しい飲茶のお店を予約しておいてくれました。
飲茶のお店といっても、とってもおしゃれな作りで、ガラスを嵌めた仕切りを
挟んでバーコーナーがありました。

飲茶のお店と聞いて、台湾で入った飲茶のお店を想像していたのですが
まったく違っていてびっくり!!
出てきたお料理もおしゃれでした。
写真を撮る雰囲気ではなかったので、画像なしですし
お店の名前も覚えていないのが残念ですが・・・・
また行ってみたいと思わせてくれるお店でした。

お互い3年間の間に色々な変化があり、話は付きません。
あっという間に時間が経ってしまい、またの再会を約束して別れました。

翌日は、あの方・・・そうハイジさんとも3年ぶりにお会いしました。
福岡に行くので会いましょう!となった時、冗談とも本気とも付かぬ感じで
『お天気なら山歩きもいいかもね』と言っていたら
本当に計画してくれていたようでしたが、この日は生憎雨予報・・・
で、予報どおり雨でした。

それならば、美味しい玄界灘のお魚を使ったお寿司を食べましょうと
連れて行ったくれたのが、『やま中 本店』



c0149408_15271827.jpg



コンクリート打ちっぱなしのガラス張りのお店は、
世界的な建築家・磯崎新氏の設計でとてもお寿司屋さんとは思えない作りでした。
建築界には疎い私なので、氏のことは初めて知ったのですが、驚いたことに
私の住んでいるお隣の奈良市にある『なら100年会館』の設計も
磯崎氏がしていて驚きました。
そういえば、100年会館も斬新なデザインだったなあ・・・・
(京都コンサートホールもだとか)

お店の中に入ると、まず大きな1枚板のカウンターに目を奪われます。
板さんたちのいる中の壁はべんがらを思わせるような赤い壁
天井には、和紙で出来ていると思われる雲をモチーフにしたような照明が・・・・
お店の外観だけでなく、お店の中もあっと思わせるような空間でした。

美味しいお寿司に舌鼓を打ちながら、話に花が咲きました。
帰りは担当の板さんが、ちゃんとお見送りしてくれますよ。
(こちらも残念ながらお店の中での写真は無しです)

お腹が満たされた後は、しばしドライブ・・・・
行った先は、福岡県飯塚市にある『伊藤傳衛門邸』

ここは、○HKの朝ドラ『アンと花子』に出てきた嘉納伝助の
モデルになったと言われている伊藤傳右衛門と葉山連子のモデルとなった
歌人・柳原白蓮が暮らした邸宅。
こちら、長屋門は福岡市天神町にあった別邸から移築したもの。
c0149408_15275727.jpg



50歳にして、25歳の若き花嫁を迎えることになった伝右衛門が、
日本建築の粋を集めて改築したものだそうです。

入ってすぐのところにあるのが応接間。




c0149408_15272555.jpg



奥に見えるのはアールヌーボー様式の暖炉。
入り口にはイギリス製のステンドグラスが・・・・




c0149408_15272857.jpg



畳一畳を横に敷き詰めた廊下を行くと、書斎がありました。
書斎の壁は絹の帯を解いた繊維を塗りこんだ珍しい布壁
そして、金粉をちりばめた板戸には阿部春峰が描いたという四季の草花が・・・



c0149408_15273727.jpg



書斎のシャンデリアも素敵でしたよ。




c0149408_15273547.jpg



とにかく、京都からわざわざ宮大工を呼んで技を尽くさせたという細やかな美の技法
様々な芸術的技法を取り入れた当時先進的だった建築技術や、
繊細で優美な装飾を随所に見ることができました。
2回は白蓮の居室だったそうですが、そこは、日本庭園が一望出来るようになっていました。

また居室にある床の間の天井は、竹を小さく割り、それを伊藤家の家紋を
象ったように、貼ってあります。
これでは、何の写真が良くわかりませんよね?!




c0149408_13184187.jpg



↓なら分かるでしょうか?




c0149408_15352331.jpg


さて、この屋敷の蔵には、炭鉱夫だった山本作兵衛が、
明治・大正といった手掘りの時代から、機械化が進み始めた昭和の初期までの、
主として中小のヤマの炭坑労働者やそこに働く人々の風俗・生活の様子を
描いたもののうち、伊藤伝右衛門邸のある飯塚市が所有しているものが展示されていました。

ここに展示されているものも含め、山本作兵衛が描いたものは
日本初の世界記憶遺産として2011年に登録されたそうです。

単に記録としてだけでなく、当時の風俗や生活の様子がよく分かりました。
世界記憶遺産というものがあること自体、初めて知りまして・・・・
自然遺産とか、文化遺産はよく知られていますが、記憶遺産というのも
あったんですね。勉強になりました。

さて、ゆっくり見学した後は、一路博多へ・・・
駅前に着いたころは、もう暮れなずんでいました。
又の再会を約束してハイジさんとはお別れし、私も新幹線で帰阪に・・・

長い旅行記もこれでお終いです。





さて、白蓮の居室の床の間の天井の写真ですが・・・・
普通にカメラを構えていては、天井しか撮れず、
何の写真かわかりません。

で、頑張ってこんな姿勢で撮ったんですよ。



c0149408_15352717.jpg



c0149408_13243324.jpg


2人してこんな姿勢で写真を撮っているものですから
周りに方に、『いったい何があるんですか?』と質問される始末。
こうまでして、写真撮るか!!と2人で大笑いでした。

ハイジさん、せっかく久しぶりにブログに登場したのに、
こんな写真、出してごめんなさ~い。

[PR]
Commented by 小父さん  1 at 2014-12-20 22:27 x
こんばんは
九州旅行、とことん楽しまれていますね。

空港から天神町までの地下鉄だとは。
私はこれに乗ったことがないです、とっても便利ですね。
ここにも大学時代のお友達がおられるんですか。
いいですね~。
天神町も庭みたいなものです、ここですべての買い物が出来ました(笑)

うわっハイジさんと山歩きのプランもあったんですか!
福岡の六甲山クラスの山歩きはよくやりましたよ。

また「やま中」の寿司は美味しそうですね。
何せ博多のものは新鮮な気がします。
磯崎新氏もコンクリート打ちっぱなしのものをやるのか!
氏は黒川紀章氏とともに代々木第一体育館や東京都庁舎を設計した丹下健三氏の門下生です。

Commented by 小父さん  2 at 2014-12-20 22:47 x
>お店の中に入ると、まず大きな1枚板のカウンターに目を奪われます。

写真で観ましたがこれ、面白い空間ですね。

旧伊藤伝右衛門邸ってウィキペディアに写真までありますね。
ハイジさんはよくご存知ですね。

いやいや、すごい!私の目からは、これは御殿です。

山本作兵衛の絵はNHKの日曜美術館で見ましたね。
それがまた世界記憶遺産までになったとは描いた本人が一番驚きそうな作品ですね。
でも子供や後世の人たちには石炭という産業がわかりやすく記録されていますね。

お~写真家がお二人!黒い服がハイジさんかな?お元気そうで何よりです。

いやー、楽しそうで美味しそうで郷愁を誘う旅行記がゆっくり楽しめてありがとうございました。

Commented by tawrajyennu at 2014-12-22 08:58
★小父さん
おはようございます。
ちょっと盛りだくさんかなと思いましたが、東京からだと
ちょっちゅう来れるわけではないので、あれもこれもと
なってしまいました。

空港から天神を通る地下鉄は、小父さんが
いらした頃は
なかったんですね。
博多から空港まで6分くらいで行けるというのは便利だし、
中心地の天神までも8分くらいでした。
ほぉ~天神は小父さんの庭だったんですか?
すべての買い物が一箇所で済むというのは便利ですよね。
友達も博多がこんなに都会だとは思わなかったと言ってました。

そうなんですよ~お天気なら久しぶりに山歩きでも・・なんて話も出ていました。
小父さんは若い頃から山歩きをよくされていたんですね。

玄界灘が近いからお魚類は新鮮でしょうね。
お寿司、美味しかったですよ。
あ~建築界に疎くでも黒川紀章氏とか丹下健三氏は知っています。
門下生だったんですね。
磯崎氏のコンクリート打ちっぱなしというのは珍しかったんでしょうか?
Commented by tawrajyennu at 2014-12-22 09:04
★小父さん
続きです。

店内に入ると、ものすごく明るい空間が広がっていました。
弁柄色の壁といい、雲のような繋がった証明といい
斬新ですよね。

伊藤伝右衛門邸は和洋折衷の粋を集めた素晴らしい建築でした。
白蓮のためにここまで改築したんですよね。
TVではあまりいいふうに描かれていませんでしたけど、
実際はそうでもなかったようです。
って、地元ガイドさんだから身びいきもあったかな(笑)

山本作兵衛の絵は日曜美術館で放送されたんですね。
確かに・・・作兵衛さんお墓の中で驚いていることでしょうね。

そうです、そうです。黒い服のほうがハイジさんです。
この通り、とてもお元気でしたよ。
今は猫の海くんのママとして親ばかになっているそうです。
Commented by Neko★ at 2014-12-22 19:37 x
ハイジさんとふたり、すごい頑張っての撮影でしたね(笑)
スイス、日本と凄いですね~♪
なんだか羨ましいです。
Commented by tawrajyennu at 2014-12-23 08:05
★Neko★さん
おはようございます。

こんなにまでして写真を撮る自分たちに
可笑しくて・・・
周りの方たちはあきれていたかもしれませんね。
Commented by ハイジ at 2015-01-06 23:03 x
明けましておめでとうございます。
クリスマス頃、この記事を読んで、お正月にコメントしよう♪
と思ってたのに、ナントその後にいっぱいアップされてる!!!
失礼しました!遅くなりましたが、久しぶりのコメントです。
楽しい1日でした♪♪♪あっと言う間に時間が過ぎ、できればあの後、博多の屋台で一杯!なんて、したかったです!
伊藤伝右衛門邸は、花子とアン効果で、去年の来場者は、過去最高だったそうです。でんぐり返った、すてきな写真!ありがとうございます。
Commented by tawrajyennu at 2015-01-07 09:57
★ハイジさん
おはようございます。
コメント欄にハイジさんのお名前を見つけて
とても嬉しかったです。

では、改めて明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
楽しかったですね~時間が足りないくらいでした。
そうそう、私もご一緒に一杯やりたかったです。
今年もたぶん行くと思うので、その時は是非!!

伊藤伝右衛門邸の入場者、過去最高でしたか?
それにちょっと、貢献できたってことですね。
by tawrajyennu | 2014-12-20 13:55 | おでかけ | Comments(8)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30