東寺縁日・弘法さん

21日の日曜日、京都・「東寺縁日 弘法さん」へ行ってきた。
近鉄・東寺駅で、大阪から来る友達と待ち合わせ。
前日雨だったので、お天気を心配したが、青空が一杯広がり
縁日を歩くのに、ぴったりのお日和だった。

こちら、電車の中からもよく見える東寺の塔

c0149408_08574513.jpg

こちらは、東寺南大門、もう既に沢山の人々が集まってきていた。

c0149408_08575121.jpg

東寺は、唯一残る平安京の遺構。創建からおよそ1200年経っているそうな。
当時の嵯峨天皇より弘法大師空海に下賜されたお寺で
1994年に世界遺産として登録されている。

もともと縁日とは、神仏がこの世と縁を持つ日のことで
この日に参拝すると大きな功徳があるとされているとか・・・・
東寺では、空海入寂の3月21日を期して、毎月21日に御影堂にて
行われる御影供のことを指し、当初年1回だったものが1239年以降
毎月21日に行われるようになったという。
この時に、「一服一銭」と言われるごく簡単な屋台でお茶を商う商人(茶店の前進)が
出てくるようになり、江戸時代には、植木屋だの、薬やだのがでてくるようになったという。
これが現在の弘法市の起源になったとか。

以前百万遍の手作り市というのに行ったことがあるが
そこが一般の人も出店できるのと違って、ここはみんな業者さんが
お店を出しているのが特徴だ。
出ているお店も、百万遍の手作り市には、ジャムやクッキー、ケーキなど
のお店もあるが、ここにはそうした店はない。
朝5時ごろから開店していて、露店の数は1200~1300もあり
毎月20万人もの人たちが来るというから驚く。
今では、昔でいう「縁日」を目的に来る人は少ないそう。

こちら、骨董を扱っている露店
店主の方は気さくな方で色々と説明してくれたけど高くて手が出ない。

c0149408_08580930.jpg

こちら↓は、↑とは違って、失礼だがガラクタに近い。

c0149408_08581464.jpg

よく見ていると、田舎の家にあるようなお皿や器も置いてある。
何しろ田舎の家は150年ほど経っているから、そんなものがあってもおかしくない。
が、普段使いのものばかりで、値の張るものがないのが残念(笑)

こちらはアンティークの着物を扱っている露店
安いものは1枚1000円からあった。

c0149408_08580557.jpg

手作りの竹細工の露店も・・・かわいらしい虫たちがたくさん

c0149408_08580130.jpg

気が付くと、2時間ほど観て回っていた。
人が多いし、露店もたくさんなので、すべてを見て回ることはできないが
こうしたものを見て回るのは楽しいし、面白い。
そして、店主さんと色々話をするのも楽しみの1つかもしれない。
今度はまた違う市にも行ってみたいものだ。

お昼を食べた後は、もう一つの目的地へ・・・・
それは次回のお楽しみということで。

[PR]
Commented by N-styel at 2016-02-23 09:58
おはようございます!( ´ ▽ ` )ノ
いいですね〜♫東寺、こんな感じでお楽しみも出来るのですね〜♫私も行きたかったなァ〜〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
京都の骨董屋さんは、いくつか見せていただきましたが、本当に美術館のようで、拝見させていただくだけでも手が震えます!
露天に並んでいても高価なモノですと、ドキドキしちゃいますね〜( *´艸`)
私は普段使いなので、そんなに高価なモノは手が出せませんが、それでも時代をくぐり抜けて来た運の良さが器に宿っているようで、嬉しく思えます!
素敵な散策でしたね〜♡(*˘︶˘*).。.:*♡
Commented by love-t_k at 2016-02-23 10:31
縁日、近頃とんと縁が無いです
楽しいんですよね(^o^)
時間が経つのをつい忘れて見入ってしまうから
次回のも楽しみ!
Commented by pikorin77jp at 2016-02-23 11:58
一度行ってみたいと思っています、東寺の縁日。
半日ゆくり見てまわりたいもので 欲しいものきっといっぱいだと思います。
先日は写真のクリック禁止の方法おしえてくださってありがとうございます。自分ではなかなかうまくできなかったのですが  今はエキサイト側が クリックできないように設定されたんだと思います。
どなたの方の画像も右クリックしても なにも出てこないようになっているような気がします。
Commented by ree at 2016-02-24 04:50 x
アンティーク着物っていいですね~。
お天気も良かったみたいですし、気温も結構上がったんですか?
来月娘だけ連れて帰国するので気温チェックをしているんですが、最低気温がまだまだマイナスなのにビビってます(笑)。
Commented by tawrajyennu at 2016-02-25 08:43
★Nao☆さん
おはようございます。
今日は寒いですね~久しぶりに朝の気温マイナスでしたよぉ~

東寺の弘法市、今回2回目でした。
以前、行ったのはもう10年近くまえでしょうか・・・
今回は外国の方が多くいらしてました。
私も骨董は大好きで、よく骨董市などに行きますが、
骨董は難しいですね~
でも、高いものでなくても自分が気に入ったものであればいいのだと思っています。
店主の方と色々お話するのも楽しくて・・・
私も古いものとはいえ、普段にどんどん使っています。
Nao☆さんも同じなんですね~
器も使ってこそと思っています。
Commented by tawrajyennu at 2016-02-25 08:45
★love-t_kさん
おはようございます。

縁日というと、ついお祭りを思い浮かべてしまいますが、
神仏がこの世と縁を結ぶ日だったんですね。
こうした市は観て回るだけでも楽しいですし
店主の方たちとお話するのも良いですよね。
Commented by tawrajyennu at 2016-02-25 08:49
★ぴこさん
おはようございます。

東寺・弘法市に行ったのは2回目です。
以前より、お店の数も増えていましたし、
たくさん外国の方がいらしてましたよ。
こうした市は、観て回るだけでも楽しいですね。

>先日は写真のクリック禁止の方法おしえてくださってありがとうございます。

いえいえ、どういたしまして。
エキサイト側がクリックできないような設定にはしていないと思いますよ。
私のブロ友のところは、右クリック出来ますから。
きっと上手くいかないと思っていたのが、ちゃんと設定できていたのではないかしら?
Commented by tawrajyennu at 2016-02-25 08:52
★reeさん
おはようございます。

最近、若い方がこうしたアンティークの着物に興味を持っているようです。
この日も若い方が着物を着ているのを見ましたよ。
今の着物には無い柄とかがあって、良いですよね。
この日は、ほとんど雲のないお天気で、暖かかったです。

来月娘さんと帰国なさるんですか?
今朝もこちら(奈良)はマイナス気温でしたよ。
でも、きっとreeさんが帰国されるころには、暖かくなってきているんじゃないかしら?
楽しみですね!!
Commented by ikako-27 at 2016-02-25 11:01
手作り市や弘法さんの市、大好きです。
最近しばらくご無沙汰でした。
しばらく振りに行ってみたいな~と思っていたところでした。
昔、柿渋染めをしていたころは面白いものを探しに行きました。
型染め用に柄を彫った古い渋紙や麻布や麻糸など、見て楽しいものが色々ありました。
アメリカから柿渋染めを習いに来日していた方は弘法市が大好きで
面白いものを上手にたくさん見つけて来ましたよ。
人出が多いですね。
来月は休日と重なるのでまたまた大賑わいになりそうですね。
Commented by misa at 2016-02-25 21:52 x
東寺 縁日 弘法さん~毎月21日ですよね。
私も何度か足を運びましたよ~ 露店が沢山で、出品されているのを見て回るのって楽しいですよね。
以前、包丁裁きの切れ味を見ていて、ついつい買ってしまったりとか、植木も買って運んでもらったことも・・・
暮れの終い弘法や初弘法さんにも出向いたことが。
ここしばらく行けてないので、又行ってみたくなりましたね。骨董市も好きでよく行きました。
Commented by tawrajyennu at 2016-02-26 08:56
★ikakoさん
おはようございます。

ikakoさんも手作り市や骨董市、お好きなんですね。
お仲間がいて嬉しいです。
私も京都の骨董市にはたまに行くんですよ。
海外でもアンティーク市があると、必ず覗きます。
観ているだけでも楽しいですよね。

あ~ありました、ありました。型染めの型。
柿渋染めの端切れも買ったことがありますよ。
思いかげないものに出遭うのも骨董市ならではですね。
そうそう、先日も日曜と重なったのですごい人出でした。
Commented by tawrajyennu at 2016-02-26 08:59
★misaさん
おはようございます。

misaさんも東寺の市には何度も行かれているのですね。
ここは手作りのものは少ないですけど、沢山の露店があって
観ているだけでも楽しいですよね。
終い弘法とか初弘法はものすごい人出だと聞いたことがあります。

私も骨董は大好きで、京都大骨董祭とか何度も行きました。
海外でもアンティークのマーケットがあると
必ず覗いていましたよ。
そんな時、思わぬ出会いがあったりすると嬉しくなります。
Commented by 小父さん at 2016-02-28 13:50 x
ちょっと出掛けますのでもう一度訪問したく思っています。

特に高校時代興味がなくなっていた歴史にまつわる話が最近面白く感じます。
Commented by pinky at 2016-02-28 23:12 x
タワラジェンヌさん こんばんは!

東寺の弘法さん、名前はよく知っておりますが
行ったことはありません。
とても面白そうです。
弘法さんの日といえば月に一度祖母がご詠歌の練習に行く日だったので
弘法さん=祖母の思い出 になっています。
京都のこうした市は目の肥えた人が多いので
適正な値段がついているので中々掘り出し物に出会えないと聞いています。
それでも冷やかして歩くだけでも楽しそうです。

Commented by tawrajyennu at 2016-02-29 09:09
★小父さん
お出かけだったのですね。
また、お時間のある時にいらして下さいませ。

私もこうして、歴史の一端に触れると、自分の国の歴史くらい、少しは知っておかないとと
思ったところです(苦笑)
Commented by tawrajyennu at 2016-02-29 09:17
★pinkyさん
おはようございます。

東寺の弘法さん、日にちが21日と決まっているので
なかなかその日に合わせてこないと行くチャンスがないですね。
たくさんの露店が出ていて、特に買うわけでなくても、面白いです。
あっという間に、時間が過ぎてしまいました。

記事にも書いてますが、知恩寺の手作り市も
こことは、雰囲気が違いますが、楽しいですよ。
こちらも毎月15日と決まっています。

弘法さんの日は、お母さまが御詠歌を練習しに
行かれる日だったのですね。

骨董は、素人にはなかなかわかりませんね。
色々教えてくださる店主さんもいらっしゃいますが、
中には分かっている人だけが買ってくれれば良いという態度丸出しの方もいらっしゃいます(苦笑)
良いもの、そうじゃないものではなく、自分が気に入れば、それでいいのでは?と思います。

次回、京都に来られる時とこうした市の日が
重なった時は是非、いらしてみて下さい。
Commented by 小父さん at 2016-02-29 14:03 x
こんにちは

東寺のリンク先には女優さんまで配して、世はまさにネット時代なんですね!

>もともと縁日とは、神仏がこの世と縁を持つ日のことで

そういうことだったんですか、全く知りませんでしたね・
しかも1239年から開かれているとは驚異的ですね。

高野山を開いた空海は東寺も持っていたんですか!
なんだか開祖はキリストにも似ているような(笑)

百万遍の手作り市に行くと、よくフリーマーケットですね!
ほんと、お寺さんもあの手この手で人集めしているんですね。

朝5時ごろから開店して・・・毎月20万人もの人が集まるとは!
いやいや、近所のお寺や神社とは桁違いです!

アンティークの着物から、手作りの竹細工まであるとは・・・
これは売れるから店も集まるんでしょうが、東寺も場所代をちゃっかり稼いでおられるんでしょうね。

高くて手が出ないのもガラクタ市も共存しているのは面白いです。


Commented by tawrajyennu at 2016-03-01 11:56
★小父さん
こんにちは♪

そうですね~弘法市のレポーターに女優さんが
使われていましたね。
でも、この日はお見かけしなかったと思います。

私も縁日の意味を今回初めて知りました。
今から800年以上も前からだなんて驚きですよね。
東寺が国立の寺院だったというのも初めて知った次第・・・
はぁ~歴史を知らなさ過ぎると反省しきりです。

百万遍の手作り市は、そうそうフリマですね。
お菓子からアクセサリー、色々な手作り品が沢山ありますね。
弘法市は、京野菜のお店、山椒ちりめんのお店、食べ物やさんと色々な露店がありました。
だいぶ、雰囲気が違いましたよ。
そうだ、四天王寺さんもやってますね。
皆さん、本業以外でももうけているのでしょう。
by tawrajyennu | 2016-02-23 09:48 | おでかけ | Comments(18)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30