やっと日の目を見たお雛様

毎年、出そう出そうと思いながら出せないでいた私のお雛様。
息子しかいないものだから、ず~っと押入れの天袋にしまいっぱなしだった。

で、今年こそと思いながら、気がつけばもう3月。
今日出さないと、また出せないまま過ぎてしまう・・・
ということで、やっと日の目を見た。

私が子どもの頃に飾っていたお雛様は、いわゆる団地用というのか
ガラスケースに入った五段飾りのもので
これは、いつのまにか、無くなってしまった。
つい、先日行った東寺の弘法市で同じようなものを見てとても懐かしかった。

今、持っているのは、亡くなった母の従妹が木目込みで作ってくれたもの。
お内裏様とお雛様の2人だけ。


c0149408_11004528.jpg

c0149408_11005035.jpg

後ろに金屏風があったはずなのに、どうしても見つからない。
いったい、どこへ行ってしまったのか・・・・
慌てると、余計にみつからないので、今年は屏風なし。
来年までには見つけよう。
そして、これからは、毎年飾るからとお内裏様とお雛様に約束した(笑)

そんなこんなで押入れの天袋をごそごそと探していると
懐かしいものが出てきた。
これも、多分23年前に母が亡くなった時に、貰い受けてきたものの
押入れに入れたままになっていて、日の目を見ていなかったものだ。
何かというと、私がまだ小学校低学年の頃から、母が趣味で習っていた
鎌倉彫りの作品である。
1枚目の写真は、長手盆。2枚目の写真は丸盆
共に菊の絵柄が彫られている。

c0149408_11005505.jpg
c0149408_11010905.jpg

こちらは、花台。これも菊の花だろうか・・・・
きっとシリーズで揃えていたのだろう。

c0149408_11011345.jpg

こちらは文箱。彫られているのは、手まりだろうか。
蓋を開けると、色々なものが入っていた。

c0149408_11011653.jpg
c0149408_11012129.jpg

まず、名刺入れのような小箱。これは桃だろうか?
先の作品と、色合いが少し違う。

c0149408_11012575.jpg

こちらの螺鈿細工の小箱には、母の腕時計と墨絵を習っていた時に
使っていたと思われる篆刻印が4つ入っていた。

c0149408_11022149.jpg
c0149408_11023646.jpg

そうそう、写真はないが、ビデオテープも2つあった。
それは、父のデコパージュの展示会と私と父の二人展のビデオだった。
こんなことも父としていたなあと懐かしかった。

お内裏さまとお雛様を飾ろうと思ったことで、思いがけず母の形見も
日の目をみることとなり、胸が一杯になった。
しまいこんでばかりいないで、使ってみようかとも思うけど
勿体無くて、使えそうにない。

自宅には似合わないから、田舎の家にでも飾っておこうかなどと考えている。

[PR]
Commented by pikorin77jp at 2016-03-01 11:46
なんと 素敵なものがでてきましたね。
鎌倉彫のお母さまの形見、、、お母様の意思を感じます。
素敵なものばかり。田舎といわず いつも身近において
使ったり 眺めたりされることが 一番いいのではないかと、、
Commented by love-t_k at 2016-03-01 16:13
偶然の発見!
お雛様が使って~~って言ってたのかも?
Commented by K4251107 at 2016-03-01 21:29
にしけいです!
鎌倉彫り 好きなんです!
テレビで見て知って 鎌倉に行ったときみつけて 
ひかれました!
でも とても高価で眺めるだけで済んでしまったのですが
こんなにいくつもあるなんてうらやましいです~
大切に使ってくださいね。
Commented by ree at 2016-03-02 00:54 x
普通のコメントを書いてるんですが、禁止ワードに引っかかって投稿出来ません(涙)。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-02 08:59
★ぴこさん
おはようございます。

はい、引越しの時に押入れにいれ、すっかり忘れておりました。
母の形見なのに、申し訳なかったなあと反省!!
そうですね~全部田舎に置かずにこちらにも置いておくことにします。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-02 09:01
★love-t_kさん
おはようございます。

もし、今年もお雛様を飾らなかったら・・・・
文箱以外は、まだ発見してなかったかも。
文箱はずっと飾ってあったのですが、中をあまりよく見ていなかったんです。
まさか母の時計や篆刻印がはいっているなんてね。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-02 09:03
★にしけいさん
おはようございます。

鎌倉彫り、お好きなんですか?
そんなに高価なものだなんて、知りませんでした。
母は自分で彫刻刀で彫り、塗りに出してました。
そうですね~仕舞っておかないで大切に使うことにします。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-02 09:04
★reeさん
おはようございます。

え~禁止ワードに引っかかったんですか?
何も禁止ワードの設定はしていないんですけどね。
以前にも1回あったことがありました。
ごめんなさいね。懲りずにまたコメントいただけると嬉しいです。
Commented by tae at 2016-03-02 15:53 x
こんにちわ~。こんな素敵な物が天袋に長い間入っていたなんて、皆さんがおっしゃるとおり使わないともったいないですよ~。小箱の中にはご両親様の指輪ですよね、ホント、一つ一つ見てたら涙が出そうな位、大切な、大切なものですね。お雛様も素敵。明日は3月3日、あられが降ったりと(ひなあられ?笑)寒い日が続いてましたが、暖かくなりそうですね。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-03 08:45
★taeさん
おはようございます。

そうですよね~勿体無いですよね。
文箱は部屋に置いていたので、存在を忘れたことは
なかったのですが、後のものは、今年お雛様を
飾らなかったら、まだ忘れたままになっていたかもしれません。
いい加減に思い出してと母に叱られそう(笑)
これからは、時々飾って眺めることにします。

ほんと、あられ降りましたね!
お雛さまもやっと日の目を見られて、満足してくれたかな。。。
Commented by saitamanikki2008 at 2016-03-03 09:27
こんにちは。
暖かい日差しが降りそそぐようになった春の節句に
思い出の深い品々を拝見させて頂き、
何だか こちらまで心が温かくなりました。
品々にまつわるそれぞれの記憶や思い出
ふり返られる人生の思い出は、ある意味 宝物ですよネ。
我が家は、今年 雛様を出せませんでした。
tawrajyennuさん 色々のお宝と再会できて良かったですネ !! 
Commented by nobukoueda at 2016-03-03 10:14
これは立派なお雛様ですね。
もう本当に段飾り入りませんが、やはり子供は男の子だけでも自分のためにもこの時期ちょっとなにか飾りたくなりますよね。そうするといろいろなことも思い出されます。
豊かな子供時代があってからこそ今の自分があるのだろうと感謝です。

 こちらの鎌倉彫も年月も経ってか重厚感もまして本当に素敵です。
 私も先日帰ったときに母の洋服を一つ持ってきました。もうそれをきられる年齢になったこともふと、かんがえましたが。みのまわりになにか思い出の品があることはそばにいるようでうれしいものですね。
 大切にしてくださいね。私もできる限りお雛様は出すようにしています。
 よいひな祭りをお過ごしくださいな。
Commented by N-styel at 2016-03-03 10:43
お雛様が引き寄せて下さったご縁ですね〜〜♡
お母様もお喜びになっていらっしゃいますね〜〜(*˘︶˘*).。.:*♡
私のお雛様もガラスケースに入ったモノです。ケースやお道具類は実家に置いたまま…母が嫁ぐ私にお人形一式を持たせてくれました。
今日はひな祭りですから、ゆっくりと昔を懐かしみながら過ごしたいと思います。
金屏風、きっとすぐに見つかると思いますよん♫
あのね、( *´艸`)ちょっと笑われてしまうかもしれませんが…探し物をする時に「ニンニク、ニンニク、ニンニク…」と呪文のように唱えてみて下さい。そうすると探し物がひょっこり見つかったりしますから〜〜!不思議なんですけど…(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪
どうも、物を隠そうとする魔女かな?居るらしくて、ニンニクが嫌いだから、こりゃ堪らん!と逃げ出して、探し物が見つかるそうです。
我が家の場合は、結構、効果抜群です!( *´艸`)
Commented by 小父さん at 2016-03-03 21:26 x
こんばんは
素敵な雛人形ですね!
木目込人形(きめこみにんぎょう)とやら初耳なのでwikiで調べてみました。
読んだ後は写真もまた違った角度から見れるようです!

顔がとってもいいです。
それに羽織袴と着物、和装の良さを再認識します。

鎌倉彫りも素敵ですね!
これ、確か長兄の嫁の両親のどちらかがやっていて記憶にあります。
最初にちらりと写真を見た時「あるいは?」と思ったんですがやはりそうだったんですね。

いろんなものが出てくるのが羨ましいですね。
福岡の実家には多少残っているのかな?
我が家にはわずかな写真以外何もないので素敵だなと思います。

いやー、タワラジェンヌさんちは、今のお住まいにも田舎にもいくらでも置いておくところがあっていいですね。
我が家は狭いので片っ端から捨てますし、
マイカーに乗せて焼却場へも10回は持ち込みました(笑)

篆刻印はすばらしい。
最近こんなものを見たのは書家の知人が人前で書をしたためおもむろに
袖?の中から刻印を出した時くらいです!(笑)

そういう意味では伝統の雛飾りを引っ張りだすのはいい機会でしたね。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-04 21:22
★saitamanikkiさん
こんばんは♪

今日も暖かな1日でしたね。
いつもお雛様を出そうと思いながら、出し損ねていました。
今年は、思い切って出してみたら、思わぬ宝物が出てきて
驚きました。
鎌倉彫りをしていたころの母を思い出しました。
お雛様にお礼を言わないといけませんね(笑)
saitamanikkiさんのところは、今年は飾れなかったのですね。
母の宝物に再会させてくれたお雛様、これからは毎年飾ることにします。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-04 21:44
★nobukoさん
こんばんは♪

立派なお雛様と言ってくださってありがとうございます。
作ってくれた叔母も喜んでいると思います。
息子だけだとしても、自分のために飾れば良いのですよね。
これからは、毎年飾ることにします。

鎌倉彫りの作品も、しまっておくだけでは勿体ないですね。
年月とともに艶がましてきたように思います。
nobukoさんも、ご実家からお母様の洋服を持って帰ってこられたんですね。
若いころは、親のものなんて・・・と思っていましたが
今や、親のものが似あう年代になったということでしょうか。
私、母の洋服で実際に着ているものがあるんですよ。
Commented by pinky at 2016-03-04 22:31 x
タワラジェンヌさん こんばんは!

上品なお顔立ちで素敵なお雛様ですね。
従妹さんからの贈り物なんですね。
タワラジェンヌさんのお父様もお母様もそしてその従妹さんまでも多才でいらっしゃるのですね。
そのDNAを受け継いでおられる訳ですね。

鎌倉彫の作品の数々も素晴らしいです。
毬と狛犬?の文箱はお正月の飾りにも似合いそうです。
お母様が丁寧に彫られたと思うと愛着も一塩だと思います。
親友が学生時代から習っていて鎌倉彫のショールームを見に行ったことがあります。
こうしたものを使っているだけで心も整えられるような気がしました。

墨絵もされていらしたのですね。
使い込まれた篆刻印と腕時計に指輪
お母様の声が聞こえてきそうですね。
Commented by tawrajyennu at 2016-03-05 22:14
★pinkyさん
こんばんは♪

ほんと、お雛様のお顔って本当に上品ですね。
母の従妹がずっと木目込み人形を習っていて、作ってくれました。
私も木目込みを少し習っていたことがあるのですが、1つの作品を仕上げるのに、手間暇かかるんです。
なので、これだけのお人形を作るのは大変だったことと思います。

鎌倉彫りの文箱の模様は、毬と狛犬ですか?
毬と亀かなとか狛犬かなとかいろいろ考えてました。
どちらにしてもおめでたい模様ですね。
まあ、ご親友の方が鎌倉彫りを習ってらしたんですか?
ショールームだったら、色々な作品が見られたことでしょうね。

墨絵は、父の姉に誘われて、仕事をリタイアしてから
習っていたようで、月に1度習いに行くのがとても
楽しみだったと聞いています。
墨絵の作品も何点か、遺品として残っています。
指輪と篆刻印は、手元にあることを知らなかったので
本当に思いがけない発見でした。。
大事にしていきたいと思います。
by tawrajyennu | 2016-03-01 11:37 | 日常のこと | Comments(18)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31