木曽路を歩く その1

15日、16日とmixiで知り合った友達と木曽路を歩いてきました。
木曽路は1度も歩いたことがなく、1度行ってみたかったのです。
江戸時代の五街道の一つに、江戸と京都を結ぶ中山道がありますが
木曽を通るので「木曽路」とも呼ばれています。
参勤交代や大名・皇族の興し入れの時にも盛んに利用されたとか。
全工程には69の宿場があり、そのうち11の宿場が木曽にあります。
今回はその中の「馬籠」と「妻籠」を歩きました。

新幹線で名古屋へ行き、そこからJR中央本線の特急しなので中津川へ
そこからバスで馬籠へ行きました。
驚いたことに、バスには私たち日本人より欧米の方たちのほうが多いのです。
バスのアナウンスが、日本語・英語・中国語・ハングルとありましたよ。

こちらが馬籠宿、ここは木曽路の入り口として、また戦国時代には
馬籠・妻籠には城が築かれたことから、宿としての集落は古くから
あったと言われています。
ここは急な山の斜面に沿っているため、軒を連ねる屋敷は両脇に石垣を築くという
「坂のある宿場」として珍しい存在なんだそう。

c0149408_16102530.jpg

こちら ↓は、道を直角に曲げて、敵の侵入を拒むために作られた枡形
馬籠の枡形は、他の宿場にはない急斜面に設けられているのだとか・・・

c0149408_16105558.jpg

大きな水車もありましたよ。

c0149408_16112592.jpg

ここは、今でもやっている旅館

c0149408_16115707.jpg

馬籠は文豪・島崎藤村が生まれ育った地であり、小説「夜明け前」の舞台、
島崎藤村ゆかりの場所が多く点在しています。
私たちは、藤村の強い希望で、幼少時代を過ごしたという馬籠本陣跡に
作られた藤村記念館を見学しました。
ここには、処女詩集「若菜集」から絶筆「東方の門」までのすべての作品、
遺愛品、直筆原稿、周辺資料など約6000点を所蔵、展示されていました。
江戸時代には、本陣、問屋、庄屋を兼ねた旧家だったそうです。

さて、この後、リュック姿で馬籠から峠を越え、約8キロを
妻籠宿までハイキングです。
峠の頂上まで上りが続きますが、そんなに急な上りではないので
ゆっくりいけば大丈夫!!

道の途中には、こんな石の道標が・・・・

c0149408_16123049.jpg

山の中の道に入る所には、クマ除けの鐘が置いてありました。
本当にクマさん、出てくるのかしら? どうぞ出てこないでねと祈りながら歩いていました。
↓ 馬籠峠の頂上です。

c0149408_16125227.jpg

新緑の美しい山の中の道を行くのは、とても気持ちの良いものですね!
水の流れる音も心地よかったです。

c0149408_16125969.jpg

木漏れ日の射す林と石畳みの道・・・・

c0149408_16132213.jpg

よく手入れされた杉の林・・・・
すぅ~っと天目指して伸びてますね~

c0149408_16131490.jpg

大妻籠の手前の一石栃立場茶屋無料の休憩所になっていて、私たちもそこで小休止。
管理人さんたちが交代でハイキングに来る方たちにお茶などを振舞ってくれます。
この日の管理人さん、「木曽節」を歌って下さいました。
私が知っている木曽節とは、歌いまわしというのでしょうか・・・
ちょっと違っていて、でも、とても味のある歌いっぷりでした。
この休憩所の前に桜の木があるのですが、見事なんだそう。いつか観てみたいなあ。

さて、ここまでくれば妻籠宿はもうすぐそこ。
馬籠は、ちょっぴり観光地化された感じで外国の方も日本人も
沢山の観光客であふれていましたが、妻籠は、団体客は少なく
静かで素朴な雰囲気の宿場街でした。

c0149408_16134271.jpg

そういえば、ここに来るまでお昼も食べていないのでした。
お蕎麦を食べようということになったのですが、その前に
皆さんが美味しそうに食べていらっしゃる「おやき」に目が・・・
美味しいんですよね~「おやき」、私は野沢菜のおやきを頂きました。

c0149408_16135641.jpg
この後、お蕎麦やさんで遅いお昼・・・暑いし疲れていたし
ついつい冷たいビールをで喉を潤してしまいました。
とても、宿までは我慢出来なくて・・・・(笑)
お蕎麦も手打ちのちょっと平たい麺でとても美味しかったです。

この日は、なんと2万歩以上も歩いていたのでした。


[PR]
Commented by ree at 2016-05-19 02:46 x
おやき、いいですね~。
私も食べたい!!
日本では娘に合わせてたので、自分の食べたいものが半分しか食べれなかったです(笑)。

Commented by tawrajyennu at 2016-05-19 18:12
★reeさん
こんにちは♪

おやき、野沢菜のほかにもいろいろな具があって
どれも美味しそうでした。
どうしても、子どもが食べられるものに合わせてしまいますよね。
次回、食べたいものの残りの半分を是非食べてくださいね。
Commented by K4251107 at 2016-05-19 18:29
にしけいです!
名古屋在住の頃 行きましたよー 妻籠と馬篭
おやきも食べたし^^;
懐かしく拝見してました。
たっぷりの自然が今は羨ましいです。
Commented by tawrajyennu at 2016-05-20 17:53
★にしけいさん
こんばんは♪

にしけいさんは東京の前は名古屋でしたね。
私、名古屋は30年ぶりくらいで行きました。
すっかり大都会ですね。

馬籠も妻籠も新緑がとても綺麗で、心が洗われるようでした。
お焼き、美味しいですよね。
やはり、自然は良いですね!!
次は奈良井宿にも行ってみたくなりました。
Commented by pinky at 2016-05-21 22:42 x
タワラジェンヌさん、こんばんは!
ようこそお越しくださいました♪
お目に掛かれて嬉しかったです。
お天気も良く新緑の中を歩くのは爽快ですよね。
義祖母は藤村先生を存じ上げていて
よく話を聞かせてくれました。
「夜明け前」を何度も読んでいて、本がぼろぼろになってしまったと言っていました。
元気なうちにもっと話を聞いておけばよかったと後悔しています。

おやき、美味しいですよね。
やっぱり野沢菜が一番です。
峠越えで歩いた後のビールは格別だったと思います。
Commented by monika914 at 2016-05-22 06:40
日本情緒あふれる雰囲気、家屋の中の道のりを歩くなんて素敵ですね。
私もチャンスがあれば 行きたいです。
今年は10月に帰省する予定ですが その時の母の体調により遠出するか決めようと思います。
Commented by misa at 2016-05-22 22:00 x
こんばんは~!
木曽路を歩かれたんですね~! 先ず、2万歩だなんてお元気だな~と感心しました!!
新緑の美しい山道、木漏れ日の射す石畳とマイナスイオンを一杯吸いながら~情緒あふれる
旅になりましたね。^^ 野沢菜のおやき食べたことありますよ~現地ではないですが・・・
Commented by marucox0326 at 2016-05-24 15:41
こんにちわ。

馬篭妻篭はもちろん近いので行ったことがあります。
でも藤村記念館など観光地化されたところを
巡っただけかも。8キロのハイキングは自信ありませんが
少しは山の中も歩いてみたいなあ。
「木曽路はすべて山の中である」
学生のころ歴史だけは好きだったので、
「夜明け前」も読みました。
(ほとんど覚えていませんが^^;)
是非また改めてゆっくり行ってみたいです。

あと夫が地元のマラソンに仲間と出るというので
民宿に泊まったことがありますが、当時は民宿なんて
設備が整ってなくて・・・・。1歳だった長男が
押し入れを開けてネズミの糞を食べてしまって
仰天したことが・・・。

お写真のご夫婦はタワラジェンヌさんご夫妻?
Commented by tawrajyennu at 2016-05-24 18:20
★pinkyさん
こんばんは♪
お返事が大変遅くなり、すみません。

ちょっとだけのつもりが、ご一緒にお昼を頂くことになったり、
車で送って頂いたりと本当にお世話になりました。
いつか・・・・なんて思っていたことが実現して、本当に嬉しかったです。

まあ、ご主人さま方のお祖母さまは、藤村藤村先生をご存知だったのですか?
きっと、お祖母さまから、貴重なお話をお聞きになったのでしょうね。
「夜明け前」・・・・むか~し、むかしに読んだので、恥ずかしながら覚えていません。
今回をきっかけに再度読んでみようと思っています。

お焼き、美味しいですよね!!
父が好きで、よく冷凍で買っては送ってくれたんですよ。
よく歩いたので、この日のビールの味は美味しかったですね~
Commented by tawrajyennu at 2016-05-24 18:23
★もに香さん
こんばんは♪

馬籠~妻籠間の山道はそんなにきつくないので
もに香さんなら、すいすいと歩けてしまうと思います。
途中にも小さな集落とかがあって、素朴な家々が点在していました。

今年は10月に帰国なさるんですね。
ちょうどよい季節なので、お母さまの体調がよければ、お出かけにはぴったりだと思います。
Commented by tawrajyennu at 2016-05-24 18:26
★misaさん
こんばんは♪

はい、以前から行ってみたかったのが、やっと実現しました。
日ごろからウォーキングで8キロくらいは歩くこともあるのですが
峠の頂上までは、ずっと上りでしたので、翌日少し筋肉痛になってしまいました。

タクシーの運転手さんにお聞きしたのですが
この新緑の季節が一番良いと仰ってました。

お焼き、食べたことがおありなんですね。
美味しいですよね。
Commented by tawrajyennu at 2016-05-24 18:32
★marukoxさん
こんばんは♪

私も尾張一宮に住んでいたことがあるのですが
その頃は、
子どもも小さく、馬籠も妻籠も行ったことがありませんでした。
なので、今回やっと実現したという感じです。

一緒に行った友達たちは、みんな歩くことが好きなので
目的の一つは歩く事にあったんですよ。
新緑が目に眩しいくらい美しくて、マイナスイオン一杯って感じでした。

私も「夜明け前」は学生時代に読んだだけで・・・
同じくすっかり忘れてしまっています。
今回をきっかけにもう一度読んでみたくなりました。

えぇ~息子さんがねずみの糞を?
大丈夫でしたか?
今は、昔ながらの旅館もありますが、とっても綺麗な感じでしたよ。(外見だけですが・・・)

残念ながら、私たち夫婦ではないんです。
夫は留守番でした。
Commented by mamamack at 2016-05-25 10:28
同じころに同じようなお出かけでした~♪
新緑の時期、気持ちいいですよね!
私は今回飛騨路だったけど次は木曽路も行かなくちゃ。
飛騨路は外国の方の方が多いくらいだったけど木曽路も多いのですね!
とても日本らしい風景ですものね。

Commented at 2016-05-25 11:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tawrajyennu at 2016-05-25 13:37
★まままさん
こんにちは♪

ほんと同じ頃のお出かけでしたね。
最初はピーターのことがあるから、行かないつもりだったのです。

タクシーの運転手さんにお聞きしたのですが、
秋の紅葉のシーズンよりも新緑のこの季節が
一番いいそうです。
是非いらしてくださいませ。

木曽路に外国の方が多いのには本当に驚きました。
なんたって、中津川からのバスの中は日本人より
外国の方のほうが多かったんですから・・・
どこの国の方が見ても素晴らしい景色は、魅力的なんですよね。
ビルはどこでも見られるけど、こうした町並みはそこでしか見られませんもの。
Commented by tawrajyennu at 2016-05-25 13:39
★鍵コメさん
その後、どうしたかなあと思っていた所です。
凄い可愛いのですか? きっとモデルさんが良いからですよ。
今、奈良のレストランで絵画展されているのですが、行く時間がなくて・・・
お会いすることがあったらお伝えしておきますね。
どうぞ、どうぞリンクして下さい。
絵を見るのを楽しみにしています。
FB,私も最近始めたんですよ。
Commented by saitamanikki2008 at 2016-05-28 10:47
こんにちは。
私は、ここ暫くブログを更新してなかったので、
久しぶりのコメントになりました。
5月を有意義にお過ごしだったようで。。。
大勢でのバーベキュー、これだけ大勢の人々が集まると
盛り上がりますネ。
又、木曽路の馬籠・妻籠 歩き。
古い石畳がイイ感じです。
「銀竜草(ぎんりょうそう」も珍しいです。
初めて見ました。
インターネットにペット霊園 こちらも初めて知りました。
「ピーター」に花を供えましたョ。
Commented by tawrajyennu at 2016-05-28 16:53
★saitamanikkiさん
こんにちは♪
大変な時にコメントを頂き、ありがとうございました。
少し、落ち着きましたでしょうか?

友達や親類との筍掘りにBBQ,そして旅行ととても有意義に過ごせた5月でした。
木曽路は以前から歩いてみたいと思っていたので
実現できて嬉しかったです。
新緑の中を歩くのは気持ちが良いですね。
今が一番お勧めだとタクシーの運転手さんが仰ってました。

「銀竜草」初めてご覧になりましたか?
珍しい植物ですよね。それが田舎にもあったなんて驚きです。

ピーター・・・来月18歳だったのですが、天使になってしまいました。
お花を供えて下さってありがとうざいます。
今もすぐそばにいるような気がします。
by tawrajyennu | 2016-05-18 16:06 | おでかけ | Comments(18)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30