ブログトップ

タワラジェンヌな毎日

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
プロフィールを見る
画像一覧

何事も勉強

先日のクリスマスマーケットへ行く前に、友人たちとランチをしました。
場所は、クリスマスマーケットが開かれている梅田スカイビルのすぐ傍にある
マレーシア料理の『Malaysia Boleh』というお店。

ここで、私がボランティアで日本語を教えているインドネシア人の生徒さんが
アルバイトをしているのです。
彼女はご主人の研究の関係で丁度1年前の12月に家族4人で来日。
日本に来てから、日本語の勉強を始めたそうです。
まだ、難しい単語や言い回しは出来ないのですが、簡単な会話と平仮名・カタカナが書ける程度。
日本に来てまだ1年未満の彼女が働き出したというので、私はびっくり!
もし、私が逆の立場なら・・・・・無理・無理!!
で、ボランティア仲間とマレーシア料理って一体どんなものなのか・・・
一度食べに行ってみようと言うことになったのです。

行ってみると、お店のユニフォームを来た彼女が迎えてくれました。
前もって行くと言ってあったのですが、どうやら緊張していたようです。

c0149408_10594584.jpg
ランチは、ナシゴレンやミーゴレンやカレーなどにサラダ・スープ・デザートがついてなんと850円。
近くのオフィスで働いている人たちで、結構賑わっていました。写真の左上がスープとサラダ。その右がナシゴレン。左下はミーゴレンでその隣がアジア風あんかけヌードルです。



外国に来て1年もしないのに、働き出した彼女に、日本語教室に来た時に聞いてみました。
「仕事をすることに不安は無かった?」と・・・・・すると彼女は
「ここは日本語に慣れるまで、英語でも良いと言われたし・・・・できるだけ日本語で
いろいろな人と話すことは自分のためになります。電車の乗り換えも失敗したりしたけど
何事も勉強だと思ってます。」とこんな答えが返ってきました。
このバイタリティ・・・日本語をなんとか習得しようという意欲、何事も勉強と思って
積極的に日本の社会に飛び込んでいく姿勢は素晴らしいなと思いました。
彼女は、4年間の予定で日本にいるのですが、きっとインドネシアに帰る頃には、
日本語が堪能になっていることでしょう・・・・

何年英語を勉強しても、会話すらままならない私・・・見習わなくては!!




この日はランチ、クリスマスマーケットに続いてもう1箇所行ったところが・・・
というわけで、1日で3連荘なのでした。

最後は、次男とデート。時々クラッシックのチケットを買うプロモーションから
ヴァイオリンのコンサートのご招待があったのです。
ヴァイオリニストはロンティボー国際音楽コンクールをはじめ色々なコンクールなどで
優勝・入賞している『ローラン・コルシア』というフランス人。
フランスではとても人気のあるヴァイオリニストだとか・・・・・
でも、私、全然知らなかったんですよ~彼のこと。
会場は大阪梅田にあるフェニックスホール。ここはニッセイ同和損保が芸術文化支援を
重点に開設し、300名ほどの小規模ホールながら、ハイグレードな室内楽ホールを
目指しているそう・・・・
このホール、舞台の後ろの木でできた壁がするすると上に上がり、後ろが全面ガラス張りに・・・
大阪の夜景をバッグに演奏を聴かせてくれるのです。
欲をいえば、もっとホールが上階にあると、夜景も素晴らしかったのではと思いました。
何しろ、3階なので・・・・・

この日、彼が演奏したヴァイオリンは、ルイ・ヴィトン社から貸与されているストラディヴァリウス。
その演奏が小ホール故というか、座ったのが前から4列目の中央なのですが、
舞台が一列目と同じ高さにあるので、すぐ目の前で聴くことができたのです。
透明感がありながらも深みのあるその音・・・・・無料の招待コンサートなんてたいしたこと無いかも
なんて思いながら行ったのですが、なんの、なんの行ってよかった~
プログラム最後の曲が始まりだして・・・・サビに入りかけた時、
「バキッ」と言う音がしました。なんとヴァイオリンの弦が切れたのです。
すぐ、張り替えてまた演奏を最初から始めたのですが・・・・
そこまでテンション上げて弾いてきたのに、ハプニングで中断されちゃうわけですよね?!
演奏者としてどんな気持ちなんだろうなと考えてしまいました。
でも、再び見事な演奏を聴かせてくれました。やっぱりプロですよね!!
[PR]
Commented by bonarome at 2007-12-10 22:38
先日はコメントありがとうございました。
アジアの方々は話す力が強いのでしょうね。
マレーシアに住んでいたのでお料理懐かしく見せていただきました。香港は涼しくなったので、あの暑さが恋しいです。
Commented by pnapl at 2007-12-11 02:54 x
外国からいらしている方々の勉強の力入れは、凄いですよねぇ~。
ホント、見習わなければいけないのですが・・・
どうも上手くいきません!!
きっと、何処かに甘さがあるんでしょうねぇ~。(反省)
Commented by こばん at 2007-12-11 15:21 x
インドネシアの彼女
えらいね。がんばってるね。
外国でまだ言葉に不安があるかもしれないのに
それでも働くなんて。勉強をかねてなんだろうけど
働くだけでも大変なのにね。
バイタリティをわけてもらいたいわぁ!!

日本人(私?)なんかはついどうしよう!?とか間違えたら 
困ったらなんて考えちゃって足踏みしちゃうよね。
でも語学は習うより慣れろって言うし
彼女はきっとすぐに日本語ぺらぺらになれるね^^

次男さんとのデートも素敵なコンサートで
弦は切れたけどよけいに想い出に残る演奏会だったね。(o^∇^o)ノ
Commented by honoka176 at 2007-12-11 17:37
招待のチケットを頂けるほど息子さんはクラシックコンサートの常連さんなのでしょうか?
うちなんていくら無料ご招待であってもお母さんを誘ってなんてくれません。
うらやましい〜有意義な大阪三連荘でしたね。
マレーシア料理ってあまり馴染みがないですがどうでした?しかしインドネシアの彼女の意欲と前向きさはぜひ見習いたいものです。
Commented by タワラジェンヌ at 2007-12-12 19:31 x
bonaromeさん、私のブログに起こし頂いてありがとうございます。
彼女の前に中国の方を教えてのですが、
3年間でほとんどマスターされました。もう脱帽ですよ!
マレーシアにもお住まいだったのですね。
外国に住まわれても日本の文化をも
大事にされている様子がブログから伝わって来ました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by タワラジェンヌ at 2007-12-12 19:34 x
pnaplさん、日本語教室で勉強のお手伝いをしていると
皆さん、力の入れようの違うのが分かります。
日本語を覚えて、それで仕事に活かしたいからです。
私など、英語を何年勉強しても、その辺の貪欲さがないので
駄目ですね~
Commented by タワラジェンヌ at 2007-12-12 20:43 x
こばんさん、こんばんは!
彼女、お子さんが2人いるんだけど、仕事の時は
ご主人が全て見ているんだって・・・・
ご夫婦で協力して日本での生活をしているのが
よく分かるわ。
きっと1年もしないうちに彼女の日本語は上達すると思う。

そうそう、私も間違えたらと思うほうが先に立っちゃって、
話すことが出来ないのよね。
でも、使わないと生活できない環境にいたら
少しは話せるようになるかも・・・・

次男とは久しぶりに出かけたわ。
ハプニングも思い出ね!!
Commented by タワラジェンヌ at 2007-12-12 20:48 x
honoka176さん、こんばんは!
いえいえ、私も次男もコンサートは好きでよく一緒に
出かけますけど、そんなに回数は行ってないと思います。
きっとフランスでは有名だけど、日本ではあまりメジャーではない(?と思っているのは私だけ・・・)
ので、宣伝の意味があったのではないかと思っています。
マレーシア料理は、思ったほど香辛料がきつくなく
美味しくいただけましたよ。
この彼女に限らず、みなさんバイタリティがあって
たくましく、そして日本の生活を楽しんでいます何より
楽しんでいらっしゃいますね。
by tawrajyennu | 2007-12-09 11:48 | 日常のこと | Comments(8)