「ほっ」と。キャンペーン

日本語生徒さんの活躍

私は住んでいる市の外国人の方に日本語を教え始めて
今年で13年ほどになります。
最初は中国の方、そしてそのあとはインドネシアの方が3人
そして、少しブランクがありましたが、今は日本で生まれ育った
アメリカの方に教えています。

特にインドネシアの方3人は、教室を離れて個人的に教えていたこともあって
日本での生活の相談にも乗ったり、日本料理の教室をしたりと
言葉を教えるという範囲を超えてのお付き合いでした。

もう既に3人とも帰国されているのですが、そのうちのお1人が
日本での生活のこと、特に教育のことについて、
本を書き、インドネシアで出版しました。
こちらが、その本です。

c0149408_10110936.jpg

そして、この本を読んだ人たちが、実際に日本の教育現場を見たい
ということで、彼女を含む9人で来日しました。
こちらで、せっかく日本語を覚えても、帰国すると使う機会がなく
忘れていってしまう方が多いのですが、彼女は中学生になる娘さんと
一緒に今も日本語の勉強をしていると聞き、とても嬉しく思いました。
今回の来日においても、ラインを通して、日本語で色々やり取りをしました。
瞬時に会話が出来るのですから、インターネットって本当に便利ですよね。

そして、彼女たちと思いがけず一緒に保育園を見学することになりました。
インドネシアの教育現場と日本とでは、色々な違いがあり、
日本のほうが色々な面で進んでいるとのこと。
今回の見学を機に、インドネシアの子どもたちに色々なことに対する
動機付けが出来たらいいなと言っていました。

こちらが一緒に来日された方たち
主婦の方や学生さん、仕事を持っている人たちなど様々方たちです。
本を読んで本当に現場に来てしまうなんて、すごいなあと感心しました。
私なら、「あ~そうなんだ、こんな風に違うのか!」で
終わっていると思います。

c0149408_10095922.jpg

園長先生が、この園での子どもたちの様子や、教育方針などを
話してくれ、実際に保育の様子を見せて頂いたのですが、
それを彼女はほとんど理解し、インドネシア語に
通訳していたのには、驚きました。
何か困ったらお願いしますと言われて一緒に行ったのですが
私の出る幕は1回あっただけ・・・・
頑張っている彼女を見て、本当にうれしく思いました。

最後に子どもさんたちと一緒に写真を撮りました。
(顔を出すことは許可を得ています)

c0149408_10095265.jpg

c0149408_10100999.jpg

[PR]
# by tawrajyennu | 2017-02-26 10:35 | その他 | Comments(2)
珍しいアイリッシュハープ(小型ハープ)の体験会があるというので
参加してきました。
友達が去年から習っていて、興味があったのです。

子どもの頃、習っていた楽器や学生時代にやっていた楽器はありますが
結婚してからは、楽器とは縁のない生活でした。
私の叔母は80歳を越えてからピアノを習った人ですが
その叔母が良く言っていました。
「年を取って、もし1人になった時に、何か楽器が弾けるって
とても良いわよ。それがなかったら、誰かと会わない限り
音のない、潤いのない生活になるかもしれないから」と・・・

その言葉がずっと頭に残っていて、何かやりたいなとずっと思っていました。
そんな時、この体験会が開かれると知って、即申し込みました。

これが、そのアイリッシュハープで、25弦あります。

c0149408_09183231.jpg

先生がとてもわかりやすく、丁寧に教えてくださったので
片手ながら、色々な曲を弾いて楽しみました。
久しぶりに楽器を触ったけど、音楽を奏でることが
こんなにも楽しいことだったんだと再確認した時間でした。

c0149408_09282512.jpg

真剣にハープと格闘している私です。
ちょっぴり本気で習いたくなってきました。

c0149408_09184351.jpg

最後に先生とアシストしてくださった方たちが演奏して下さいました。
2時間の講習会、最初長いかなと思ったのですが
あっという間でした。

c0149408_09183805.jpg

[PR]
# by tawrajyennu | 2017-02-16 09:49 | おでかけ | Comments(10)
昨日は節分でしたね。
関西では、太巻き(恵方巻き)をその年の恵方のほうを向いて
1本丸かじりするという習慣がありますが
関東生まれの私は、関西に来て、それを知りとても驚きました。
そういう習慣はありませんでしたからね。
でも、今や、この習慣は全国に広まっているのですから
またまた驚き!!

しかも太巻き以外に、ロールケーキとやらも恵方ロールとかで
売っていたり、その他色々な便乗商品まであるのには、
日本人の商魂のたくましさを感じます。

さて、我が家では息子1が太巻きを持ってきてくれたので
いわしと共に食べ、いわしの頭は柊の枝につけて
魔除として、玄関に飾りました。

c0149408_16202915.jpg

そして、今日は立春ですね。暖かい日になって
ちょっぴり春の気配を感じます。
いつの間にか、庭のクリスマスローズにたくさん蕾が付いてました。

c0149408_16302903.jpg

この日は、私たち夫婦の結婚記念日でもありますが
夫と予定が合わず、お祝いは後日ということに。
ということが、ここ何年か続いています(苦笑)

[PR]
# by tawrajyennu | 2017-02-04 16:31 | 日常のこと | Comments(14)
オルヴィエートの街を一通り散策した後、向かったのは・・・・
「死に行く街」と言われているチヴィタ・ディ・バニョレッジョという街。
ここは、お友達のブログで観て、「いつかイタリアに行くことがあったら
絶対に行ってみたいな」と思ったところなのです。
その後、TVの番組でも観ることがあり、今回のイタリア旅行を決めた時
「まず、ここには絶対に行かなくちゃ!!」と思ったのでした。

チヴィタに行くには、オルヴィエートからバスでバニョレレッジョへ。
バニョレッジョからはバスがあるのですが、
本数が少ないので歩くことにしました。
そうして、辿りついたところがここ!!

c0149408_11315421.jpg

チヴィタ・ディ・バニョレッジョは、ウンブリア州とラツィオ州の
州境に位置する小さな街。というより村かな・・・
この街に行くには、上の写真にあるような橋を渡らないと行けません。
このような街なので、「天空の街」とも言われているようです。
私は知りませんでしたが、2012年に日本の映画「ホタルノヒカリ」が
撮影された街ということで有名になったとか。

さて、この街に行くには、バスでバニョレッジョに着いた後は
写真にあるような橋を渡るのですが、この橋はコンクリート製で
300mほどあります。
けっこう傾斜があるんですよ~
そして、この橋が街に行く唯一の道というわけです。

c0149408_11315514.jpg

この街は、古代ローマより古くエトルリア人によって作られたと言います。
周りの台地は、トゥーホォと呼ばれる火山噴火による凝灰岩で出来ているため
風雨や川の浸食の影響を受けやすく、自然による変わった形状の土地が
良く見られるそうです。
そのため、エトルリア時代から古代ローマ時代には、敵から身を守るために
自然の城壁を利用した丘の上に街がいくつも作られ、その代表的なのが
先に行った、世界一美しい丘上都市と言われる「オルヴィエート」で
チヴィタもそんな街の1つだったんですね。

c0149408_11315522.jpg

チヴィタの街の周りは↑こんな地形に囲まれています。
これは、先ほど書いたように風雨や地震、川の浸食によって成されたもの。
これは、観ていると美しいと感じますが、こんな風に崩れていって
しまうのは、恐ろしい風景でもありますね。

さて、橋を渡りきると、サンタ・マリア門が迎えてくれます。
入り口上部の両側には、かつてバーニョレージョ人が制圧した
専制君主の象徴である人の頭を掴んでいる2頭のライオンが彫られています。

c0149408_11315464.jpg

門を入り、まっすぐ進むと、中心の広場
Piazza Duomo Vecchioに出ました。

c0149408_11315663.jpg

広場の東側には、サン・ドナート教会があります。

c0149408_16562570.jpg

広場には、数件のお土産屋さんやバールなどがありました。
私たちはその中の1軒に入り、この近くの土地で作られたという
ワインを頂きました。

c0149408_11315616.jpg

ワインも美味しいけど、この辺りは、オリーブオイルの
美味しい地域でもあるのだとか。
他に、蜂蜜や、豆類などが売られていました。

街自体は小さいので、直ぐに見て周ることができます。
この中にいると、中世にタイムスリップしたような気がします。
あたかも、そのあたりの建物から中世の人たちが出てきそう・・・
息遣いが聞こえてくるように思えました。

c0149408_11315450.jpg


c0149408_22205723.jpg

c0149408_22234504.jpg
どこを観ても素敵な街なのに・・・・今なお風化が進んでいる街
昔はたくさん住んでいたこの街、今では数家族が住むだけになったとか
でも、近年観光客がやってくるようになって、トラットリアやバール、
ホテルなどもあるんですよ。
でも、いつか・・・・
本当に消えてしまうのかもしれませんね。


[PR]
# by tawrajyennu | 2017-01-28 22:34 | 海外旅行イタリア | Comments(14)

贅沢な新年会

昨日は、5年半お世話になった料理教室の先生のおうちで、
一緒に習ったお仲間たちと遅ればせの新年会でした。

今回はなんとも贅沢なしゃぶしゃぶをしようということで
楽しみにしていたのですが、お正月以降、体調の悪い私は
欠席も考えたのですが、食べられなくても楽しい雰囲気と
お喋りを楽しめばいいやと参加することにしました。

前菜は先生が作ってくださっていました。

c0149408_11112717.jpg

ガラスの器に入ったのは、牡蠣の佃煮のクリームチーズ添え
紅白のは、蕪を使った椿寿司
もう一品は、鴨の燻製のデコポンサンド

c0149408_11115274.jpg

そして、そのなんとも贅沢なしゃぶしゃぶというのは
お肉はもちろん上等なものですが、浅いお鍋に玉ねぎの
厚めのスライスを敷き、そこへ、これは箱パックのもので良いのですが
日本酒をどぼどぼどぼっと入れ、そこでしゃぶしゃぶっとするというもの。
先生宅のとっておきの食べ方だそうです。

c0149408_11112281.jpg

はい、お肉はこちら

c0149408_11113106.jpg

このお肉をしゃぶしゃぶとした後、たっぷりの大根おろし(大蒜入り)に
醤油又はポン酢を入れ、お肉で大根おろしをくるっと巻いて頂くというもの。
この日は6人分で大根を2本使いました。

お酒は、皆さんの持ち込みで・・・・
日本酒はほとんど飲まないので、価値がわかりませんが
ちょっと高級で、手に入りにくいものなのだそう。

c0149408_11120113.jpg

c0149408_11120626.jpg

この他に、先生宅のおかずキッシュも作って下さってました。

c0149408_11113618.jpg

〆は、やっぱり女性らしく甘いもので・・・
これまた先生作の「オペラ」というケーキ。
作るのに、3時間もかかるんですって。
c0149408_11115635.jpg

11時から始まってお開きになったのは4時でした。
こんなに美味しいお料理に、珍しいお酒があるというのに
私は、お肉も半分しか食べられず、お酒はお猪口にちょこっとだけ
だなんて、何とも残念としかいいようがありませんでした。
でも、「オペラ」だけはしっかりと頂きましたよ。

私は、今回体調のせいもあって、お酒は持って行きませんでしたけど
我が家の無農薬レモンで作った「檸檬カード」をお土産に
持って帰って頂きました。

c0149408_22312836.jpg

食べることが大好きな仲間との楽しい時間が持てたことは
幸せなことですね。
これも、先生のお陰・・・感謝です。



[PR]
# by tawrajyennu | 2017-01-24 15:20 | 料理教室 | Comments(16)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu