「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 9 )

旅立ち

11月11日深夜、義母が急に亡くなりました。行年88歳でした。


c0149408_18183484.jpg


3年前の11月に胆のう炎で初めての入院を経験した義母、
その翌年、パーキンソン病だとばかり思ってずっと治療していたのが
実は、そうではなく、『多系統萎縮症』という難病の中の
『オリーブ橋小脳萎縮症』という病気と診断されました。
原因不明のため、治療法のない病気です。

この『オリーブ橋小脳萎縮症』というのは、パーキンソン病と似たような
症状とバランス維持の困難が出るのが特徴なので、最初パーキンソンとばかり思われていたのです。
何故それがパーキンソンではないのではないかと思われたのか・・・・
言葉が明瞭に発音できなくなってきたからでした。

バランス維持が困難と言われれば・・・・何年か前から
よく転ぶようになったりしていたので、きっとその頃から
病気の症状が現れていたのでしょうね。

この3年間に徐々に身体の機能が衰え、歩くことや食べることが
困難な状態になってしまいました。
義母の自宅で介護していましたが、幸いにも今年の2月始めに
特養に入ることが出来、安心していました。

ところが、2月末に肺炎を起こし、入院・・・・
そのまま口から食事をとることは危険との主治医の判断で
鼻チューブで栄養を取るか、遺漏にするかの問題が出てきました。
義母はもともと痩せていたし、病気のこともあって遺漏の手術は体力的に
大変だろうと思い、鼻チューブにした結果、特養での受け入れは駄目になり
そのまま、入院先の病院にいることになりました。

入院していた病院は長期療養の方や難病の方が多くいるところで
3ヶ月でよそに移らなければならないこともありませんでした。

これは私たち世話をしているものにとってはとても有難かったです。
それから、8ヶ月・・・・ほぼ安定した状態で11月11日まで来ました。

この日も前日から田舎に行っていた夫が帰りに病院に寄り、義母の顔を見てきていました。
その夜、そろそろ寝ようかと思っているところへ、病院から電話があり、
『今、見回りに行ったところ、呼吸をしていなく、心臓も止まっていました。』とのこと。
もう少し詳しく聞くと、11時にバイタルチェックに行った時は、
血圧も酸素濃度も脈拍も正常で、その30分後にもう一度見回った時には
もう呼吸していなかったと・・・・
5年前に亡くなった私の父の時と全く同じでした。

病気のこともあり、長くはないとは思っていましたが、こんなにも急に
旅立ちの日が来るとは思ってもいなかったので、驚くばかりでした。

義母は平成5年に義父が亡くなって以来、田舎で一人暮らしでした。
3人姉妹の長女で、跡取り娘でした。
なので、義父が亡くなった後、田舎の家で畑をしながら気ままに暮らしていました。
21年、よく頑張ったと思います。それも周りの方たちの手助けがあったからでしょうね。

今頃は、義父と21年ぶりに再会していることでしょう。
亡くなった日の11月11日は『ポッキーの日』なんだそうですね。
そして、義母を送り出した14日は、奇しくも義母の87歳の誕生日でした。







More・・・納棺師
[PR]
by tawrajyennu | 2014-11-18 14:57 | Comments(22)

しばらく・・・・・

ほんのちょっと・・・の間、ブログをお休みします。

お返事、遅くなりますが、待ってて下さいね。


[PR]
by tawrajyennu | 2014-11-13 13:11

ブラックベリージャム

昨年は毛虫くんにやられて、1粒も取れなかったブラックベリー
今年は早くから毛虫くん対策をしたお陰で、田舎に行くたびに
笊に1杯づつ取れます。

c0149408_16363619.jpg

ジャムにするには、少ないので、洗って水を切り
冷凍し、これが3回分くらい溜まったところでジャムにしています。

ブラックベリーは小さい種が沢山あるので、それを取り除くのが大変!
そのままジャムに炊くという人もいますが、これが歯と歯の間に
挟まると痛かったりします。
なので、まずはミキサーやブレンダーなどで拡販し
それも笊などで漉します。
下に果汁だけが落ち、笊に種が残ります。
これが結構大変な作業なんですが、
これをするとやっぱりきれいなジャムができます。

c0149408_18040028.jpg

これが漉したあとの種


c0149408_18041037.jpg

こちらが果汁です。これにお砂糖を入れて煮詰め、ジャムにしていきます。

c0149408_18035375.jpg

こちらが出来上がったブラックベリージャム
果汁に比べて黒っぽい赤になりました。

c0149408_17573524.jpg

ブラックベリー同様昨年毛虫くんにやられたブルーべりー
こちらは、毛虫くんからは守れたのですが、今年は
ヒヨドリに見つかってしまい、大半が食べられてしまいました(涙)
今までヒヨドリには食べられたことがなかったので、網をしてなかったのですが
慌てて網をかけました。
少しはジャムができるでしょうか・・・・・

さて、前回の記事で九州旅行の計画の話をしました。
3連休だし、紅葉シーズンだしということで、湯布院のホテルを
取るのが大変だろうと、そちらばかり気にしていました。
それが決まったので、今度は博多のホテルを取ろうとしたら
ホテルというホテル、すべて満室&キャンセル待ち状態。
博多区内どころじゃないんですよ。福岡市内はもちろん1時間以内の
近郊ののホテルや旅館もです。

いくら3連休でもおかしいな・・・と思い、近郊のホテルに
問い合わせした時に聞いてみたところ、
嵐やSMAPのコンサートがある時はうちのように離れた所でも
キャンセル待ちになるんですよとのこと。

で、調べました。そうしたらドンピシャリ!
20~23日までSMAPのコンサートがヤフードームで
あるではありませんか!!
いや~慌てましたよ。いったいどこにホテルを取ればいいのかと!!

翌日は、阿蘇方面に行く予定なので、途中の久留米のビジネスホテルを
取ることに。しかもシングルで5つです。
お友達のご主人さまが骨折ってくれたのですが、それでも福岡の
ホテルはどうしても取れませんでした。
でも、せっかくの旅行でビジネスにシングルで泊まるのもなあと
思っていたところ、そのご主人さまに他のホテルを教えてもらい
早速予約を入れ、1件落着です。
だけど、SMAPと重なって、飛行機も取れなかったらどうしよう・・・・

恐るべしSMAP!!


[PR]
by tawrajyennu | 2014-08-26 23:11 | Comments(14)

持ち寄り女子会

3連休の中日、持ち寄り女子会でした。
このブログを始める1年ほど前、友達に誘われて
初めてmixiなるものを始めました。
会員制の日記公開みたいなものですね。

日記をアップすると、ブログみたいにコメントが
入るのが嬉しくて、最初は毎日のように書いたものです。
その頃は、オフ会なんて何かも知らず・・・・
ただ誘われるままに行きました。
なんて大胆なこと、したんでしょうね~
でも、それが私の世界を広げてくれました。

同じことに共感したり、議論したり・・・・
世代も違う人とのお付き合いはとても新鮮でしたね。
その頃お付き合いを始めた人たちと、2~3ヶ月に1度会っています。

今回はそのうちのお一人の家での持ち寄り女子会。
集まったご馳走は・・・・・
左上お野菜たっぷりサラダ、左下手作りウインナー
右上よこわとひらまさの刺身、右中分厚い身の鯖寿司、
右下手作りの鯛の味噌漬け
このほかに素麺も。

c0149408_22303795.jpg

まだまだありますよ~
左上ウナギと夏野菜の和え物、右上は左から茄子のグリルに
手作りの奈良漬けときゅうりの額づけ そして出汁巻き卵
そして、下がカットフルーツ、これがほんと見事でした。
Mちゃんが作ってくれたのですが、手早いんですよ。
あっという間に飾り切りしてお皿に盛ってくれました。

c0149408_22311410.jpg

これだけ、ご馳走を食べても、デザートは別腹
みたらし団子にヨーグルトケーキです。

c0149408_22312346.jpg

学生時代の友達を除いては、大人になるとなかなか新たに
友達を作る機会は少ないと思うのです。
育った環境も、住んでいるところも違う6人(この日は一人欠席で5人)
それなのに、10年もお付き合いが続いているのは、
それぞれに魅力があるからでしょうか・・・・
このグループはきっとおばあさんになっても、こうして集まっている気がします。


[PR]
by tawrajyennu | 2014-07-22 22:58 | Comments(16)

節分そして結婚記念日

今週は日曜日から、また田舎へ行ってました。
3日、4日と義母を病院に連れて行くためです。

3日は節分、とても暖かな1日でしたね。
義妹も来てくれて、お昼は恵方巻きにしましたが、病院から帰ったのが
1時半を過ぎていたので、あまりにもお腹が空き過ぎ、
写真を撮る間もなく食べてしまいました。

午後から、伯母たちが義母に会いに来てくれた時に
こんな可愛らしい恵方ロールを買ってきてくれました。
c0149408_09252772.jpg
孫でもいなければ買わないだろうな・・・・
この日は、今年88歳になる義母を頭に82歳と78歳の伯母たち、
三姉妹が久しぶりに集まりました。

伯母たちは夕方には帰りましたが、夜には姪っ子が来てくれて
久しぶりに親子三代集まった賑やかな食卓でした。

そして、門にはいわしの頭とヒイラギを飾りましたよ。

c0149408_09334353.jpg
もともと、焼嗅(やいかがし)あるいは柊鰯(ひいらぎかがし)と
いわれる節分行事で、正月行事が一段落する小正月(1月15日)の
翌日から節分(2月3日)までの行事だとか・・・
鬼の嫌いな柊のトゲと鰯の臭気で鬼を退散させようとしたことから、
豆撒きの節分行事と同じ意味を持つんですね。
そんな行事だったとは知らず、節分の当日に飾ってしまいました。
そして、翌日の立春には外してお炊き上げするそうです。

鰯の頭のようなつまらないものでも、信仰すれば非常に尊いものに
思えることから、信仰心の不思議さを例えたことわざ『鰯の頭も信心から』は、
ここから来ているとか。

hiroさんから『節分には蕎麦』という話を聞いたので、調べてみました。
興味のある方はこちらを見てくださいね。

そして、我が家では豆まき用の大豆は、お味噌に仕込まれたのでした。
20年ほど前に一度だけ味噌を手づくりしたことがあるのですが
それ以来やったことはありませんでした。
でも、その時の味噌の美味しさは覚えていたので、今年は作ってみることに。
姪っ子は大豆を潰すのを手伝ってくれたので、あっという間に出来ました。
2人、夢中でしたいたので、写真を撮り忘れ(苦笑)

樽に詰めたところがこちら・・・・
10ヵ月後、美味しいお味噌になってくれるかなあ。

c0149408_09455042.jpg
翌日は立春、昨日とうってかわってとても寒い1日でした。
この日は私たちの35回目の結婚記念日。
田舎にいたので、特にお祝いはしませんでしたが、
二人健康でこの日を迎えられたのが一番だなと・・・・・

あと何年こうして2人揃って記念日を迎えられるのか分かりませんが
お互いを支えあい、楽しく過ごしていきたいものです。




[PR]
by tawrajyennu | 2014-02-06 09:52 | Comments(26)
久しぶりに京都に行ってきました。
出かける時から寒いなと思っていたら、京都では雪がちらついていました。

この日の目的の場所はこの時に行った『ギャラリーかもがわ』です。

c0149408_1531332.jpg

(これは以前行った時に撮ったもの)

町屋を改装したこのとても素敵なギャラリーで開かれている
『3.11ミニアチュールART展2013』を見に行ってきました。

c0149408_158435.jpg


この展覧会は3.11東日本大震災に立ち上がった創作者たちの連帯展。
あの地震から2年が経とうとしていますが、被災地の人たちの
暮らしの再建は、なかなか進まず、事態は深刻化していくばかり・・・・・
創作者としてその人たちのために何が出来るか・・・・・を考えた時に
被災地の創作者と連帯し、応援する企画として始められたのがこの展覧会だそうです。

3月11日にちなんで、311ミリ×311ミリの小さな枠の中に
285名の創作者の思いが込められています。
その思いに触れ、とても感動しました。

c0149408_1518375.jpg


c0149408_15192829.jpg


ブログでいつも仲良くして頂いているnobukoさんも作品を出展されていました。
nobukoさんに作品を色々と説明して頂きながら、ゆっくりと見させて頂きました。
でも、nobukoさんの作品は既に売れてしまっていて、見ることが出来ず、残念でした。
他にも残念だったのは、絵本作家の田島征彦さんの作品もあったそうなのですが
それもちょっと前に売れてしまったみたいで、見ることが出来ませんでした。
売れた作品の場所には新聞紙と針金で作った双葉が飾られていて、素敵なアイデアだなと思いました。
チャリティなので、作家さんたちが好きに値段をつけているそうで
かなりお得なお値段が付いていました。

この日は同じくブログで仲良くして頂いているジャックちゃんとも
会場であいましょうねと約束していました。
nobukoさんともジャックちゃんとも久しぶりに会い、素敵な時間が持てて
京都まで行った甲斐がありました。

この展覧会の収益で東北の作家との交流・合同展覧会を企画し、
創作の喜びを分かち合える支援にしたいと伺って、私も気に入った作品を
一つ買いました。


More・・・・・四葉のCLOVER
[PR]
by tawrajyennu | 2013-02-25 16:01 | Comments(12)

元気でいるということ

ご無沙汰いたしておりました。
ご心配頂き、ありがとうございました。
もう(たぶん)すっかり元気になりました。

以前にも書きましたが、介護生活も1年を越えました。
その間、自分の時間を少しでも確保したいという思いで
自宅と田舎との行ったり来たりの生活を選びましたが
車の運転がすきでも、山道を片道1時間強というのは、意外に疲れます。
そうした疲れが溜まっていたのか、昨年の8月には蕁麻疹にかかり、
未だに治っていません。風邪を引けば、長引きますしね。

先日は、熱が出て、解熱剤を飲み、その後夕飯を食べている時に
急に胸の辺りが締め付けられるようになり、意識が遠のいてしまいました。
と同時に脂汗が出て、ぽたぽた落ちてくるほど・・・・
夫がびっくりして、救急車を呼ぼうかといったのですが、なんせ山の中・・・・・
救急車は比較的近くに消防署があるので、早く来ても
病院に行くのに、かなりの時間がかるし・・・、ということで、呼びませんでした。
そうこうするうちに、おさまってきたので、一安心。
翌日、かかりつけの病院に行きましたが、そのときは症状がないのですから
説明するだけでは、原因がわかりませんでした。
今後、同様の症状が出たら、検査をしましょうとのこと。
とりあえず、今のところは同様のことは起きていないので、一時的だったのかしら・・・・

高校時代は体育系のクラブだったし、その後もスポーツは続けていたし
体力には結構自信があったのですけどね。
こんな風に病気に罹りやすかったり、治りにくかったりというのは
年とともに、免疫力が落ちてきたのが原因でしょうか?

免疫力というのは、18~22歳がピークで、後は年齢を重ねるごとに落ちてくるそう。
癌年齢と言われる40代には、ピーク時の50%に減り、
70代だと10%にまで減ってしまうんだとか。
となると、私の年齢では、25%くらいにまで減っているのかもしれませんね。
免疫力が下がる原因は上記の加齢のほか、環境・食生活・ストレスなどがあるそう。
その中でも、一番の原因となるのは、『ストレス』だと言われています。
加齢は自然の摂理なので、仕方ありませんが、日ごろから免疫力が
落ちないようにする努力が大切なのだなと思いました。

環境や加齢は、自分自身の意思では、大きく変えることはできませんけど
食生活では、自分の考え次第で変えることができますから、
意識して、体に良い食品・食材を摂りたいと思います。
色々な食品や食材が免疫力をアップすると言われているようです。

緑茶・唐辛子・生姜・ブルーベリー・シナモン
さつま芋・トマト・きのこ類・イチジク・ざくろなどなど・・・・
白菜や大根・小松菜・梅干やにんにくなども宵のだとか・・・・
どちらにしても、添加物の入らない、より自然な食材をバランスよく
食べるのが良さそうな気がします。

人生の大きな節目を迎える年となり、より健康に気をつけて
楽しい1年を送りたいものですね。

ところで、私につられたわけではないでしょうが・・・・
我が家のわんこも、年末から体調が良くありません。
食べたものを戻したり、下痢になったり・・・・
でも、元気で食欲もあるし、お散歩に行く足取りもとっても軽いのですよ。
なのに、ドッグフードを食べるとダメなのです。
それで、今はキャベツや人参などの野菜と鶏のささ身などを
よ~く煮て、与えています。
これだと、ほとんど戻すことはないし、下痢もちょっとはましなのです。
言葉をしゃべらない動物なので、とても心配です。

自宅では、わんこは1階のリビングで寝て私は2階に寝ていますが
そうすると、夜中とか夜明けに目を覚まして、わんわん言います。
田舎では同じ部屋で寝ているのですが、そうすると、安心なのか
夜中も起きることなく寝てくれます。
早く治って元気になってくれると良いのですが・・・・・
一昨年にはわんこ友達が、昨年秋にはわんこのママが
そして今年に入ってからは、ご近所のわんこが亡くなり
同じ頃に飼いだしたわんこはみんな虹の橋を渡ってしまい、寂しくなりました。

人間も動物も大きな病気にかかることなく寿命をまっとうするのは
自己努力も大切なのだなと思う今日この頃です。
[PR]
by tawrajyennu | 2013-01-21 16:46 | Comments(34)

33回目のl記念日

昨日は立春・・・春とは名のみで寒い一日でした。
この日は私たち夫婦の33回目の結婚記念日。

義母の退院後、夫はほとんど田舎暮らし
私は行ったり来たりの生活で、二人揃っての外出は
日常の買い物くらい・・・・

記念日くらい二人だけで食事に行こうと
義母には留守番をしてもらい、出かけました。

行ったのは、何年か前から目を付けていたイタリアンレストラン。
国道から見えるとはいえ、田んぼの中にぽつんと建っているそのレストラン
どんなところが気になっていました。
ネットで調べると、賛否両論、でも、まずは自分の目と舌で確かめなくちゃね。

お客さんはよい具合に出たり、入ったり・・・・
ランチメニューには肉料理が載ってなかったので
尋ねると、夜のメニューを持ってきてくれて、「お作りいたします」とのこと。
地元産のお野菜を使ったパスタも肉料理も美味しかったし、
店員さんの応対もよかったわ。
前回のイタリアンのように待たせることなく
適当な時間でお料理が出てくるのが何よりでした。

結婚した当初は、結婚何十周年なんて想像もつかなかったけど
こうして実際30年以上たってみると、あっという間だったような気もします。
この間家族みんなが健康で過ごしてこれたことは何よりでした。

なので、昨年の夫の癌騒ぎはショックな出来事でしたね。
やはり健康であればこそ、年をとっても楽しい生活ができるのだと思います。

今は義母のことで別々に過ごす時間が増えましたが
夫が田舎で家事をするようになったせいか、私が今までしたきた家事を
積極的に手伝ってくれるようになったのは、嬉しい誤算でした。
私の両親も夫の両親も金婚式を迎えることは出来ませんでした。
私たちは金婚式を迎えるまで、あと17年、
それまでお互いに元気で過ごせたらいいねと話しています。
[PR]
by tawrajyennu | 2012-02-05 12:57 | Comments(26)

福袋

福袋・・・・・子どもの頃にあの中にはどんな良い物が入っているんだろうと
いつも憧れていました。
1年に1度だけ、お正月の時にしか売ってないので、
余計だったのかもしれません。
初売りの日になると、デパートの入り口にはいつも行列が出来ていて
オープンと同時にみんなお目当ての売り場に行っていましたね。

私も社会人になって自分のお金で買えるようになった時に
何回か買ったことがあります。
2~3千円ほどの福袋だったんじゃないかなあ。
その頃は本当に中に何が入っているかわからなくて
開けてみてのお楽しみでした。
欲しい物やお買い得品が入っていたりしたら、
随分得した気分になったものですが
いかにも処分品なんて物が入っていると、がっくり・・・・・
結婚してからは買うことも無くなってしまいました。

最近の福袋は整理券を貰って買ったり、
予めネットで予約したりなんて物もあるんですね。
それに金額も何百万なんて物もあったり・・・・
しかもそれが売れるんだからお金のあるところにはあるのね。

先日コンサートの帰りについふらふらっと買ってしまった福袋は
時々覗きに行く輸入食器店のもの。
もともと初売りで通常より60%引きになっていた物が欲しくて行ったのですが
色々見ているうちに棚に飾ってある福袋に目が・・・・
中身は予め、展示してあるので、何が入っているかわかるようになっていました。
約5万円相当のものが1万5千円でした。
店員さんの『こちらお買い得ですよ~』の言葉に乗ってしまったのが夫。
その中の1点が前から持っているシリーズの1つだったんですよね~

その中身がこれ!!

c0149408_18413022.jpg


コーヒーカップ&ソーサーそしてケーキ皿のトリオはドイツの
リンドナーのもの。
リンドナーは、マイセンにいた職人さんが独立して起こしたブランドで
全て受注生産なのだそう。
ロックグラスは以前買ったボヘミアンのワイン&ビアグラスと同じシリーズ。
四角いガラス皿はNachtmannのもの。
このお皿、そのお店では引き出物№1なんだとか・・・
ネットで調べてみると、和洋どのようにでも使えて便利そう。
我が家でこれから活躍してくれそうです。

福袋は何十年ぶりかで買いましたけど、今回のは満足、満足でしたよ。
皆さんは福袋、お買いになりましたか?
買った方はどんな福袋を買ったのでしょう?
[PR]
by tawrajyennu | 2011-01-13 18:42 | Comments(20)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu