「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ハイキング( 3 )

あじさいハイキング

先週は雨続きのお天気でしたが、日ごろの行いがよいせいか(笑)晴れ渡った金曜日に
あじさいを観に、友達とハイキングに行ってきました。
目的地は、大阪府民の森の中のぬかた園地。
府民の森は、大阪府が府政100周年を記念して、金剛生駒紀泉国定公園の
身近で豊かな自然を楽しめるように森や施設を整備した公園で
大阪府と奈良県の境に4つの園地、その他の場所に2つの園地があり
ハイキングコースやキャンプ場などがあるんですよ。

私たちが行ったぬかた園地にはあじさい園があって、
30数品種・2万5千株以上のあじさいがあるのです。
奈良であじさいといえば、大和郡山の矢田寺が有名ですが
最近、このぬかた園地のあじさいが素晴らしいと聞いて行ってみたかったのです。

大阪から来る友達とは生駒駅で待ち合わせ、私の車で生駒山麓公園の駐車場まで行きました。
ここの駐車場は生駒市民なら無料で利用できるのです。
車を置いて、いよいよハイキング開始!!
生駒縦走歩道を歩いて行きます。あじさい園までは片道4キロ弱
往復歩いても8キロほどとちょうど良い距離なのです。

いつもなら何人かハイカーの人たちに会うのに、この日はあじさい園近くまでに
お会いしたのはたったお1人だけでした。
1時間ほど歩くとあじさい園到着です。

標高が高いせいか、まだまだあじさいは、見ごろできれいに咲いていました。


c0149408_17532256.jpg

c0149408_17531700.jpg

往復とあじさい園とで3時間ほどのハイキングでした。
ハイキングの後は、我が家行きつけのお寿司やさんでまずはビールで喉を潤しました。
沢山歩いて汗をかいた後に飲むビールの味は格別ですね。
(あっ、もちろん私、車を家に置いてきたのでアルコールOKなのでした。)
その後、お寿司と天ぷら、にゅう麺とデザートに水羊羹のランチ。
大将の計らいで1品とふぐのたたきのお寿司をサービスしてもらっちゃいました。

その後も近くのファミレスでアイスクリームを食べながらお喋り。
次の計画もしっかり立てたのでした(笑)
だって、元気なうちに遊ばないとね!!


[PR]
by tawrajyennu | 2016-07-03 18:57 | ハイキング | Comments(18)

矢田丘陵遊歩道を歩く

久しぶりにハイキングに行ってきました。
歩いたのは、『矢田丘陵遊歩道』
矢田丘陵は、私の住んでいる市と金魚で有名な
大和郡山市をまたまるようにあります。
市街地に接しながら、未だに豊かな自然が残されているんですよ。
その一部が遊歩道として整備されています。
全長11.4キロで、多少のアップダウンがありますが、
ウォーキングに丁度良い感じのコースです。

我が家からまず歩いてコースの起点へ・・・・
c0149408_11034147.jpg
住宅地のすぐ裏にこんな林があり、落ち葉の道があるなんて思いませんでした。
この住宅地が出来た頃、友人の家を訪ねていったら、
住宅地の中の道を雉が歩いていて、裏山へ飛んで行ったことがあり、
まだまだ自然が豊かなんだなと思ったものです。

しばらく歩くと風歩道脇の溝をビニールで覆ってあるのを目にしました。
この溝は田んぼに水を引くための用水のようで、落ち葉が落ちて
水が流れなくならないように覆っているようです。

c0149408_11032736.jpg

その水源地となる池が山の中にありました。
こんな所から水源を引いていたんですね。

c0149408_11033565.jpg
このように、自然豊かなコースですが、すぐ傍には住宅があり、
交通量の多い大阪と奈良を結ぶ道路が走っていたりします。
その道路を渡ったところにも、池がありました。

c0149408_11034956.jpg


しばらく行くと、展望広場に出ました。
そこからは、生駒山や町並み・田園風景が一望できるんですよ。

c0149408_11040446.jpg
この遊歩道、地主さんのご好意で山の中の道を整備させてもらい、
遊歩道として私たちが利用することが出来ます。
四季彩の森・山の端回廊ゾーン、健康の森・シンボル交流ゾーン、
学習の森・自然体験ゾーン、遊びの森・いきいき回廊ゾーン

4つのゾーンがありテーマに沿った遊歩道作りがされています。

こちらは、途中の林で見つけた『ふくらそう』の木

c0149408_11041294.jpg
ふくらそうは冬青(そよご)のことで、風に吹かれた葉が
ソヨソヨとそよぐ音から来ているそうです。
夫の田舎では、お正月の時にこのふくらそうと松を神社のお飾りに
飾る慣習があります。
枝打ちしたものが落ちていたので、少し頂いてきました。
c0149408_11041877.jpg
このふくらそう、葉っぱが波打っているのが特徴で、
葉っぱを見るとすぐに分かります。ねっ、波打っているでしょ?
c0149408_11042315.jpg

この日は、途中から雪模様になったのと、道が途中使用禁止になって
迂回路になっていたこともあって、最後まで歩かずに帰りました。
コース最後の手前から紫陽花で有名な『矢田寺』まで歩くことも出来ます。

それでも、家→コース→家までおよそ10キロほど19000歩ほど歩きました。
心地よい疲れでした。

[PR]
by tawrajyennu | 2014-01-16 11:51 | ハイキング | Comments(16)

心地よい疲れ

冬の間・・・・寒い!寒い!を理由に犬の散歩やウォーキングに行っても
汗をかくほどの運動はしていませんでした。
なんだか体が固くなってしまったようで、『これではいかんやろ!!』と
暖かい日を選んで夫とハイキングに出かけました。
持ち物はおにぎりとお茶、そしてチョコレート。

コースは我が家から四條畷の飯盛霊園を通って府民の森ほしだ園地へ。
そこから私市の磐船神社を通って帰るというもの。

先ずは飯盛霊園へ、ここは知る人ぞ知る桜の名所。
この日はほんのりとピンクに染まり、膨らんではいたものの
まだ咲いている桜はありませんでした。

c0149408_21571464.jpg


この霊園の奥にハイキングコース『まつかぜの道』があるんです。
林の中を歩く完璧な林間コースでした。
周りが見えず見晴らしのよい展望台がないせいか、
ちょっぴり物足りなかったかな・・・・

c0149408_21594895.jpg


途中、山椿の花や

c0149408_2204422.jpg


馬酔木の花を見ながら歩きました。

c0149408_2213228.jpg


歩き始めて3時間・・・磐船神社に到着。
ここは天照大御神の御孫神にあたる饒速日命を祀っている神社で
ご神体は饒速日命が乗って来られたという『天の磐船』という巨岩。
その大きさは高さ12m、幅12m.あるそうです。
そしてここの神社の見どころはなんといっても『岩窟巡り』
ここの岩窟は古来より神道家や修験道の行場として知られ、多数の巨石が形作られています。
では、岩窟の様子をどうぞ!

ほとんど垂直に見えるはしご段
c0149408_22161043.jpg

丸太を3本針金で結んだ丸木橋
c0149408_22162919.jpg

人一人がやっと通れる細い穴を潜り抜けて・・・・
c0149408_2217782.jpg


境内に天野川というのが流れているのですが、この岩窟の中に
急流となって流れ込み、昔は大雨が降るとよく氾濫したので
今では川の水はトンネルの中を流れ、この岩窟の中には
ほとんど流れていないのがちょっと残念に思いました。
あ~でも、水が流れていたらスリル満点過ぎたかも!!

昔の姿を守るため、必要最低限の安全措置しかしていない岩窟・・・・
なので、特別な行を知らない人でも岩窟巡りをするだけで
行になると言われるのそう。
というわけで、私も行をしたことになるらしいです。
危険なため、年齢制限があるんですよ。
入れる人は10歳以上75歳までなんですって。

この後はひたすら歩いて我が家へ・・・・
計算したら12キロほど歩いていました。
この日の夜は心地よい疲れのせいか、
ぐっすりと眠れたのはいうまでもありませんでした。



ブログで仲良くしているおごしゅさんのところでこんな素敵な企画を教えて頂きました。
『コビトノウタ』ゆったんDADさんの義援金支援プロジェクト『Pray for Japan』です。
是非みなさんも参加してみませんか?

c0149408_22441919.jpg


写真での参加は恥かしい・・・と言う方は購入と言う形でご協力できますので
一度覗いて見てくださいね。
[PR]
by tawrajyennu | 2011-04-03 22:48 | ハイキング | Comments(14)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu