「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:田舎のこと( 102 )

3週間ほど前に蒔いた日の菜、壬生菜はそろってみんな芽が出てきました。
が、大根は2年前の種だったせいか、全く芽が出てこない。
なので、新しい種を蒔きなおしました。
さて、今度はちゃんと芽を出してくれるでしょうか?

そして、白菜、キャベツ、水菜、ブロッコリー、レタスの苗を植えました。

c0149408_11414813.jpg

他に、去年植え損なったラッキョウ、大蒜を植えましたよ。
後は、玉ねぎを植えたらお終い・・・

いつも田舎の家に行く時に、近くの「花香房」で、
産直野菜や花&野菜の苗を買っています。
この日行くと、お店の人に珍しいものがあるからと勧められた物があります。

c0149408_11415157.jpg

これ、何だか分かりますか?
「マコモダケ」というそうです。私は初めて見ました。
これはイネ科のマコモという植物の根元が寄生した黒穂菌によって
肥大して出来た茎の部分だそう。
9月下旬から11月初めまで収穫できて今が一番食べごろなんですって。
食物繊維、カリウム、ビタミンなどが主な栄養素。

お店の人に食べ方を教わって調理してみました。
まずは洗ってそのまま焦げ目が付くまで焼きます。
そうして、皮を剥き、中の細い筍のような部分を食べます。

そのままお塩を振って食べてもいいそうですが、オリーブオイルで焼いても
美味しいと聞いたので、オリーブオイルで焼き、塩を振ってみました。
ちょっと甘味があり、シャキシャキとした歯ごたえで美味しかったです。

c0149408_11415474.jpg

さて、この日の夕方、草取りをしていて、目と目の間を何かに刺されました。
部屋に入って鏡を見てみると既に赤くなっていたので、
虫刺されの薬を塗りました。
お風呂に入る時にもう一度鏡を見てびっくり!!
なんと、左目が腫れているではありませんか・・・
そして、翌日には目が半分しかないような状態に。
さらにその翌日には右目まで腫れてきて・・・
顔が変貌してしまいました(泣)
以前にも目の近くを刺されたときに貰った薬があったので
それを塗りましたが、サングラス無しでは外出も出来ませんでした。
ようやく腫れが引いてきて、サングラス無しでも外出できるように
なったのは、刺されてから5日目のこと。
つい、見難いのと面倒なのとで、ネットを被っていなかったのですが
これからは、ちゃんとネット着用しないといけませんね。
多分、刺したのは「ブヨ」かと。
皆さまも草取りの時は気をつけて下さいね。


[PR]
by tawrajyennu | 2016-10-10 18:39 | 田舎のこと | Comments(14)
暑い日もありますが、すっかり秋の日差しとなりましたね。
少し前のことになりますが、お彼岸のことを少し・・・・

1日目は、近くの父方の従兄弟の家でいとこ&その連れ合いが集まりました。
いとこたちがお料理を作ってくれ、お昼から宴会。
この父方のいとこたちは、本当に仲がよいと思います。
今年は夫の妹も久しぶりの参加です。
こちら男性陣

c0149408_23504043.jpg

そして、こちらは女性陣です。
誰と誰が組み合わさるのかは、ご想像してくださいな。

c0149408_23504405.jpg

お料理の写真は、ありませんが、色々なお料理が並びました。
サラダ、牛肉のたたき&玉ねぎソース、かつおのたたき、煮物などなど
食べきれないほどでした。

夕方からは、第2部です(笑)今度は、炭火焼。
牛肉、お魚類、野菜などを、炭火で焼きながら頂きました。
なんだか1日中食べっぱなし。気がつけば、午後10時になっていて・・・
慌てて、片付けて帰りました。

翌日は、我が家の彼岸参り・・・・
いつもの叔母たちに加え、今年は8月に結婚したばかりの
姪っ子夫婦も来てくれて賑やかに。
若者が来るというので、いつもは和食中心なのですが、
和洋折衷の料理になってしまいました。

c0149408_23510659.jpg

こちらは、かぼちゃの肉詰め焼き

c0149408_23505770.jpg

これは、変わりラタトゥイユ、レシピはこちらを参考にしました。

c0149408_23504923.jpg

レシピには載ってないのですが、アクセントに
手作りのアンチョビを乗せてみました。

c0149408_23505340.jpg

そして、こちらは季節の栗を使った栗と鶏肉、しいたけの旨煮。
ご飯は、茸の炊き込みご飯にしました。

c0149408_23510160.jpg

食後、みんな揃ってお墓参りに行きました。
毎回メニューに悩むのですが・・・
おばたちが元気で来てくれる間は頑張ろうと思います。


[PR]
by tawrajyennu | 2016-10-06 11:37 | 田舎のこと | Comments(15)
夏のぎらぎらした太陽ともお別れ・・・・
少しずつ秋の気配が感じられるようになりましたね。

夫は毎週のように田舎に行っていますが、私は都合で行かないこともあり・・・
畑は夫にほとんどお任せ状態でした。
でも、ちゃんと草刈りもやっていたんですよ。

さて、今年は、大玉トマトもプチトマトも出来がよく
大玉など、雨よけの覆いもしないのに、割れることもほとんどなく
きれいなトマトが出来ました。
ねっ、つやつやしてきれいでしょう?

c0149408_10405714.jpg

これは、そのまま食べるのはもちろんですが、それでは食べるのが追いつかないので
今年は、pinkyさんの真似をして、トマトケチャップを作りました。
家でケチャップ?なんて思っていましたが、意外に簡単に出来るのですね。

c0149408_10410141.jpg


c0149408_10410585.jpg

それから、ミニトマトは蜂蜜マリネにしたり、そのままサラダに入れたりして
食べましたが、食べきれず・・・ドライトマトにしました。
太陽の光を浴びて、甘い美味しいトマトに変身しましたよ。

c0149408_10391642.jpg

ピーマンも次から次へと出来るし、自宅でもプランターで作っていたので
いつもの「ピーマンの蒸し炒め」にして食べました。
これだと、一度に15個くらいのピーマンがぺろっと食べられちゃうのです。

c0149408_10385341.jpg

そして、今年はなんとズッキーニが豊作でして、しかも、お化けズッキーニとなりました。
観てください、左のズッキーニ。重さなんと2.4キロもあるんですよ。
こんなのが10本ほど取れました。
本当は右のズッキーニのようになるはずなんですけどね。
炒め物や揚げ物にしたり、ポタージュにしたり、
もちろんご近所さんにお嫁にも行きました。

c0149408_10362749.jpg

きゅうりは、夫が間違っていつもと違う種類を買ってしまい、
下のような白っぽいきゅうりが出来ました。
いつものに比べると歯ごたえが悪く、私的には好きな種類ではありませんでした。
来年は間違えずに買わないと!!

c0149408_10363856.jpg

豊作だったのは、他にもあります。カボチャです。
今年はラグビーボールのような「ロロン」というカボチャと「白雪」というカボチャを
植えてみました。
ここに写っているのは、一部で、全部で30個以上も取れました。

c0149408_10412064.jpg

左上は坊っちゃんカボチャというかわいらしい大きさのカボチャ。
まるごとレンチンし、中身をくり抜いてクリームチーズと合わせ
蒸し焼きにして、まるごとカボチャチーズケーキを作ってみました。
これ、お勧です。美味しかったですよ。

c0149408_10411144.jpg

いつものように、ジャムも作りました。
ブラックベリーとブルーベリーです。
今年は、昨年より少し、実の付き方が悪かったみたい。

c0149408_10404226.jpg

c0149408_10402332.jpg

夏の間、楽しませてくれた夏野菜や果物たち、ありがとう!
冬野菜にバトンタッチですね。


[PR]
by tawrajyennu | 2016-09-14 15:00 | 田舎のこと | Comments(12)
3ヶ月ぶりの田舎便りです。
田舎での行事や出来事を書きとめておこうと始めた田舎便り・・・
この記事で100回を迎えました。
最初の記事は2008年1月でしたから、もう8年以上続いていることになります。

今回は田舎の家のことを少し・・・・・
私が初めて田舎の家に行ったのは結婚した時です。
大阪で式・披露宴をしたのですが、夫の祖父母たちは出席出来なかったので
翌日田舎でも披露宴をしたのでした。

その田舎の家は、今から140~150年ほど前に建てられた家。
当時は、おくどさん(田舎ではかまどのことをおくどさんと呼びます)
こそありませんでしたが、まだ土間が残っていました。
お風呂もトイレも家の外にあって、町育ちの私は驚くことばかりでしたね。

土間から続く居間に上がるには、段差40センチほどを上がらなくてはなりませんでしたし
土間の天井には20~25センチ角はあろうかという太い梁が渡っていました。
その梁は長い間、おくどさんを炊く時に出る煙から出たすすで真っ黒けでした。

今から6年ほど前、義母が年とともに、土間から居間へ上がるのが大変になってきました。
私や夫でさえ、「よっこらしょ!」と掛け声を出さないと上がれないのですから
70後半のお年寄りには、辛いですよね。
というわけで、家のリフォームをすることになりました。

天井にある梁です。

c0149408_14173778.jpg

c0149408_14173209.jpg

こちらは、これから新しいキッチンになる部分

c0149408_14174101.jpg

それが、こんな風に新しく変わりました。
段差は全く無くすことは出来なかったのですが、以前の半分以下の段差になりました。
天井は、太い梁をそのまま生かすようにしました。

c0149408_14203972.jpg

キッチン部分です。
システムキッチンは似合わないので、プロ仕様のステンレスキッチンを入れました。

c0149408_14203572.jpg

念願だった薪ストーブも設置したんですよ。

c0149408_14204459.jpg

こんな私たちの田舎の家に、海外から(ルクセンブルク)お客様が来て下さいました。
私の友達の家に滞在し、奈良・京都・大阪を2週間かけて、楽しんでいるご一家。
そのうちの1日を日本の田舎の家を、田舎の風景を見たいということで、来てくれました。
ご主人さまがルクセンブルクの方、奥さまは香港の方です。

c0149408_14473274.jpg

せっかく遠い所を来てくださるので、お昼を用意することにしました。
お二人とも料理人だと聞いていたので、何をお出ししようかと悩みましたが
夏野菜や夏らしい素材を使った、でも、あまり手のかからない料理にしました。
写真奥の左から、豚しゃぶの葱ソース、冬瓜と海老の煮物、鱧の湯引き
手前左は近くの川で取れた鮎の炭火焼き、その隣が夏野菜の和風ジュレ
これに、そうめんとおにぎり2種をお出ししました。

c0149408_14481109.jpg


c0149408_14482935.jpg

とっても喜んで下さって、作った甲斐がありました。
一緒に来た子どもさん、写真で見た時はとっても大人っぽくて高校生くらいかなと
思っていたら、なんと11歳の小学生だとか。
お料理が大人向けで少しかわいそうだったなあ。

食事をしながら色々な話をしたり、日本の古民家の暮らしや、風景を楽しんでもらいました。
ちょうど、稲刈りが始まったところで、それも観てもらえてよかったです。
食事の後は、近くの夫の従兄弟の家にまだ現役で使っている
「おくどさん」(かまどのこと)を観に行きました。
田舎でも、まだおくどさんが残っている家は数少ないですし、
まして現役で使っているところはほとんどないんじゃないかな。
春の筍取りの時や年末などのお餅つきの時に活躍しているんですよ。

友達が私の夫の田舎が山の中にあると話した所から、実現した今回の訪問
大変なこともあったけど、私もとても楽しませてもらいました。
普通なら体験できない山の中の古民家の暮らしが、今回の旅行の思い出の
1つとして、彼らの心に残ってくれたら、嬉しいなあ・・・・


[PR]
by tawrajyennu | 2016-08-29 15:57 | 田舎のこと | Comments(22)

田舎便り99 畑の様子

さて、久しぶりの田舎便りです。
5月連休過ぎから、苺が取れだしました。
今年は自宅にはプランター4つ、田舎には2畝50株ほど植えました。
「自分で作った果物でジャムを作る」のが畑仕事の出発点でしたので
これまでに、ブルーベリー、ブラックベリー、無花果、桑の実などで
ジャムを作ってきましたが、苺はまだだったのです。

が、今年はこんなに沢山採れ、待望の苺ジャムを作ることが出来ました。
これ、1日で取った量です。

c0149408_09210580.jpg

大きさは様々ですが、やはりプランターよりも粒が大きかったです。
中にはこんなに大きなものも・・・普通の苺の3倍はありそうですね。

c0149408_09211020.jpg

この苺でシロップとジャムを作りました。
シロップの写真はありませんが、これをミルクに入れて
苺ミルクにすると、美味しいんですよ。
↓こちらは、ジャムです。

c0149408_09302343.jpg

翌日は、さすがに少しだけでした。
レタスが大きくなっていて、しかも沢山出来たので
頑張って食べないと!!

c0149408_09212369.jpg

ブロッコリーに絹さやも採れました。
豆類は、1度植えたのが遅霜にやられて駄目になり
植えなおしたので、収穫が今頃になりました。
ブロッコリーは、この他にも採れたので、半分ポタージュにしました。

c0149408_09211513.jpg

きゅうりもどんどん出来始めました。
これは自宅のプランターのきゅうりですが、節成りきゅうりというのを
植えたら、本当に節ごとに実が付くので、びっくり!!

c0149408_09391554.jpg

ブルーベリーも実が大きくなってきました。
今年も沢山出来そう・・・

c0149408_09215374.jpg

ブラックベリーも可愛い花が咲き、実も出来始めていましたよ。

c0149408_09220400.jpg

c0149408_09222192.jpg

こちらは、去年植えた葡萄。
今年は順調に実が付いて、大きくなっています。
実が収穫できると良いのですが・・・
そうしたら、少しワインが作れるかしら?

c0149408_09213080.jpg


[PR]
by tawrajyennu | 2016-06-02 18:48 | 田舎のこと | Comments(12)
ピーターの記事には沢山のコメントを頂き、ありがとうございました。
まだすぐそこにピーターが居るようです。
寂しさは少しずつ時間が解決してくれるのでしょう・・・

GWも今日で終わり・・・皆さまは如何お過ごしでしたでしょう?
私のGWは田舎中心、久しぶりにまとまった時間を田舎で過ごしてきました。
まずは、29日、夫の会社の人の田舎が我が家の田舎の近くなので
そこでみんな集まって筍掘り&BBQを楽しみました。

今年は筍が少ないと聞いていたのですが、1時間ほどで50本以上採りました。
採るそばから皮を剥き、すぐに茹でました。
その筍で筍ご飯を炊き、煮物も作りましたよ。
初めての方も含めて今年は17人が集まりました。

c0149408_13474644.jpg

翌日は、農作業&草刈りに精を出しました。
庭もどこもかしこも草だらけ・・・・
久しぶりに草刈り機を使ったら筋肉痛になりました。

苺も実がだいぶ大きくなっていたし、梅も去年より実が出来ていました。
新玉ねぎも収穫してみましたが、肥料が足りなかったのか、小さめでがっかり・・・
午後からは蕨とぜんまい取りにも行きました。

c0149408_13475929.jpg

ぜんまいを採りに行った山で珍しい植物を発見しました。
以前奈良の大神(おおみわ)神社にあるとTVで聞いて観に行ったことがある植物で、
「銀竜草(ぎんりょうそう」です。
形が竜のように見えることからそう呼ばれるのだとか・・・
暗い森の中に透き通るように白いその姿は神秘的でした。

c0149408_21520888.jpg

c0149408_21522388.jpg

じゃが芋もだいぶ大きくなってきていました。
葡萄も新芽が伸びてきて、かわいらしい花が付いていました。
今年こそ実が生ってくれると良いのですが・・・・
ブルーベリーは今年も沢山の花を咲かせていました。

c0149408_13480372.jpg

3日目は、久しぶりにピザ窯に火を入れました。
近くに住んでいる従兄妹たちに声をかけてピザを焼きました。
何回かやっていると段取りも良くなり、ピザも上手に焼けるようになったみたい。

c0149408_13422943.jpg

c0149408_13421540.jpg

4日目は、恒例の従兄の家での筍掘り&BBQでした。
今年の従兄の竹林は、裏年なのかほとんど筍が上がなく、この日は1本だけ・・・
なので、前日に知人の竹林で採らせてもらっておきました。
その数100本以上・・・
集まった人数は32人で下は2歳から上は80歳。

c0149408_13503023.jpg

この日は珍しく従兄の一人が鹿肉を持ってきてくれました。
背骨の両脇にある肉で生で頂きます。写真一番右下のが鹿刺しです。
お醤油とごま油、生姜、大蒜、砂糖で作った特製のたれで食べると
とっても美味しいです。

c0149408_13475186.jpg

この会ももう25年ほど続いています。
いつまで続くでしょうね・・・・


[PR]
by tawrajyennu | 2016-05-08 13:47 | 田舎のこと | Comments(24)

田舎便り97 田舎の春

三連休のことをもう少し・・・
寒い寒いと思っていても、田舎にも確実に春がやってきているよう。

前回行った時に、ちらほら咲いていたさくらんぼの花は満開だった。
今年は上手く実をつけてくれるだろうか・・・

c0149408_10291797.jpg

咲きかけていた古木の梅も満開。
薄いピンクと濃いピンクの花が青い空に映えている。

c0149408_10293267.jpg

c0149408_10292879.jpg

これらの古木は、夫が物心付いた時にはもうあって、大きな木になっていたそうだから
80年くらいにはなっているのかもしれない。

こちらは、柿の古木
今はすっかり葉がおちて、枝だけになっているけど、
私は何故かこの青い空とこの柿の木を眺めるのが好き!!
なんだか、力が漲るような気がするからかなあ。

c0149408_10292210.jpg

そうそう、春を告げるツバメもやってきていた。
門を入ったところの天井に3つの巣があるのだが、どれが気に入るのだろう?
ひゅ~っと飛んで来ては巣に入り、一休みしている。

c0149408_10294441.jpg

さて、畑のほうはというと、20日・22日の2日間でじゃが芋の植え付けをした。
今年は種芋を買うのが遅くなり、メークインと男爵はいつも買うところでは売り切れ・・・
他の店に行ったら5キロ入りの大袋しか売ってない。
というわけで、今年は十勝こがね1キロに北あかり1キロ
それに昨年収穫した残りのメークインを植えつけた。
植えたあとには、マルチを張り、種芋を植えた辺りに
十文字に切り込みを入れるのがまた一苦労。腰が痛くなってしまった。
なんとか植えつけてしまおうとやっていたので、写真を撮るのを忘れてしまった。

じゃが芋を植えつけた畑の一番端には、白菜が植えてあるのだが、
植えつけるのが遅かったのか、20個近く植えて巻いたのは5~6個のみ。
でも、そのせいか未だに青々として、なんと菜花が付いているではないか!!

c0149408_10301501.jpg

この白菜の菜花が美味しいというのは、以前からブログ友に聞いていた。
が、白菜として食べてしまうと、これはなかなかお目にかかれない。
今回お初にお目にかかることが出来て、嬉しかった。
叔母たちも、畑をしている友達も、菜花の中でこの白菜のが
一番美味しいと口をそろえて言う。

c0149408_10302070.jpg

早速摘んで自宅に持って帰り、翌日食べたが、まず茹でる前からして
香りが違うのである。
何ともいえない甘い香りとでもいうのだろうか・・・・
実際、味も甘味があって美味しかった。
おはなし会の夜の集まりがあったので、おひたしにして持っていったが
みんな、口々に美味しいと言ってくれ、持って行った甲斐があったというもの。
これは、自分で白菜を作っているからこそ、食べられるものだ。

それから、2月の霜で全滅した豆類たち・・・・
今回は、何とか苗を手にいれたので、スナックえんどう、

c0149408_10300511.jpg

えんどう豆

c0149408_10300046.jpg

絹さやの3種類を植えなおした。

c0149408_10295655.jpg


霜が心配だったので、寒冷紗をかけておいたのだが、正解だった。
自宅に戻ってきた翌々日、夫だけ又田舎に行ったのだが、翌朝は霜で真っ白だったという。

まだまだやることはたくさんあるが、今回はここまで・・・

[PR]
by tawrajyennu | 2016-03-29 15:17 | 田舎のこと | Comments(14)

田舎便り96 お彼岸

19日から田舎へ行ってきた。
前回田舎に行って以来、2週間ぶり・・・
中庭は、昨年防草シートを敷き、砂利を置いたので
99%草が生えなくなったが、他の場所は草だらけ。
春になるのは嬉しいのだが、これからは雑草との戦いになると思うと
何とも憂鬱になる。
とりあえず、目立つ草だけはこの日の内に抜いた。
門の所の端にも土がたまるとすぐに草が生える。
本当に雑草って逞しいなあ・・・・
お彼岸に叔母たちが来ると思うと、ほったらかしには出来ない。

翌日は久しぶりに普段はあけない仏間や和室の吐き出し窓もあけ掃除機をかけた。
仏壇の花も新しいのに変えないと!!
夫に裏からしきびを取ってきてもらう。
田舎のよい所は買いに行かなくても、家の周りで調達できてしまうところ。

そして、翌日の下準備をした。
午後からは、久しぶりに夫の妹が来たので、夜は3人で鍋を囲んだ。
夜遅く、長男が来てくれた。
久しぶりに、ゆっくり話をした。

3日目の21日は、叔母たちがお彼岸参りにやって来た。
母の妹たちだが、2人とももう80を越えているが元気である。
毎年、春&秋の彼岸には一緒に宴を囲み、お墓参りをすることにしている。

この日の宴のメニューは・・・

 ☆鯛のにぎり寿司・薄焼き卵ときゅうりサーモンの棒寿司
 ☆鯛のお造り
 ☆豚肉と蓮根の梅蒸し
 ☆オクラまんじゅう
 ☆帆立の甘辛煮
 ☆菜の花と烏賊のぬた
 ☆鯛とてまり麩のおすまし
 ☆アップルケーキ(画像なし)

ちょうど長男が来るというので、鯛を一匹買いし、
長男にお寿司を握ってもらい、お造りも作ってもらった。
何しろ、もと寿司職人をしていたし、
調理師の免許も持っているのでさすが!!だった。
一番大変だと思っていた料理をしてもらえたので、おおいに助かった。


c0149408_10284222.jpg

お造りは、皮付きのものをさっと湯引きしたものまで作ってくれたので
鯛だけのお造りだったけど、ちょっとは見栄えがよくなったかな

c0149408_10285877.jpg

こちらは、私作の料理
オクラまんじゅうが思いのほか、評判がよく嬉しかった。(右上)
下の豚肉と蓮根の梅蒸しも蓮根のしゃきしゃき感と梅風味が
叔母たちに気に入ってもらえた。

c0149408_10291457.jpg

この日お昼過ぎ・・・嬉しいことに義妹の次女が、婚約者を連れて
亡くなった祖母の仏壇に報告したいし、叔母たちにも挨拶したいと来てくれた。
久しぶりのおめでたいことに、みんなの心も弾んだに違いない。
私も初めて田舎に行った時は、町とはずいぶん違うとびっくりしたものだが
姪っ子の彼も同じように感じたのだろうか?

我が家の息子たちも早く嬉しい報告が出来るといいのだが
どうやら、その気がないらしく・・・・
当分は、報告できそうにないのが、辛いなあ(笑)

畑の様子は次回に・・・・



[PR]
by tawrajyennu | 2016-03-23 11:06 | 田舎のこと | Comments(18)

田舎便り95 畑の準備

前回の田舎便りから2ヶ月も空いてしまった。
冬は寒いし、畑仕事もあまりないので、田舎に行くのは夫任せ。
3月の声を聞いて、そろそろ始動しなければと思い、久しぶりに行ってきた。

ちょうど梅の花が満開で、綺麗だった。
毎年、花を沢山咲かせてくれるが、実は何故か少ない。
調べてみたら、梅の木は自家受粉するのはめったにないらしい。
ようするに、もう1本種類の違うのを植えないといけないのかな?


c0149408_17242047.jpg

c0149408_17242607.jpg

こちらは、樹齢何年になる木だろう?
相当古いものだというのはわかる。
蕾がだいぶ膨らんでいる。
よく観ると、ほんのりピンクの花が1つ咲いていた。

c0149408_17244760.jpg

c0149408_17245101.jpg

さくらんぼの花の蕾も膨らみ、もう2週間もしないうちに満開となりそうだ。
(ピントがずれてしまった)

c0149408_17245747.jpg

昨年は、せっかく4つの巣箱に蜂が入ってくれたのに、
スムシやスズメバチのせいで、みなさんお引越し。
蜂蜜が全く取れないという残念な結果となった。
今年はなんとしても蜂さんに定住してもらわないと!!
7つの巣箱を設置してスタンバイOK。
後は蜂さんの好きな金稜辺の花が咲くのを待つばかり。
気温も上がってきたし、そろそろ蜂さんの活動開始の時期だ。

c0149408_17250680.jpg

さて、このところ、夫の田舎では、イノシシ君はもちろんだが
鹿さんたちもお出ましになる。
1mちょっとの柵では、簡単に飛び越えてしまい、菜花や大根の葉っぱ
そして、玉ねぎの葉まで食べられてしまうのには参った。
そこで、今年は柵の高さをもっと高くしようということにした。


↓before
c0149408_17251524.jpg

こちらが after
これなら、鹿さんたちも飛び越えられまい!!

c0149408_17252304.jpg
この他、お彼岸の頃にはじゃが芋を植えつけるので
そちらの畑を耕し、肥料も混ぜ込んでおいた。
12mほどの畝が4本、久しぶりに鍬を振るったら筋肉痛になってしまった。
腕も痛いし、腰も痛い!


c0149408_17254780.jpg

残念だったのは、せっかく大きくなっていた豆類の苗が
2月の氷点下の時に、ほとんど駄目になってしまったこと。
マイナス10度なんて気温には到底敵わない。
もう一度蒔こうかどうしようか、悩むところだ。

1日半でよく頑張ったなあと思う。





[PR]
by tawrajyennu | 2016-03-09 23:05 | 田舎のこと | Comments(14)
久しぶりの田舎便りです。
昨年は不作だった日の菜と大根が、今年は良くできました。

日の菜は太くで長いのがたくさん出来ました。

c0149408_09385895.jpg

これはお漬物にします。
初めて日の菜のお漬物を食べたのは、夫の田舎で祖母の漬けたものです。
なんて美味しいんだろうと・・・これがあればご飯が何杯も食べられてしまう
危険だ!!と思ったものです。
日の菜自体もその時初めて知りました。関東では見たことがありません。

これをまず塩で下漬けし、水が上がったら酢とみりんで作っておいた甘酢と
糠でもう一度漬けます。

c0149408_09390295.jpg

すると、美味しい日の菜漬けが出来るんですよ。
祖母や義母がどんな漬け方をしていたか分からないのですが
この漬け方はご近所さんに教えて貰い、今では「師匠を追い抜いたね。」と
言われるほど上手に漬けられるようになりました。

こちらは大根、私たちにしてはよく出来たほうかな。

c0149408_09382345.jpg

こちらは、切干大根にしました。

c0149408_09383112.jpg

その他、柚子大根の漬物を作ったり、ふろふき大根にして
柚子味噌をつけて頂きました。
熱々をはふはふ言いながら食べるふろふき大根は美味しいですね。

その他、ブロッコリーもりっぱなのが出来ていました。

c0149408_09380684.jpg

こちらは、初めて植えたロマネスコ
まだ小さいのですが、ちゃんと育っていて嬉しい!!


c0149408_09381145.jpg


でも、カリフラワーは、駄目でした。
虫にやられたのかな・・・・カッグリ!

c0149408_09381642.jpg
今年は暖冬のせいか、既に私たちの住んでいる奈良では梅も椿も開花したと
年末のニュースで言っていました。
さすがに田舎では咲いてはいませんが、蕾が結構大きくなっていました。
(ピンぼけ写真で恥ずかしい)

c0149408_10025923.jpg

今朝のTVでは、愛媛県の伊予でもう菜の花が満開だと言っていました。
暖冬だと過ごしやすいですけど、作物の育成その他たくさんの影響があるんでしょうね。



[PR]
by tawrajyennu | 2016-01-07 10:21 | 田舎のこと | Comments(24)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu