「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

オルヴィエートの街を一通り散策した後、向かったのは・・・・
「死に行く街」と言われているチヴィタ・ディ・バニョレッジョという街。
ここは、お友達のブログで観て、「いつかイタリアに行くことがあったら
絶対に行ってみたいな」と思ったところなのです。
その後、TVの番組でも観ることがあり、今回のイタリア旅行を決めた時
「まず、ここには絶対に行かなくちゃ!!」と思ったのでした。

チヴィタに行くには、オルヴィエートからバスでバニョレレッジョへ。
バニョレッジョからはバスがあるのですが、
本数が少ないので歩くことにしました。
そうして、辿りついたところがここ!!

c0149408_11315421.jpg

チヴィタ・ディ・バニョレッジョは、ウンブリア州とラツィオ州の
州境に位置する小さな街。というより村かな・・・
この街に行くには、上の写真にあるような橋を渡らないと行けません。
このような街なので、「天空の街」とも言われているようです。
私は知りませんでしたが、2012年に日本の映画「ホタルノヒカリ」が
撮影された街ということで有名になったとか。

さて、この街に行くには、バスでバニョレッジョに着いた後は
写真にあるような橋を渡るのですが、この橋はコンクリート製で
300mほどあります。
けっこう傾斜があるんですよ~
そして、この橋が街に行く唯一の道というわけです。

c0149408_11315514.jpg

この街は、古代ローマより古くエトルリア人によって作られたと言います。
周りの台地は、トゥーホォと呼ばれる火山噴火による凝灰岩で出来ているため
風雨や川の浸食の影響を受けやすく、自然による変わった形状の土地が
良く見られるそうです。
そのため、エトルリア時代から古代ローマ時代には、敵から身を守るために
自然の城壁を利用した丘の上に街がいくつも作られ、その代表的なのが
先に行った、世界一美しい丘上都市と言われる「オルヴィエート」で
チヴィタもそんな街の1つだったんですね。

c0149408_11315522.jpg

チヴィタの街の周りは↑こんな地形に囲まれています。
これは、先ほど書いたように風雨や地震、川の浸食によって成されたもの。
これは、観ていると美しいと感じますが、こんな風に崩れていって
しまうのは、恐ろしい風景でもありますね。

さて、橋を渡りきると、サンタ・マリア門が迎えてくれます。
入り口上部の両側には、かつてバーニョレージョ人が制圧した
専制君主の象徴である人の頭を掴んでいる2頭のライオンが彫られています。

c0149408_11315464.jpg

門を入り、まっすぐ進むと、中心の広場
Piazza Duomo Vecchioに出ました。

c0149408_11315663.jpg

広場の東側には、サン・ドナート教会があります。

c0149408_16562570.jpg

広場には、数件のお土産屋さんやバールなどがありました。
私たちはその中の1軒に入り、この近くの土地で作られたという
ワインを頂きました。

c0149408_11315616.jpg

ワインも美味しいけど、この辺りは、オリーブオイルの
美味しい地域でもあるのだとか。
他に、蜂蜜や、豆類などが売られていました。

街自体は小さいので、直ぐに見て周ることができます。
この中にいると、中世にタイムスリップしたような気がします。
あたかも、そのあたりの建物から中世の人たちが出てきそう・・・
息遣いが聞こえてくるように思えました。

c0149408_11315450.jpg


c0149408_22205723.jpg

c0149408_22234504.jpg
どこを観ても素敵な街なのに・・・・今なお風化が進んでいる街
昔はたくさん住んでいたこの街、今では数家族が住むだけになったとか
でも、近年観光客がやってくるようになって、トラットリアやバール、
ホテルなどもあるんですよ。
でも、いつか・・・・
本当に消えてしまうのかもしれませんね。


[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-28 22:34 | 海外旅行イタリア | Comments(14)

贅沢な新年会

昨日は、5年半お世話になった料理教室の先生のおうちで、
一緒に習ったお仲間たちと遅ればせの新年会でした。

今回はなんとも贅沢なしゃぶしゃぶをしようということで
楽しみにしていたのですが、お正月以降、体調の悪い私は
欠席も考えたのですが、食べられなくても楽しい雰囲気と
お喋りを楽しめばいいやと参加することにしました。

前菜は先生が作ってくださっていました。

c0149408_11112717.jpg

ガラスの器に入ったのは、牡蠣の佃煮のクリームチーズ添え
紅白のは、蕪を使った椿寿司
もう一品は、鴨の燻製のデコポンサンド

c0149408_11115274.jpg

そして、そのなんとも贅沢なしゃぶしゃぶというのは
お肉はもちろん上等なものですが、浅いお鍋に玉ねぎの
厚めのスライスを敷き、そこへ、これは箱パックのもので良いのですが
日本酒をどぼどぼどぼっと入れ、そこでしゃぶしゃぶっとするというもの。
先生宅のとっておきの食べ方だそうです。

c0149408_11112281.jpg

はい、お肉はこちら

c0149408_11113106.jpg

このお肉をしゃぶしゃぶとした後、たっぷりの大根おろし(大蒜入り)に
醤油又はポン酢を入れ、お肉で大根おろしをくるっと巻いて頂くというもの。
この日は6人分で大根を2本使いました。

お酒は、皆さんの持ち込みで・・・・
日本酒はほとんど飲まないので、価値がわかりませんが
ちょっと高級で、手に入りにくいものなのだそう。

c0149408_11120113.jpg

c0149408_11120626.jpg

この他に、先生宅のおかずキッシュも作って下さってました。

c0149408_11113618.jpg

〆は、やっぱり女性らしく甘いもので・・・
これまた先生作の「オペラ」というケーキ。
作るのに、3時間もかかるんですって。
c0149408_11115635.jpg

11時から始まってお開きになったのは4時でした。
こんなに美味しいお料理に、珍しいお酒があるというのに
私は、お肉も半分しか食べられず、お酒はお猪口にちょこっとだけ
だなんて、何とも残念としかいいようがありませんでした。
でも、「オペラ」だけはしっかりと頂きましたよ。

私は、今回体調のせいもあって、お酒は持って行きませんでしたけど
我が家の無農薬レモンで作った「檸檬カード」をお土産に
持って帰って頂きました。

c0149408_22312836.jpg

食べることが大好きな仲間との楽しい時間が持てたことは
幸せなことですね。
これも、先生のお陰・・・感謝です。



[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-24 15:20 | 料理教室 | Comments(16)
イタリア旅行記 その3オルヴィエートを更新しました。
お時間のある方、是非ご覧になってくださいね。


年の初めに体調を崩してからというもの、寒いと言うこともあって
買い物以外は極力外出しないようにしてきました。
普段はもっと時間が欲しい、欲しいと思いながら動いているのに
いざ、ゆっくり家にいるとなると、今度は時間を持て余してしまいます。

おはなし会用の本をじっくり選んだり、読んだり・・・
お話を覚えたり、英語の勉強したり・・・と色々やることはあるのですが
そればかり何日も続くと、何か違うことがしたくなるんですよね。

そんな時の気分転換にするのが、お菓子作り。
今回は、無農薬のレモンがまだ残っていたので、
「ウイークエンドシトロン」を作ることにしました。
ケーキの名前の由来は、こちらを見て下さいね。このケーキ、家族みんなが好きなので、あっという間に食べちゃいました。
前回の時と今回の時のケーキが全然みかけが違いますね(笑)
まあ、その辺は気にしないでおいて下さいませ。

c0149408_14535756.jpg

今回、グラスオシトロンはたっぷりとかけたものの
またしても、ピスタチオは無し。

そして、寒い雪の散らついた日に作ったのは、「キッシュ」
熱々をほおばれば、寒いのもなんのその・・・とはいきませんが
寒い日に温かいものを食べれば、体が温まりますよね。

c0149408_09013570.jpg

この日は、ミネストローネも作っていたのに、
何故か、食べるのをすっかり忘れてしまって・・・・
片付ける時に、「うん?このお鍋は?」と見たら
手付かずのスープが・・・トホホホ

自分で作りながら、食べる時に忘れてしまう・・・
怖いですねぇ~


[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-18 15:14 | お料理&お菓子他 | Comments(6)
ローマに着いて3日目。この日も市内見物はしないまま・・・・
ローマの北120キロの所にあるオルヴィエートと
その近くにあるチヴィタ・バニョ・レッジョという2つの街へ行きました。
ローマから電車で1時間ちょっとでオルヴィエートの駅へ。
街は丘の上にあるので、赤いケーブルカーに乗ったあとバスでドゥオーモ広場まで行きました。

c0149408_11312665.jpg

オルヴィエートの街は、日本ではあまり知られてないそうですが
ヨーロッパでは「世界一美しい丘上都市」として知られているそうです。
街はブドウ畑とオリーブ園の緑があふれ、
自然の凝灰岩の城壁で囲まれていました。
かつて、教皇の隠れ家として栄えた町並みはとても美しく中世の面影が
そこかしこに残っています。

早く着きすぎて、観光案内所もドゥオーモも開いていません。
どうしようかなと思っていると、同じように早く着きすぎた
日本人の青年が・・・一緒に近くの朝市を観に行くことにしました。

c0149408_11313619.jpg

c0149408_11313559.jpg

このチーズ屋さんで試食したチーズが美味しくて
ついつい買ってしまいました。

c0149408_11313571.jpg

10時になり、やっとドゥオーモが開きました。
まずは正面からの写真です。

c0149408_10180943.jpg

c0149408_10113370.jpg

このドゥオーモは、13世紀の終わりに着手され、やく3世紀かかって
16世紀に完成。その間に延べ33人の建築家、152人の彫刻家
68人の画家、90人のモザイク師の手が加えられたと言われています。

こちらが横から見たところ

c0149408_10113164.jpg

こちらは白と黒の美しい縞模様になっていました。
内部の柱もこの白と黒の縞模様になっているんですよ。

さて、もう一度正面に戻ります。
正面ファザードは浅浮き彫りの装飾が施され、4本の大きな柱と
3枚のブロンズの扉から成っています。
その柱の1本には、アダムとイブの話の部分もありました。

c0149408_10345788.jpg

また、最初の正面の写真をもう一度よく1度見ていただくと
お分かりになると思いますが、あちこちに金が使われていました。
とにかく、どれだけ見ていても、見飽きないほど美しいファザードでした。
内部は撮影禁止なので、残念ながら写真はありません。

この後は、街を360度見渡せるという「モーロの塔」へ。

c0149408_11315674.jpg

オルヴィエートの街は、古代ローマ以前エトルリア時代から・・・
というと、紀元前700年ごろ、今から2700年以上昔から
あったと言われている街。
1200年の終わりごろは、経済的に最も栄えていた時期で
モーロの塔は、コムーネ宮殿・ポポロ宮・ドゥオーモと並び
街の繁栄の象徴だったそうです。
当時は西のティレニア海まで見渡せたそうです。

47メートルある塔に登るのは階段のみ・・・
ひたすら上ります。


c0149408_11315775.jpg

上に着き目に入ってきたのは、ごらんのような景色
下に朝市がやっているのが見えますね。

c0149408_10113276.jpg

奥のほうに見えるひときわ大きいのがドゥオーモです。

c0149408_10113391.jpg

塔を降りて、しばらくしてから、てっぺんのベンチに
忘れ物をしたことに気がつきました。
というわけで、長い階段、夫は2往復もするはめに・・・

その後は、イタリアに来た目的のひとつである場所
チヴィタ・ディ・バニョレッジョへ・・・・


[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-18 11:22 | 海外旅行イタリア | Comments(4)

はじまりの日

お話会の先輩が、とてもよい絵本を紹介してくれました。
それは、「はじまりの日 Forever young」

c0149408_09014050.jpg

ボブ・ディランと言えば、「Blowin In The Wind」しか知らなかったけど、
この絵本は彼が、自分の子どものことを思って作った曲
「Forever young」を元に作られています。
「Forever young」は今まで正式な日本語歌詞がなかったのですが
絵本では、アーサー・ビナードというアメリカ人でありながら
日本語で詩作をする人が日本語訳をしています。
「Forever young」を「永遠に若く」ではなく「はじまりの日」と
訳したところが、素晴らしいなあと思うのでした。

この本を読んだとき、言葉の1つ1つが心に残り
絵の1つ1つが私に沢山のメッセージをくれました。
是非、大人にも読んでもらいたいなと思う絵本です。


May God bless and keep you always
きみが 手をのばせば
May your wishes all come true
しあわせに とどきますように
May you always do for others
まわりの 人びとと
And let others do for you
たすけあって いけますように

May you build a ladder to the stars
星空へのぼる
And climb on every rung
はしごを 見つけますように
May you stay forever young
毎日が きみの はじまりの日

Forever young, forever young
きょうも あしたも
May you stay forever young
あたらしい きみの はじまりの日

May you grow up to be righteous
やくそくを まもって
May you grow up to be true
うそをきらいますように
May you always know the truth
このひろい 世界が
And see the lights surrounding you
きみの目に 光りますように

May you always be courageous
背を まっすぐのばして
Stand upright and be strong
いつでも 勇気がもてますように
May you stay forever young
毎日が きみの はじまりの日

Forever young, forever young
きょうも あしたも
May you stay forever young
あたらしい きみの はじまりの日

May your hands always be busy
きみの手が ずっと はたらきつづけますように
May your feet always be swift
きみの足が とおくまで 走っていけますように
May you have a strong foundation
流されることなく 
When the winds of changes shift
流れを つくりますように

May your heart always be joyful
きみの 心のうたが
May your song always be sung
みんなに ひびきますように
May you stay forever young
毎日が きみの はじまりの日

Forever young, forever young
きょうも あしたも
May you stay forever young
あたらしい きみの はじまりの日





[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-13 09:13 | 子どもと本とお話 | Comments(8)

レモンカード

昨年収穫した我が家のレモンがまだ残っていました。
前回は「塩レモン」とやらを作ったのですが、
何だか上手く使いこなせないうちに、色が変わって不味そうに・・・

なので、今年は、「レモンカード」を作ってみることにしました。
むか~し、むかしに1度作った記憶があるなあと思いつつ
作り始めましたよ。

まずは、レモンリンドを作ります。

c0149408_22231947.jpg

後は、湯せんにかけながら、レモン汁、お砂糖、バターを入れて混ぜ
次に卵を溶いて入れ、かき混ぜます。
とろみがついてくれば出来上がりと超簡単!!!

c0149408_22312836.jpg

パンやスコーンに塗って食べてもいいし、
レモンタルトにしてもいいし、爽やかな酸味がとにかく美味しい!

が・・・・病み上がりに、立ち仕事はきつかった(涙)

[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-10 22:35 | お料理&お菓子他 | Comments(12)

参った、参った・・・

三が日が過ぎ、4日に初新年会。
友達4人で近所のレストランへ・・・・
ブイヤベースを食べながら、ワインを飲み
といっても、グラスに1杯ですよ~

c0149408_19461801.jpg

メインに+380円でソフトドリンク1杯とパンが食べ放題になるんですが、
後でカラオケに行くし、そこでドリンク頼まなきゃならないし・・・
こういう時、主婦になってしまうんですよね~
+380円せずに、下のお店(ここは1階がパン屋さん)で
好きなパンを買ったほうが安いということで
みんなでパンを買い、シェアしました。

c0149408_19463226.jpg

食べて、お喋りして、ちょっと飲んで楽しかったな。
その後は、近くのカラオケへ。
4人だし、3時間にしようと申し込んだら
3時間のお金より、無制限で3時間居たほうが安いという。
なので、無制限で頼んでしまいました~

ワンドリンク頼まないといけないので、
みんな1杯目はソフトドリンク、2杯目にアルコールを頼みました。

新しい歌はほとんど知らないので、懐かしい歌ばかり・・・・
メンバーが違うと、いつもと違う歌が出てきたりして面白いです。

新年会ということで、1人500円の予算でお年玉を用意し、交換もしました。
私は、美しくなるようにと美顔マスクが当たりました。

c0149408_19470057.jpg

5時に集まって家に帰ったのは11時でした。

が・・・・そこからがいけませんでした。
お風呂に入って、みかんを食べてから寝たんだけど
夜中に気持ち悪くなって・・・・もどしてしまいました。
それから、もう気持ち悪くて何も食べられません。
2日経っても治らないから、病院へ行き、薬を貰ってきました。
微熱もあったので、多分ウイルス性の胃腸炎じゃないかということでした。
その時はお腹には来てなかったんだけど・・・・・
翌日の夜中から今度はお腹に来てしまい・・・・

そんなこんなで5日から9日までまともに食べていません。
お腹が空かないんですよね。
それに、食べたら、お腹に来る!!と思ったら嫌だなと思ってしまって、
5日間、まともに食べてないので、4キロ近く体重が減ってしまい、
体がフラフラ。

いつも体重減らしたい、減らしたいと運動してるけど
いざ、こんな風に減ると、体に良くないよなと思ってしまいます。

今夜は、ちょっと食欲が出て、夕飯は少し食べることが出来ました。

あ~しかし、参ったなあ・・・・

[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-09 19:55 | 日常のこと | Comments(12)

新年を迎えて・・・

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

c0149408_09332025.jpg

我が家は、田舎の家で静かな新年を迎えています。
が、今年は、どこを見てもピーターがいないのが淋しいです。

元旦の朝は、夫と二人だけの食卓
今年は、一人ずつお重に詰めてみました。

c0149408_09333628.jpg

夜は、息子たちも帰ってきて家族四人で、
てっちり鍋を囲みました。

c0149408_22420604.jpg

てっさは、長男が引いてくれました。

c0149408_22422096.jpg

さて、今年は、どんな年になるでしょう?
自分なりの目標は立てていますが、
実現できるかなあ・・・

とにかく、健康でないと何も出来ませんから
健康に留意して頑張りたいと思います。

イタリア旅行も更新してますので
そちらも見て下さると嬉しいです。

[PR]
by tawrajyennu | 2017-01-01 23:04 | ご挨拶 | Comments(24)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu