「ほっ」と。キャンペーン

タグ:国際交流 ( 2 ) タグの人気記事

ちらし寿司

c0149408_16125273.jpg一ヶ月ほど前、日本語の生徒さんであるインドネシアの方2人に日本料理を教えてほしいと頼まれていました。
私の生徒さんももう一人の方もご主人は奈良先端科学技術大學院大學の学生さん。 一家揃って来日して、日本で子育てをしています。今のうちに日本料理をたくさん覚えて国に帰った時に、家族や友人たちにご馳走したいのだとか・・・
←奈良先端科学技術大學院大學

彼女たちのリクエストは、『ちらし寿司』
それに合うように、ほうれん草のおひたしとかき玉汁を作ることにしました。
材料は自分たちで買いに行くと言うので、レシピをメールで送っておきました。
当日の時間の都合でお寿司に入れるかんぴょう・干ししいたけ・高野豆腐は
私が用意して、下ごしらえをしておきました。
一緒に買い物に行こうかと言ったのですが、自分たちだけで買い物に行くのも勉強・・・・
分からなければ、スーパーの人に聞くといくので任せる事に!

彼女たちは、イスラム教徒です。
なので、アルコール類は一切駄目!そして海鮮ものはOKですが
肉類はお祈りをしてないと食べられません。
なので、ちらし寿司の具を煮るのに、みりんは使えないなと思っていました。
ところが買い物に行った彼女たちから電話が・・・・・
『お酢にはアルコールが入っています。使えません、如何したらいいですか?』という内容。
まさか、お酢にアルコールが入っているなんて考えてもみませんでしたのでびっくり!
とにかく、代わりを考えるから買わないようにと言いました。
さぁ~お酢が使えないのだったらどうしよう?
頭の中がぐるぐると回ります。すし酢を作るときに火にかけてアルコール分を飛ばすから
それで大丈夫なんじゃないか・・・・いやいやきっと駄目だわ。
と、目の前にポッカレモンの壜が・・・・・これだ!レモンでいこう!!
というわけで無事に解決しました。

彼女たちの学生宿舎に行くと、ほかに他大学の留学生3人もいました。
さっそく5人にいろいろと説明しながら作り始めました。
話を聞いていると、ごぼうや高野豆腐、かんぴょうは初めて見るし、食べるとのこと。
みんなどんな風に仕上がるのか、どんな味になるのか興味津々でした。
慣れない手つきで料理すること3時間、ちらし寿司とおひたし、かきたま汁が無事完成!!
あっ、かきたま汁の写真だけ撮り忘れました。

c0149408_16202953.jpg
初めてのお寿司の味にみんな『美味しい!美味しい!』と言って、食べてくれました。特に留学生の子たちは、久しぶりにまともな食事だ~と言って、2杯も3杯もおかわりしてくれて教えた私はすっかり感激!!教えてあげた甲斐があるというもの。寿司桶の中は空っぽ!ご主人が研究室から戻ってきても何も無い状態になってしまいました。


デザートは、私が焼いた抹茶シフォンケーキ。
生クリームをたっぷり添えて紅茶で・・・・・・・

c0149408_1623514.jpg


ご主人にはこのケーキだけは取っておいたようです。
(ご主人、迎えにでてくれて私がケーキを持ってきたの、知っていたんですよね~)

次回またやりましょうねと約束しました。
お礼は代わりにインドネシア料理を教えてもらうことに!
とっても楽しみです。
[PR]
by tawrajyennu | 2008-06-08 16:26 | お料理&お菓子他 | Comments(4)

プチ国際交流

私が今のところに越してきて23年・・・・
そのとき一番にお友達になったのが在日韓国人一家でした。
お互いの子どもたちがどっちが我が家?というくらい行ったり来たりしていました。
そのうち、高校・大学と進むうちに、それぞれの友達が出来たりして、
いつしか、疎遠になって・・・・・・

それがひょんなことから、私の日本語の生徒さんの息子さんの
小学校の担任の先生がその仲良しだった子だということがわかり、
またお母さんが〇駒国際交流会の事務局をやってることもあって
一度、自宅で韓国料理を作って食べながらみんなで交流しようということになりました。
集まったのは、インドネシア・チェコ・ロシア・韓国・日本です。
ご主人の留学に一緒に家族揃って来日してる人、日本人と結婚して住んでいる人、
在日でもう日本に20年ほど住んでいる人など様々な環境の人たちが集まりました。
みんなの共通の言語は日本語。
チェコとロシアの方が話しているので何語で話しているのかと思ったら日本語なのです。
私は私たち日本人と話す時以外は英語かなと思っていたので意外でした。

小さな子どもさんを連れた方が多かったので、お料理は主に私と韓国の友達とで作りました。
作ったのは ↓
c0149408_1992843.jpg

左はじゃが芋・人参・玉葱・ズッキーニの入ったチヂミ
真ん中はにらと人参のチヂミ、右は味の付いた野菜と春雨を和えたチャプチェ
このほかに味噌チゲやナムルも作りました。

インドネシアの生徒さんが作ってくれたのは、↓
c0149408_19101863.jpg

これは、「マルパバ」というお料理で、インドネシアではよく屋台で売られているものだとか・・・
春巻きの皮を利用して、中に鶏ミンチと玉葱・にんにく・卵・青ねぎの
炒めたものが入っています。
パリっと焼きたてが美味しかったです。
このほかにこの季節ならではの筍ご飯のお握りもありました。

デザートはモカケーキ、これは私が焼きました。
c0149408_19115227.jpg

食事をしながらいろいろな話をし、とても楽しい1日でした。
インドネシアの方からは、今度日本料理を教えて欲しいというリクエストを頂いちゃました。
代わりにもっとインドネシアの料理を教えてもらおうかな・・・・
いろいろと生活するのに苦労はあったと思うのですが、みんな積極的に
日本の生活に溶け込もうとしているのが印象的でした。
普段、日本語の教室で外国の方と会う機会は多いのですが、
自分の生徒さん以外と話をすることがないので、いろいろな国の方と話ができて良かったです。
また、やろうねと約束しました。
[PR]
by tawrajyennu | 2008-05-02 19:19 | その他 | Comments(6)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu