「ほっ」と。キャンペーン
1日目・・・なんとか持ったお天気も昨夜から雨に変わり、朝起きたらまだ降っていました。
今回のホテルは朝食無し・・・したがって何か食べに行かなくては!!

行く前にネットで調べた湯包・・・日本で言う肉まんのお店「興隆居」へ。
行ってみると朝から行列。圧倒されてみているとおじさんが話しかけてきて
「湯包だけなら、左の列、その他も買うなら右の列だよ。」と教えてくれました。
まずは、湯包2個をテイクアウト用に箱に入れてもらいました。

c0149408_10531062.jpg

それから、すぐお隣の「果貿來來豆漿」というお店へ。
ここにも肉まんがあり、こちらはセルフで取るシステム。
肉まんを1つと油條という棒状の揚げパン、それに鹹豆漿という
大豆から作ったスープを頼みました。
このスープ、豆乳をお酢の力で固めてあって、
その中に小海老、ザーサイ、ラー油、葱などが入っていて
この中に揚げパンを入れて食べるんです。
これだけでもお腹がいっぱい!!

c0149408_10531729.jpg

湯包2個は食べ切れなかったので、いったんホテルに置きに帰りました。
しばし休憩の後、蒸し暑いし・・・
「そうだ!マンゴーカキ氷を食べに行こう!」と高雄婆婆氷へ。
大きめにカットしたマンゴーとマンゴーアイスが2つ載って、
100元、340円ほどでしょうかね。
我々には1つを2人で充分でした。

c0149408_10534743.jpg

カキ氷で体がす~っとしたところで、フェリーで
海鮮の美味しい店が集まっている島 旗津へ行きました。
5分ほどで到着。
どのお店に入ろうか迷うところですが、
私は海老の茹でたのが食べたかったのです。
で、ちょうどトラックでぴちぴちの海老を
運んできたばかりのお店があったので其処に決定!!
こんな風に色々な海鮮があって、どれが食べたいか選んで、
調理法方を言うと調理してくれます。

c0149408_22371786.jpg

c0149408_10544640.jpg

私たちが頼んだのはこれ ↓
写真左上が海老を蒸したもの、右上が空芯菜の炒め物
写真下が日本でいうクエという魚をスープにしたもの。
どれも新鮮で美味しかったです。
でも、こういうところでは、5~6人で来て、色々頼むのが良いですね。
これらのお料理と大瓶のビール2本頼んで2千円ほどでした。
何方か今度一緒に行きませんか?

c0149408_10534102.jpg

本当は自転車でも借りて島内を回りたかったのですが、雨強し!!
早々に島を退散、次の観光地・蓮池潭へ移動です。
ここは周囲1.7キロほどの池があり、その周囲に色々な建物があります。
こちらは孔子廟、建物の模様が美しいですよね。

c0149408_10540537.jpg

c0149408_10541439.jpg

次は北を司る神様である「北極玄帝」
とても大きくて驚きました。

c0149408_10543793.jpg

そして、こちらが龍虎塔。
龍の口から入って、虎の口から出ると、災いが無くなり、福が来ると言われています。

c0149408_10544368.jpg

この後はホテルの近くにある、三鳳宮というお寺へ。
近くまで行くとなにやらシンバルや太鼓を叩いている音が聞こえてきました。
船の形をしたものを持ちながら踊っている人や、何かを燃やしていたり・・・・
この辺りは港町なので、船の安全でも祈る行事なんでしょうかね~

c0149408_10545768.jpg

ホテルへ戻る途中、この裏手にある三鳳中街という乾物街へ寄り、
松の実やカシュウナッツ、ドライマンゴーなどを買いました。

c0149408_10551570.jpg

c0149408_10551031.jpg

3日目は台南へ移動です。

[PR]
by tawrajyennu | 2016-06-22 23:35 | 海外旅行台湾 高雄・台南・台北 | Comments(12)
義母の介護に老犬の介護とこの5年間は夫婦で旅行をすることがありませんでした。
そこで、今回5年ぶりに行ってきました。
行き先は台湾の高雄・台南そして台北です。
いつものように、自分たちで飛行機やホテルを予約しての全くのフリー旅行です。
天気予報を見ると、高雄・台南・台北とずっと雨の予報・・・・
どうやら6月から8月にかけては雨が多いようです。
どうりで航空券が安かったわけだ。

さて、関空発9:10発台北行きの飛行機で出発。
台北着は11:05でした。
空港で、まず高雄の地下鉄で使えるIpassというカードを買いました。
これがあれば、いちいち小銭を使って券売機で買う必要がないので、便利!!

その後、空港から台湾新幹線の最寄り駅である桃園駅へバスで移動。
指定席は売り切れでないとのことで、自由席で行くことになりました。
まあ、台北の次の駅なので、座れるだろうと考えていたら・・・甘かった。
なんと、ぎゅう詰め新幹線がやってきたのでした。

c0149408_16392544.jpg

えぇ~立ったまま高雄まで行かなくてはならないのか?と思ったのですが
幸い次の駅で私の目の前の座席が2つ空き、運よく座れたのでした。
1時間40分ほどで高鉄左営駅に到着。そこから地下鉄で台鉄高雄駅へ。
後で調べてみると、この日から台湾は端午節の祭日が4日続き、皆さん、故郷に帰ったり
旅行したりするみたい、なので、混んでたんですね。

ホテルにチェックインしてから、まずは腹ごしらえとばかりに、美味しいと評判の小龍包を食べに行きました。
お店の看板を見つけて、横丁に入ったら・・・・お店の軒先を借りてみたいな、とても店舗とは呼べないところでした。
「本当にここでいいのかな?」と思いながら、紹介されていたサイトの写真を見ると
確かにここのおじちゃんが写ってたので間違いないみたい。
中国語しか通じないので、指差しジェスチャーで注文しました。
10分もすると蒸したての小龍包が出てきましたよ。
タレをつけ、しょうがの千切りとともにれんげに載せて、まずはスープをすする。
それからぱくっと食べる・・・・う~む、皮が薄くてもちもちしてて中の肉餡も美味しい!!


c0149408_16430648.jpg

こういうお店を探して歩く時、今回はタブレットがとても役に立ちました。
GPSが付いていて、現在地から目的地までの道のりが案内されるんですよ。

さて、お腹が少し満たされたところで、街歩きに行きましょう。
高雄には愛河という河が流れています。
そこに行って見ると、なにやらボートレースが行われていた模様・・・
そうだ、今はDragon Boat Festivalだったんだ。
中学生や高校生、大人のチームが競い合っていたようです。 見たかったなあ・・・


c0149408_16431775.jpg

c0149408_16432856.jpg

河に沿って、色々な露店が沢山出ていて、賑わっていました。日本と同じですね。

c0149408_16432473.jpg

この後、近くの前金天主堂へ。 1860年に誕生した台湾最古のカトリック教会。
現在の建物は、1929年に建造されたもので、創建当時はレンガで作られていたと言う。
この日は結婚式が行われていたので、生憎中を見学出来ませんでした。残念!

c0149408_16433403.jpg

そろそろ夕飯の時刻、本日は高雄で牛肉麺ならここと言われる「港園牛肉麺」へ。
夕飯時ということもあって、とても混雑していましたが、何とか座れ、無事注文出来ました。

c0149408_16444244.jpg

汁ありと汁なしを頼んでみました。どちらも牛肉が沢山のっていて、とっても柔らか。
汁なし麺のほうがちょっと味が濃いかな。

お腹も満たされたところで、次は英国領事館邸へ。
歩こうか、バスに乗ろうかと考え、バスで行くことに。
止まっていたバスの運転手さんに英国領事館邸へ行きたいと伝えると向こうに止まっているバスだという。
そちらに行って乗ろうかどうしようかと迷っていると、先ほどの運転手さんがやって来て
「この人たち、英国領事館邸へ行きたいそうだから、そのバス停でおろしてあげて」(中国語なので想像ね)と
言ってくれたみたいで、乗れとジェスチャー。
乗客は私たち2人だけ・・・貸切バス状態。
で、無事にたどり着きました、英国領事館邸。
夜なのでよくわかりませんが、赤レンガの美しい建物でした。
ここから眺める高雄湾の夕日がきれいとのことでしたが、一歩遅く見られず、残念!
ここは外国人でもシニア割引があり、夫は半額以下でした。

c0149408_16450121.jpg

c0149408_16450683.jpg

帰りは、バスに乗らずぶらぶらと最寄の地下鉄の駅まで歩きました。
六合夜市を覗く予定だったので、途中駅の美麗島駅で下車。
ここはアメリカのトラベルサイトで2012年世界で最も美しい駅第2位に選ばれた駅。
ステンドグラスの美しい駅です。

c0149408_16452716.jpg

c0149408_16453696.jpg

六合夜市はこの駅から歩いてすぐのところ。
今回は眺めるだけ・・・でも、台北の夜市と違ってここは港町だけあって
海鮮の屋台が目立ちました。

c0149408_16454467.jpg

こうして、初めての高雄の1日が終わりました。

[PR]
by tawrajyennu | 2016-06-19 23:09 | 海外旅行台湾 高雄・台南・台北 | Comments(12)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu