素敵なお話会2つ

10月は素敵なお話会が2つありました。
まずは、『アンディ・スパンディおはなし会』

c0149408_18170741.jpg

これは、お話会の大先輩が主催しているアトリエgaragaradonでの
夜のお話会に集まっているメンバーで、その大先輩の語る
ファージョンの 『ヒナギク野のマーテイン・ピピン』という本の中の
『エルシー・ピドック夢で縄跳びをする』というお話を
聴こうということから始まったお話会。
このお話、40分もある大作なんですよ。
場所はどうせなら素敵な場所で聴こうということで
アトリエの近くにある『志賀直哉旧居』をお借りしました。

c0149408_18164999.jpg

私たちの所属するお話会以外のお話会からもたくさんの人が
聴きに来て下さり、嬉しい限りですね。


c0149408_18025986.jpg

詩の朗読から始まり、同じ本の中の『パンとゆり』という
お話もありました。

その後は、気分を変えてリコーダーを習っている方が
お話会のメンバーにいたので、その演奏もありました。

そして、最後にメインのお話『エルシー・ピドック夢で縄跳びをする』を
聴きました。
どんなお話かというと・・・・
  
小さな女の子エルシーピドックは生まれながらの縄跳びの名人、
ある日その評判を聞いた妖精たちが、三日月の夜ケーバーン山に
エルシーを招き、妖精の師匠から縄跳びの秘術を習い、
誰にも負けない名手になった。
その師匠の名前はアンディ・スパンディ
長い時が経ったある日村を襲う危機に
おばあさんになったエルシーが立ち向かう


というお話で、イギリスの縄跳び歌が元になっているとか。
その歌は 『アンディ・スパンディ~さとうのキャンディ♪
アマンド入りあめんぼう、おまえのおっかさんの
作ってる晩御飯はパンとバターのそれっきり』というもの。
縄跳びの飛び方も、想像も出来ないような飛び方が
あったりしてとても面白いです。
さて、どうやって縄跳びで村を救ったんでしょうね~
興味のある方は本をどうぞ!

素敵なお話を聴いたあとは、お月様の出る時間までちょっと休憩。
この日は満月、お天気では午後から曇り、
そして夜は雨という予報だったのですが、
どうしても近くの飛火野から満月のお月様が
昇る様を見たくて時間をつぶしてました。

そうしたら、そうしたらなんと美しくまん丸なお月様が
飛火野の山の向こうから上がって来てくれたのです。
綺麗でしょう?本当にまん丸おつきさんでした。
暗い中を飛火野を歩いていると、なにやら動く影が・・・
なんとそれは草を食べていた鹿さんの群れでした。
こうして、お月さんを愛で、夕ご飯を食べて自宅最寄り駅まで来たら
雨が降っているじゃありませんか!!
さっきまで輝いていたお月さんは、雲の中に隠れてしまいました。
私たちが飛火野にいる間だけ、輝いていてくれたなんて・・・・
奇跡みたいでした。


c0149408_18030554.jpg

さて、2つ目のお話会は、毎年恒例の『大人のためのおはなし会』です。
春のお話会に出なかった私は、1年ぶりにまた語ることに!
今回のプログラムは・・・・
午前の部
 1.小さいゆきむすめとキツネ 『子どもに語るロシアの昔話』    
 2.ノックグラフトンの話   『イギリスとアイルランドの昔話』     
 3.ねずみ浄土        『子どもに語る日本の昔話3』   
 4.お月さまの話       『おはなしのろうそく 25』   
 5.貧乏の神         『新しい日本の語り4 藤田浩子の語り』
 6.アリョーヌシカとイワーヌシカ 『まほうの馬』
 7.小石投げの名人タオカム  『子どもに語るアジアの昔話2』
 8.炎の馬          『日本の昔話5 ねずみのもちつき』
午後の部
 9.犬と猫とうろこ玉     『日本昔話百選』
10.かしこいグレーテル    『子どもに語るグリムの昔話2』
11.粟福米福         『子どもに語る日本の昔話2』
12.チム・ラビットとキツネ  『チム・ラビットのおともだち』
13.おしらさま        『鈴木サツ全昔話集』
14.一足の靴         『木曜日は遊びの日』
15.桃太郎          『子どもに語る日本の昔話3』
16.ワタの花と妖精      『子どもに聞かせる世界の民話』
17.七男太郎の嫁       『読んであげたいおはなし(上)
                    松谷みよ子の民話』

全部で17のお話が語られました。
私は前回と同じく最後から2番目(前回は3番目でした)


c0149408_15124865.jpg

またもや、朝からドキドキしてお昼も食べた気がしませんでした。
今回は日本の話に限らず、昔話がとても多かったです。
5番目と13番目の昔話は、土地言葉で語られていました。
東北弁でしょうか・・・
昔、囲炉裏端でおばあさんが語ったであろう雰囲気が出ていて、
とても良かったです。
来年は私たち所属のお話会が創立20周年を迎えます。
1年半かけて、所属している人たちの一番好きなお話を
語るおはなし会になるので、今から楽しみです。




[PR]
Commented by evecookymama at 2015-11-05 22:44
タワさん
次のお話会は是非お知らせを!
私は、母に本を読んで貰ったことがありません。
子供には、1人1冊ベッドで読んでやったものです。
お陰で、どの子たちも本が好きで、今も読んでいるようです。
面白いもので、個性と言うか、それぞれ読みたい本が違って楽しかったですよ。で、さっきも言ったように誰かに本を読んでもらいたい・・
Commented by marucox0326 at 2015-11-05 23:56
こんばんわ。

わ~素敵な催しですね。

大阪にいた娘時代には奈良にはよく行ったのに
最近はさっぱりです。滋賀直哉旧居のある高畑のあたり
もちろんこちらも含め、素敵なところが沢山ありますよね。

ファージョンの本は読んだことがありませんが
小さい子にも、興味を持ってもらえそうな内容ですね。
イギリス児童文学には、詳しくないのですが
優れた作品が沢山あるように思います。
大人になってから読んだA・フィリッパ・ピアスの
「トムは真夜中の庭で」はとても好きな作品です。

私も子供のころ、親に本を読んでもらった経験は
ありませんが、よく買ってくれてたので
バーネットの「秘密の花園」とか「少公女」など
それこそ村岡花子訳のは少女物は大好きで
殆ど読んでました。その後リンドグレーンの
「ピピ」シリーズや、ケストナーに移行していきましたが。

そして二つ目の会ではご自身も朗読されたのですネ。
最後の方が緊張しますよね。ご飯も喉が通らないって
わかる気がします^^それにしても沢山の演目・・・。
この中では「おしらさま」に目が止まりました。
井上ひさし(彼も東北出身ですから)も
この伝承を元に、小説書いてた記憶があるので。
Commented by ree at 2015-11-06 01:40 x
私がまだ幼児だった頃に、世界の童話集を祖母が買ってくれたんです。
全部で10巻だったか12巻だったか、今でも実家に保管されているんですよ。
こちらに持って来たのはその中の2巻のみ。
久し振りに出して読んでみようかな。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-06 08:54
★eveさん
おはようございます。

了解しました、次回は多分来年4月か5月になると思いますので、必ずご連絡しますね。

私も母には本を読んでもらったという記憶はありません。
その代わり、本をたくさん買ってもらいました。
おそらく、私たちの時代にしては家に本がたくさんあったほうじゃないかな・・・
お陰で本好きに育ちました。
上の息子が丁度小学校に入るかどうかの頃
丁度我が市に図書館が出来たのがきっかけで
子どもたちとよく図書館に行っては本を借り、寝る前に読んでましたね。
でも、同じようにしても、長男は読書嫌い、次男は読書好きに育ちました。
Commented by nishi-no-mori at 2015-11-06 22:56
タワラジェンヌさん、こんばんは!
志賀直哉旧居でイギリスの童話を聞くなんて贅沢なお話会ですね。うらやましいです。
40分もあるお話を覚えて語られるなんてすごいですね!(@@)
岩波書店の「ファージョン作品集全7巻」は持っているのですが第4巻と5巻のマーティン・ピピンの物語は読めてないのです。(^^;
でもこのエルシー・ドピックの話だけでも読みたくなりました。
ちなみに私のブログのタイトル「西ノ森*ダイアリー」は第3巻の
「ムギと王さま」に載っている「西ノ森」からつけました。
ファージョンの世界って何か惹かれます。
Commented by 小父さん at 2015-11-06 23:26 x
こんばんは

なんだか格調が高くって、敷居も高く感じます。
すばらしい秋を送られていますね。

私は先ほどまで歩こう会で明朝はなす文言をうーうー言いながら考えておりました。

ところでそれらのお話会には殿方はおられるのでしょうか?
なんとなく、ご婦人中心のようなイメージを受けます。

『志賀直哉旧居』って趣がありますね。
文化財として公が管理しているんですか?私人ですか?

お月さまは見事に撮られましたね。
これって望遠レンズじゃないとこのようには写らないでしょう。
デジ一も始められたのかな?

>来年は私たち所属のお話会が創立20周年を迎えます。

これは凄いです。
いやいや芸術のお裾分けをありがとうございました。
Commented by Neko★ at 2015-11-07 11:01 x
お月さん綺麗ですね~
大人のための・・・
最後から2番目では、私だったらず~とどきどきで
他のお話が頭にはいらないかも(笑)

呑気にずっと聞き手が希望です(*^0^*)V
それはダメ?
Commented by N-styel at 2015-11-07 14:00
充実された上質なお時間をお過ごしですね〜(*˘︶˘*).。.:*♡
ご活躍の場を上手に設けられていらして、素晴らしいです♡✺◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞✺
どのお話にもそれぞれの世界観が広がっていて、読み手の方の演出で、また大きく変貌するのでしょうね‼︎
知的な秋が深まりますね‼︎
Commented by pikorin77jp at 2015-11-08 10:08
大人のお話会、、、素敵ですね。
私も近くにこんな会があれば参加したいです。
読んでいただいて聞くのも 自分が読んで聞かせてあげるのも
どちらもいいですね!こんな素敵な場所で文学に親しむ、、、すごく素敵ですね。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 10:29
★marucoxさん
こんにちは♪

奈良にはよくいらしてたんですね。
京都と違ってちょっと寄り道しにくいかもしれません。
でも、この高畑のあたりや飛火野のあたり、そして奈良町など
素敵なところがたくさんありますよね。

私もファージョンはお話を始めるようになってから知りました。
児童文学といっても、大人が読んでも充分楽しめる作品が
たくさんありますね。
私も『トムは真夜中の庭で』は好きな作品です。

私もmarucoxさんと同じで、読んでもらった経験は
ありませんが、その代わり、両親が本好きだったので
色々な本をたくさん買ってもらいました。
ケストナーの『点子ちゃんとアントン』も好きでした。

どちらのお話会もですが、朗読ではなくお話を
暗記して語るという『ストーリーテリング』というものです。
なので、最初のお話会で40分ものお話を覚えて語るというのは
大変なことだと思います。
私はせいぜい15分くらいのお話が限度かな。

『おしらさま』の伝承を元に井上ひさしが
小説を書いているんですか?
何ていう小説だろう?
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 10:31
★reeさん
こんにちは♪

私たちが小さい頃は、そうした世界の童話集とか
少年少女文学全集とかって流行りましたね。
少年少女文学全集は全巻あったのですが、引越しなどで処分し、今は2冊くらいしかないと思います。
reeさんもお祖母さまに買って頂いた童話集、今もご実家にあるんですね。
どうぞ、大事になさって下さいね。
久しぶりに児童文学に浸るのも良いものですよ。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 10:47
★西ノ森さん
こんにちは!

このファージョンの『エルシー・ピドック夢で縄跳びをする』を
聴こうという話が出た時、すぐに志賀直哉旧居でしようと企画した人たちが思ったそうです。
ただ、貸切ではないので、普通の見学の人たちの話し声や
物音が聞こえてきてしまうのが難点でした。
でも、とても雰囲気のあるお話会になりましたよ。

西ノ森さんはファージョン作品全七巻持っていらっしゃるんですね。
恥ずかしながら、私はおはなし会に入ってファージョンの作品を読むようになりました。

そうそう、そうでしたね。確か西の森さんのブログにHNの由来が書いてありましたね。
これをきっかけに他のファージョンの作品もじっくり読んでみようと思います。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 10:53
★小父さん
こんにちは♪

いえいえ、そんな~格調高くなんてことないですよ。
でも、こんな素敵なところをお借りしておはなし会が開けたこと、良かったなと思います。

私たちのお話会には、2名の男性の方がいらっしゃいました。
女性がほとんどの会でとても貴重な2名の方たちでしたけど
健康上の理由でお辞めになり、とても残念でした。
奈良のほうの会でお1人いらっしゃると思いますが、男性の参加はほとんどないのが、残念です。

志賀直哉旧居は、奈良にある『奈良学園』という私立の学校の
持ち物になっていて管理運営されています。

お月様、見事でしょう?
これは、友達が撮った写真を使わせてもらっているのですが、
普通のコンデジで撮ったものです。

来年は20周年ということで、一人一人が
『私の一番好きなお話』というのを語る
お話会を3回に分けて開く予定です。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 10:55
★Neko★さん
こんにちは♪

この日は丁度満月でした。
ケーバーン山ならぬ飛火野でしたが、美しい満月に心奪われました。

はい、午前中はまだましだったのですが、
午後の部が始まってからは、他の人のお話が
耳に入ってきませんでした。

ほんと、ずっと聞き手でいるのが良いですよね。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 10:59
★Nao☆さん
こんにちは♪

はい、とても充実した時間を過ごすことが出来て
嬉しく思っています。
お話会で語る人は、半年くらいかけてお話を暗記して準備するんですよ。
読むのではなく、覚えて語るので最初のお話会での
40分のお話は、覚えるのも大変だったかと思います。
お話を聞いていると、そのお話の場面が頭の中に
ぱぁ~っと広がり、その世界に入り込めるのが
楽しいですね。
Commented by tawrajyennu at 2015-11-08 11:02
★ぴこさん
こんにちは♪

広島のほうにもこのような活動をされている方たちが
いらっしゃると思いますよ。
図書館などが近くにあれば、問い合わせてみては如何でしょう?

よく朗読と間違われるのですが、私たちのは
ストーリーテリングといって、お話を覚えて語るものなんです。
どちらにしても、耳から聴くわけで、自分の頭の中にお話の
場面を描くことで、お話の世界を楽しめますね。
Commented by イジ〜 at 2015-11-09 07:31 x
とても素敵な時間が流れたんですね。

お月様までがにっこり 顔を出されたなんて、、、偶然には思えません。

私も最近自分が興味を持つ人々との集まりに参加するようになりました。

知りもしない私を迎えてくださったことをありがたく思います。

タワラジェンヌさんはいろんなことをされ楽しまれていますよね。

私は思っても行動に出ないことが多かったので

まずは 行動、、、 自分の求めることには積極的に行くをモットーにし始めました。

Commented by tawrajyennu at 2015-11-09 14:48
★イジーさん
こんにちは♪

はい、とても素敵な時間を過ごすことができました。
そうでしょ? この時だけ、まん丸なお月様が
30分ほど顔を出してくれたんです。

私、案外引っ込み思案だったんですけど、
おはなし会と日本語を教える教室に参加することは
自分でも不思議なほど、積極的に入っていくことが
出来たんですよ。
やはり、自分が本当に好きなことには、ためらい無く
参加できるんだと思います。
人生半分の折り返し地点を過ぎた今、自分がやりたい、したいことをしていくことは
人生を豊かにしてくれそうな気がしませんか?
by tawrajyennu | 2015-11-08 15:27 | 子どもと本とお話 | Comments(18)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30