ドイツメルヘン街道を行く③ マールブルク

アルスフェストの次に訪れたのは、マールブルクの街
ここは、丘の斜面に民家が広がり、古い油絵を観ているような
風景が広がっています。
この街には、マールブルク大学があり、グリム兄弟は揃ってこの大学に通い、
2人が古い民話に目覚めたのもこの街だったのだとか・・・・

駅からバーンホフ通りを歩いて行くと、見えてくるのが
丘の麓にあるのが聖エリーザベト教会。
この教会は、ケルンの大聖堂のモデルになっているそうです。

c0149408_10123488.jpg

初期ゴシック建築の教会で、とても荘厳な雰囲気でした。
教会入り口の扉上には、地上の支配者であるキリストが地球を手にした
幼児を母親が抱く姿が描かれていて、「天国への入り口」と呼ばれています。

c0149408_10125915.jpg

この教会はその名の通り、聖エリーザベトを祭った教会です。
聖エリーザベトはハンガリーの王女として生まれ、14歳の若さで
ルートヴィッヒ4世と結婚するのですが、夫が戦死すると、城を追われ
マールブルクでフランシスコ会に入会、事前事業に力を注ぐも、
そのせいで、24歳で亡くなりました。
↓は、聖エリーザベト礼拝所で、現在は洗礼所として使われているところです。

c0149408_10124763.jpg

こちらは教会の本祭壇

c0149408_10125043.jpg

1240年ごろ作られた黄金の神殿で、聖エリーザベトの聖骨安置のために
作られましたが、教会の宗派替えの時に、聖骨は失われてしまいました。

c0149408_10125454.jpg

このマールブルクも木組みの家のとても美しい街

c0149408_10132241.jpg

c0149408_10131806.jpg

この街のもう1つの楽しみは、「グリムウォークラリー」
グリム兄弟やグリム童話にちなんだ場所やオブジェを巡るといいもの。
行く前にネットで色々なブログサイトを観ていて見つけました。
全部で16箇所あるのですが、私はほんの少ししか巡れませんでした。

c0149408_15385612.jpg

まずは、こちら。これは「オオカミと七匹の子ヤギ」にちなんだもの。

c0149408_10133093.jpg

こちらは「カエルの王さま」上のほうにあるので
気付かずに通りすぎてしまいそうでした。

c0149408_10133592.jpg

今度は、「勇敢なちびの仕立て屋」に登場するハエたちが
建物の壁に止まっています。

c0149408_10134190.jpg

ヘッセン方伯の城に行く途中の階段には、ヤコブ・グリムの名言が・・・
とは、いうものの、ドイツ語なのでちんぷんかんぷんです。

c0149408_10135512.jpg

そして、最後に「灰かぶり姫」・・・シンデレラですが
その靴。本当はガラスの靴ですよね?
でも、何故かピンクの靴でした。
(数年前の写真では赤い靴だったので、塗り替えるのかなー笑)

c0149408_10135259.jpg

残念だったのは、「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家と「白雪姫」の
七人の小人を見つけられなかったこと。
近くまで行っていたはずなのですが、どうしても見つかりませんでした。

シンデレラの靴の上のほうに写っているのが、ヘッセン方伯の城。

c0149408_10141608.jpg

高台にあるので、マールブルクの街が一望出来ます。
中は、博物館になっているようですが、今回は省略(笑)
シンデレラの靴の直ぐ隣のカフェで一休みしました。

c0149408_10142785.jpg

街を歩いていて、面白いなと思ったのがこちらのお店↓
ブラシ専門店のようですが、何につかうのかしらと思うような
ブラシがたくさんありましたよ。
日本の畳ほうきに似た形のものもありますね。

c0149408_10143708.jpg

c0149408_10143364.jpg

[PR]
Commented by ree at 2018-09-20 01:52 x
このブラシ専門店、面白そうですね~。

ガラスだと汚れやすいし壊れやすいからなんでしょうけど、せめてガラスの色、水色とかにして欲しいな、と個人的に思います。

ヨーロッパの歴史は面白いですよね~。
Commented by nobukoueda at 2018-09-20 13:55
私の知らない町ですが街並みは本当にドイツのどこでもあるような美しい街並みですね。でもだんだんこのような家々も少なくなってきているのでしょうか。
上の教会はカタチはまさにケルンの大聖堂ですが、外のデザインはドイツ風シンプルなモダンな形ですね。
町々のいろいろなところでグリム童話に出てくるオブジェをみつけるのはたのしいですし、どれも街の中に溶け込んでいて難しいかもしれませんね。
でもこのようなアートが生活の中に存在するのがとても生活を豊かにしてくれているようです。
あぁ~、またいきたいなぁ~
他のレポートが楽しみです。
Commented by Neko★ at 2018-09-20 16:58 x
グリム童話!
引っ越しした時、「本当は怖いグリム童話」
これは、1,000円で引き取ってくれました。
一番高かった♡
全部、売りにいった息子の懐に入りましたけど・・・

ええ~ピンクのガラスの靴ですか?
せめて、ブルー?(笑)
映画『エバー・アフター』ですね。
ドリュー・バリモアのシンデレラも、好きです~♪
Commented by saitamanikki2008 at 2018-09-20 19:03
こんばんわ。
ホ~ マールブルクの街は、面白そうですね。
マールブルクも木組みの家に、
やはり今の車両は、馬車でないと似合わないですね。
街中に物語のオブジェが点在して、探しながら見物するのもイイものですよね。
これは本当に面白い旅でしたね。
ブラリと行ける外国旅なら ? 訪れたい街です。
Commented by tawrajyennu at 2018-09-22 11:25
★reeさん
こんにちは♪

ねっ、ブラシ屋さん面白いですよね。
ドイツを旅している間、ここ以外の場所でも
見かけましたよ。

確かに、水色だとガラスのイメージになりますものね。
自分でスケジュール立てて旅行するようになって
歴史にも興味を持つようになりました。
Commented by tawrajyennu at 2018-09-22 11:31
★nobukoさん
こんにちは♪

そうですね~マールブルクなどグリムに興味のある人なら
行くかもですが、普通の観光とかでは行かないでしょうね。
こうした、美しい木組みの家々は、みんなで保存しているようですよ。

今回のオブジェだけでなく、あちこちの街の至るところに
色々なオブジェがあって、それを見るだけでも楽しかったですが
グリムに関するこちらのオブジェは特に興味がありました。
ドイツ、何回行っても興味つきない国です。
Commented by tawrajyennu at 2018-09-22 11:34
★Neko★さん
こんにちは♪

一時期流行真下ね「本当は怖いグリム童話」
今、私が語りで覚えている「いばらひめ」も
怖いですよ~
王子の母親は人食い鬼で、いばらひめも
その娘たちも食べようとするんです。
この話は、グリムでなくペローの童話集に
入っています。

アハハハ、他の人もせめて水色にって言ってました。
映画「エバーアフター」は見たことがありませんが
コメディ(?)なんですね。
Commented by tawrajyennu at 2018-09-22 11:47
★saitamanikkiさん
こんにちは♪

そうなんです、ここも木組みの家が沢山あって
美しい街並みが残っていました。
同じ木組みでも街によって違いがあって面白いなと思いました。

この街以外にも、オブジェが色々ある街がけっこうあって、
興味深かったです。
Commented by iris304 at 2018-09-30 07:29
こんにちは

外国には日本では見られない変わった物を販売しているお店がありますよね。
最後の黒い羽が付いた物などは
煙突掃除に使うのだと思いますが、、、

この街も木組みの美しい街ですよね。
ヨーロッパは春から初夏に訪れると
街中ら花で溢れ街路樹の緑も鬱蒼として美しく
何を見ても感動しますね。
Commented by tawrajyennu at 2018-10-02 16:42
★irisさん
こんにちは♪

先日TVで海外の街を紹介する番組を見ていたら
似たようなものを煙突掃除人が使っていて
「なるほど、これに使うのね」と納得していたところでした。

ドイツは、木組みの家のある街が多いですね。
でも、それぞれ街によって特徴があって、観ていて興味深いです。
花も上手に窓辺に飾ったり、花壇に植えられていたりと
上手に生活に花を取り入れていますよね。
日本だと、自分が楽しむために・・・という
感じが多いですが
ヨーロッパの街は、街全体を美しく、街行く人たちに、観て楽しんでもらうという感じがしました。
by tawrajyennu | 2018-09-19 11:29 | 海外旅行ドイツ② | Comments(10)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31