人気ブログランキング |

メルヘン街道を行く⑰ベルリン市内観光

前回の旅行記より、だいぶ日が経ってしまいましたが、お付き合い下さい。

ベルリン3日目、やっと市内を見て周りました。
まずは、アパートからすぐの6月17日通りを、博物館島のほうへ・・・・
大聖堂の建物です。
ベルリン最大の教会で、とても力強い建築だと思いました。
ドームの高さは、114メートルあり、階段で上ることが出来るそう。

c0149408_09275614.jpg

大聖堂のすぐそばにあるのが、旧博物館の建物です。
目の前が、広い広場になっていて、大勢の人々が寛いでいました。

c0149408_09281594.jpg

通りをそのままさらに進むと、市内ほとんどのところから見えるTV塔があります。
東ベルリン時代の1969年に建てられ、高さが368mあり、203mの所に
展望台があります。東ドイツの国力を誇示するために建てられたのだとか・・・

c0149408_11210778.jpg

そのすぐ近くにあるのが、聖マリーエン教会。
ベルリンといえば、森鴎外ですが、この教会は、彼の小説の
「舞姫」の舞台となったと言われているところ。

c0149408_09274694.jpg

この教会の向かいにあるのが、れんがの色から「赤の市庁舎」と呼ばれている
旧東ベルリン市庁舎

c0149408_09273916.jpg

広場には、ネプチューンの噴水が・・・ありました。

c0149408_09273156.jpg

この後は、再び博物館島を渡り、今回どうしても行きたかった
ノイエ・ヴァッヘに。
ここは、19世紀、通りを挟んで向かい側にフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の
宮殿があり、衛兵の交代を眺めるの が趣味だった王のために建てられた
衛兵の詰め所でした。

c0149408_09280448.jpg

東ベルリン時代は、ここで衛兵の交代式が行われていたそう。
1993年からこの建物は、「戦争と暴力支配による犠牲者に捧げる記念碑」となり、
がらんとした内部には、たったひとつだけ、ケーテ・コルヴィッツが
1973年に製作した「ピエタ」が置かれています。
死んだ息子を抱く母の姿を表したもので、見る者の胸を打つ作品でした。

c0149408_09280921.jpg

そして、この後は、6月17日通りで行われている蚤の市へ行きました。
海外に行くと必ずといっていいほど、行くのが、朝市、スーパーマーケット
そして、この蚤の市です。
それに合わせて日程を組んだと言ってもいいかもしれません。

蚤の市、見るだけでもたのしいですよね。
ここは、蚤の市というよりも、骨董市という感じでした。
品物もきれいだし・・・

c0149408_09291335.jpg

c0149408_09285512.jpg

c0149408_09285826.jpg

c0149408_09290281.jpg

c0149408_09290922.jpg

下の写真、左側の人は、アンティークのカメラを売っていた人。
ちょっと息子が欲しそうなカメラがあったので、息子とラインでやり取りしながら
値段交渉しましたが、結局買いませんでした。
こんな時、ラインって便利ですね。

c0149408_09285091.jpg


Commented by saitamanikki2008 at 2019-05-29 17:50
こんにちは。
ドイツの建物イメージは、やはり一枚目や二枚目の写真にあるような厳かで堅牢のイメージがあります。
「蚤の市」これは面白そうな品物が揃ってますね。
ブラリ歩きも楽しめそうです。
若い頃ならどれも買いたくなるような品々が並んでます。
今は、私も断捨離の年代に入り、興味があっても買えません。
Commented by ree at 2019-05-30 01:00 x
素敵ですね~。
この夏休み、娘の親友がドイツ旅行するんですよ。
羨ましい限りです。
Commented by milletti_naoko at 2019-05-31 18:37
ドイツがまだ東西に分裂していた頃のベルリンの様子を、大学のドイツ語の授業中に、ドイツ人の先生からいろいろと詳しくうかがう機会があったので、興味深く拝見しました。舞姫の舞台、ベルリンだったんですね!

蚤の市、品数の豊富さにびっくりしました。これは見て歩くのが楽しそうですね。
Commented by tawrajyennu at 2019-06-01 14:32
★saitamanikkiさん
こんにちは♪

そうですね~ここ、ベルリンで見た建物は特にそんな感じを受けるかもしれません。

蚤の市は、見ているだけでも、楽しいですよね。
そうそう、我々は断捨離の年代ですものね。
とは言うものの、どうしても・・・なもの、買い求めてしまいます。
一つ買ったら一つ処分するとルールを決めないと
物は増えるだけですね(笑)
Commented by tawrajyennu at 2019-06-01 14:33
★reeさん
こんにちは♪

ヨーロッパは歴史が古いだけに、何を見ても見ごたえを感じますね。
ニコちゃんのお友達がドイツ旅行ですか?
若い時代に海外に行って色々見るのは、良いことですね。
Commented by tawrajyennu at 2019-06-01 14:40
★naokoさん
こんにちは♪

森鴎外は、陸軍軍医の時に、最新の医学を学ぶために、
ベルリンに留学していたそうです。
そして、帰国後に留学時代の経験を元に書いたのが、
この処女作である「舞姫」だとか。
主人公と踊り子が出会ったのが、この聖マリーエン教会の
前だったんですね。

蚤の市、今回も色々なところで、見ましたが
見るだけでも、楽しいですよね。
値段交渉するのも、その楽しみの一つかもしれません。
Commented by Neko★ at 2019-06-04 12:48 x
素敵です♡

ついでに2011年のウィーンも遊びに行ってきました~♪
ヨーロッパで、行っていらっしゃらないところって
どこですか?
Commented by tawrajyennu at 2019-06-04 15:48
★Neko★さん
こんにちは♪

2011年のウイーンの記事も読んで下さったのですか?
ヴィナーシュニッツェル、大きかったでしょう?
ヨーロッパで行ってないところですか?
スペイン・ポルトガル・ポーランド・ルーマニ・・・
あと、クロアチアとか、スロベニアとかも行ってないですし、北欧も行ってないですよ。
スイス・ドイツなど何回も行ってる国があります。
by tawrajyennu | 2019-05-29 10:19 | 海外旅行ドイツ② | Comments(8)

大阪の中心地から電車で30分もかからないところに住んでいますが、周りは何故か田んぼに畑・・・・『トカイナカ』都会に近い田舎に住むタワラジェンヌな私の日常を綴っています。


by tawrajyennu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31